QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グレン・グールド

たまたま新聞で、こんな番組があるのを見つけたので録画しておいた。今日その第一・二話を見たので、これについて書いてみたいと思う。

グレン・グールド 鍵盤のエクスタシー


僕が初めてグールドをきいたのは高校生の頃だから、今からおよそ20年くらい前だろうか。曲はバッハ「ゴルトベルク変奏曲」の二度目の録音だった。他の演奏家がどう弾いているのか、これしか知らなかったので比較は出来なかったが、とにかく何度も繰り返しきき続けた。
詳しくは他に譲るが、グールドといえば数々の奇行癖が有名で、当時の僕は音楽趣味が屈折し出すちょうど始めの頃だったのだが、今思えば屈折の原因は彼にあるのでは、という気もする。大学入学後に心身ともに不良化した僕も、高校時代はそこそこ真面目だった。真面目な少年には、グールドのような“ちょっとした不良”に対しての憧れがあったのかもしれない。バッハやシェーンベルクを敬愛する点も、“純粋芸術志向”である点も、僕と一致する。同時期に、演奏しながら“歌う”という点で似たようなクセのあるジャズピアニストのキース・ジャレットもよくきいていた(ただし、キース・ジャレットは、多分、不良ではない)。
念のため、一応知らない方のために説明しておくが、演奏しながら“歌う”というと、いわゆる弾き語りとかを想像されるかもしれないが、この二人はそうではない。“歌”というよりはむしろ“うなり声”とか“あえぎ声”といった方がふさわしいくらいで、事実彼のレコードには「グールド自身の歌声など一部ノイズがございます。御了承下さい。」という注意書きがあるほどだ。

グールド本人は、彼の演奏と同じくらいに魅力的で、逸話に事欠かない。その逸話の中でも、最も神秘的な話を紹介しよう。グールドとバッハの「ゴルトベルク変奏曲」に関する話題だ。

「ゴルトベルク」は、主題であるアリアで始まり、その30の変奏が続いた後、最後にアリアがそのままの形で返ってきて終了する。音楽的にも数学的にも美しい構造の曲である。
若いグールドが初めてレコーディングしたのが、このバッハの「ゴルトベルク」であった。録音に対して異様なまでにこだわりを持ち、後にコンサートをドロップアウトまでした彼が、晩年最後に録音したのもまた、「ゴルトベルク」だったのだ。この男の人生とバッハの変奏曲の類似点は、果たして偶然なのだろうか。
現在、グールドが単なるピアニストとしてだけではなく、ある種の伝説となっているのも、この運命的な逸話があるからこそではないか。バッハの生まれ変わりといわれた彼の演奏をきいていると、なるほどバッハ本人もピアノを使えばこのように弾いたかもしれない、と思えてくる。


さて、この日記を書こうとしてwikiを調べたが、なんとこの逸話が誤りであるという!真面目な少年の空想は、20年の時を経て現実へと変奏されたのだ。コンサートは死んだ!、そして今、神も死んだ!

なんちゃってね。まあでも、彼の録音の価値は今も変わらない。と、多少強引にまとめてこの日記を終えよう。



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2008/05/24(土) 22:04:53|
  2. 作曲家・演奏家・楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<一人カラオケ12 | ホーム | 一人カラオケ 多分11>>

コメント

私の知らないことばっかり書いてある~e-263(だったらコメントしなくてイイよっ!って^^?)

youtubeの聴いてみたら・・・う~ん・・・紙一重感が漂っている・・・e-263
こうちゃん、高校生の頃からこんなの聴いてたんだ。
オ・マ・セ・さんv-219

あぁぁ・・・あまりにもバカっぽいコメントだわ。お許しを~。

この記事読んで思ったことは「こうちゃんって賢そうでかっこイイわ~e-267」ってことヨ^^
・・・これでイイかしらv-397
  1. 2008/05/25(日) 08:49:42 |
  2. URL |
  3. マリ #IwiPhfUQ
  4. [ 編集]

紙一重感!!
マリさんいい事言いますね!!
まさにその紙一重感がグールドの魅力なんですよ。
天才か気狂いのどちらかで、その中間ではない。
探せばもっと完全にイッちゃってる動画とかもあるはずです。

高校時代はクラシックならマーラー、リヒャルト・シュトラウス、ラフマニノフあたり、ジャズならマイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン、チック・コリアあたりをよくきいてました。
そういえば図書室で友達と、バルトークやストラヴィンスキーの前衛性についてとか、よく語ってましたねぇ。
アフォな高校生ですね。

>>こうちゃんって賢そうでかっこイイわ~
はい、それでいいです(笑)
なんてね。
賢かったら、こんな無駄に長い文章書きません。
知らない事でもガンガン書いちゃって下さい。
  1. 2008/05/25(日) 10:23:52 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

猫背なのは、老眼のせいでしょうかw

いい演奏しますね。
なんか、子供のような純粋さというか無邪気さを感じますんです。
ピアノと会話しているようにも見えます。

以前、ヴァイオリンの先生に【歌うように演奏しなさい】ってよく言われました。絶えず心で歌いながら弾きなさい、楽器の演奏は歌う事となんら変わりないのですと・・。

究極系が彼なのかなw
でも、彼は歌っているからこそ、あの演奏できるんでしょうね。


いいものを見させていただきました。
  1. 2008/05/25(日) 23:16:58 |
  2. URL |
  3. オニギリ ジョー #239ZmNdU
  4. [ 編集]

姿勢が悪いのはこの人の特徴です。
お行儀悪いですよね。
坂本龍一だか誰かが言うには、こういう弾き方をすると、タッチが繊細になり、微妙なニュアンスを表現出来るのだそうです。
その代り、大きな音が出せなくなる、と。

>>ピアノと会話しているようにも見えます。
そうなんですよ!
会話じゃあ、多くの人には聞こえないんです!
巨大なコンサートホールで、大音量で観客を圧倒出来ない、というのも、彼がコンサートをドロップアウトした理由の一つだという説もあります。
レコード録音に専念したのは、“会話”を多くの人に聞いてもらう最適な手段として選んだのかもしれませんね。
  1. 2008/05/26(月) 23:15:48 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

ゴルトベルク変奏曲ならCD持ってます、どこかに。(笑)
ブックレットに「声が聞こえるのは仕様」と何回も書いてあって笑った記憶があります。
動画見てたらもう一度聴きたくなりました。探してみますか。
  1. 2008/05/27(火) 00:49:01 |
  2. URL |
  3. どり #9L.cY0cg
  4. [ 編集]

おおっと、こんな所にもグールドファンが!
僕も今ではゴルトベルク変奏曲のCDは十何種類か持ってますけど、やっぱりこれが一番だと思います。
もしかしてどりさんもCD山のように持っていらっしゃるんでしょうか。
僕は山崩れが怖くて、最近では山奥のCDはきけなくなりました。
  1. 2008/05/27(火) 01:41:14 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

はじめまして!

お姿はお見かけしておりましたが、初めて書き込みさせて頂きます!

ナイスタイミングでグールドが!私もNHKの番組は観てますよ。いいですよね。

私もクラシックのCD山積みで新雪状態の部分もたくさんあります(笑)

cheさんは私と違って年季が入ってらっしゃるから、お話も説得力がありますね。私なんて、良かった!かステキです!しか言わないですから~

また、色々お話聞かせて下さいね。
  1. 2008/05/28(水) 00:01:05 |
  2. URL |
  3. くま #D1Iq.76s
  4. [ 編集]

おお、くまさんのおうちもCD山積み新雪状態ですか!
実は家もなんですよ。
知らずに同じCDを3回買った事もあります。
さすがに3回はへこみました。

ブログの内容ですが、長いわりに中身がないのが特徴です(笑)
これからよろしくお願いします。
  1. 2008/05/28(水) 21:56:35 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chehnm992.blog51.fc2.com/tb.php/47-f3066600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。