QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

音響空間その1

今日はサントリーホールにてコンサート。「サントリー音楽財団 サマーフェスティバル 2008」の公演から、ジェラール・グリゼーの超大作、「音響空間」の全曲演奏会をきいて来ました。
サントリー音楽財団は素晴らしい活動をしていると思います。質の高い公演を、継続的に(これが重要!)行っています。みなさん、ビールはサントリーを飲みましょう。

今年はグリゼーの没後10周年だそうで、それに因んだ演奏会が2回あります。僕は両方行きます。


◇曲目
ジェラール・グリゼー(1946-98):音響空間(1974-85)
   プロローグ ― ヴィオラのための(1976)**
   ペリオド ― 7人の奏者のための(1974)**
   パルシエル ― 18人の奏者のための(1975)**
   モデュラシオン ― 33人の奏者のための(1978)**
   トランジトワール ― 大管弦楽のための(1981)**
   エピローグ ― 4つのホルン独奏者と大管弦楽のための(1985)

作品名あとの  *世界初演  **日本初演

◇出演
指揮=ピエール=アンドレ・ヴァラド
ヴィオラ=ミシェル・ルイリー
ホルン=丸山勉、村中美菜、和田博史、ジョナサン・ハミル
管弦楽=東京フィルハーモニー交響楽団


1曲目「プロローグ」は長大なビオラソロ。ほとんど30分近く弾き続けるのだから、これは大変です。さすがと思ったのは、弓を返す時の、音の切れ目が全くわからなかった事。そういうきき方する曲ではないんだろうけどねぇ。
その他思った点は、「トランジトワール」で、低音管楽器の持続音の上で、打楽器とコントラバスソロがズガガっと入ってくる部分が単純にカッコよかった。
あんまり書くと、アホを晒すようなので、このくらいで終わり。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/25(月) 23:59:59|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<エド山口&東京ベンチャーズ | ホーム | ジャズとかの事も書いてみる>>

コメント

音響空間という題でサントリーホールとあったから、ああ、ああそこのことかと思ったら違いました。その曲はもちろん(威張るようなことではないのですが)しりませんが、あのホールが出来たときは話題騒然でした。まさに音響空間

弓の返しですが、私も弓の間は良く聞いてしまいます。先日も先生に移弦でレガートに弾く方法をならってました。
パターン練習は簡単なのでやるのが良いらしいですよ。私の先生は、どうせなら開放弦でやれといいますが、つまらなさは開放弦が100パーセントです。音階だとマシで50パーセントになります。
  1. 2008/08/27(水) 05:21:09 |
  2. URL |
  3. くまあ #wLMIWoss
  4. [ 編集]

くまあさん

関東地方の主要なホールはほとんど行ってますが、サントリーホールの音響は最高だと思います。
さすがにホールが出来た時の事は覚えてませんが・・・。
もちろん、グリゼーの曲とホールには何の関係もありません。

弓の返しについては、やっぱりちゃんと練習しないと上手くなれないんでしょうね。
開放弦だと右手に集中できるので、ボーイングの練習にはいいと思います。
でも、返しで音が変わらないって、かなり難しい技術だと思いますよ。
  1. 2008/08/27(水) 21:37:17 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chehnm992.blog51.fc2.com/tb.php/76-84d04bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。