QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伝統との対峙~室内オーケストラの領域

今日は東京シンフォニエッタの演奏会に行って来た。バイオリニストになってから二度目のコンサートだ。ここ最近はコンサートに行く回数も随分少なくなった。以前は年30~40回くらいは行っていたのだが、バイクでのサーキット走行が多くなるにしたがって、自然とコンサート通いが少なくなってきた。サントリーホールと筑波サーキット、合計すると毎年同じくらいになる計算だ。3年前にモトクロスで骨折、昨年スピード違反で免停と、バイク熱が下がりかけていた所へ、立て続けに4人の友達が骨折・重傷。特にその内の一人は複雑骨折でいまだに車椅子生活、近いうちまた再入院の予定だ。一昨年は友達が片足切断、友達の友達2人(直接は知らない)が死亡、3年前は・・・。バイクは危ない。それに比べるとバイオリンは、いくら練習しても死なない所がいい。せいぜい腱鞘炎がいい所か。
おっと、話を元に戻そう。東京シンフォニエッタは超硬派な団体で、かなりの現代音楽マニアである俺でさえ、演奏会に行くのには気合が必要な程だ。逆に言えば、これだけ意欲的なプログラムを用意してくれる団体であるから、その活動を支持しないわけには行かない。
本日の曲目。

第22回定期公演
伝統との対峙~室内オーケストラの領域
(1)ジャン・ルイ・アゴベ Jean-Louis Agobet(1968-)
レチュード・デ・フォルス (1997)*日本初演
(2)ジャン・リュック・ダルベレイ Jean-Luc Darbellay(1946-)
メガリテ(2001)*日本初演
(3)ジェルジ・リゲティ Gyorgy Ligeti(1923-2006)
6つのバガテル(1953)
(4)ジョン・アダムス John Adams(1947-)
室内協奏曲(1992)*日本初演

4曲中3曲が日本初演である。なんとも男らしいプログラムだ。
バイオリニストとして参考になった部分は・・・ない、全くない。そもそもそんな事は考えてもいなかった。ちなみに前回行ったコンサートは古典派中心のプログラムで(ブラームス、メンデルスゾーン、ショスタコーヴィチ)、色々参考になった。ブログにアップしていなかったので、ついでに一部引用しておこう。

****************************************

演奏する側に回ると、今まで気にしなかった細かい事が気になってくる。楽器のニスの色や、どんな肩当を使っているのか、とか。今回特に気になったのは、1stバイオリンの人が肩当をしていなかった事と、ビオラの人の肩当がブリッジ型ではなく、エアクッション型という、平たくて大きな物だった事。機会があれば色々な肩当を試してみたい(もちろん楽器も含めて。だがその前に基本的な技術を身に付けなければ。)。

****************************************

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2008/02/23(土) 23:59:59|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<一人カラオケ6 | ホーム | なぞなぞ>>

コメント

ぬぅぅ。。。
人様のご趣味に口出しなどできませぬがぁ・・
気をつけてくださいませ。。
大怪我などしたら・・ヴァイオリンどころじゃぁありませんぜょ。ってか・・一生弾けなくなっちゃうかも・・むぅぅ・・気をつけてください。。

え~とぉ、肩当てによって、また、素材によってまで音色や響きが変わるようです。
ヴァイオリンの振動を直に感じたくて、付けないと言う人もいるようです。
  1. 2008/02/25(月) 08:59:12 |
  2. URL |
  3. オニギリ ジョー #239ZmNdU
  4. [ 編集]

バイクは、言う程危ない物ではないんですよ。
自分の限界はわかっていますので、サーキットでもあまり無理はしません。
ただし、自分がいくら気を付けていても、人にぶつけられる事は避けられませんが。
後ろから突っ込まれたり、前走者が転倒して轢き殺しそうになったり、そういう事は何度かありますね。
バイオリン弾いてて死にそうになった事はないです。

肩当なしでは弾けませんが、色々試してみたいですね。
今の肩当は、店員さんに勧められた物を何の疑いもなく買ったので、これしか知りません。
お店で肩当の試奏(?)させてもらえるんでしょうか。
今度聞いてみようかな。
  1. 2008/02/26(火) 00:01:27 |
  2. URL |
  3. chehnm992 #-
  4. [ 編集]

そっかぁ~。
自分が気をつけてても、被害事故もありますものね。
バイクは十数年前に、アメリカンにあこがれてスズキのイントルーダーってのに乗ってたことがあります。ゆ~ったりと走るのは好きでしたけど、仲間はスピード出すのが好きで・・みんな若かったのですね・・無茶ッ走りにゃぁついていけませんでしたけどw

最近、その頃の仲間がバイクを買いまして、もう一度走ろうって誘われています(゚Д゚)ノ
昔みたいに馬鹿な走りはしないでツーリングでも行こうってww

お金でも溜まれば・・バイクでも買って、バイオリンもってどこか山でも行ってみるのもいいかなぁなんて考えたりもしてます。
  1. 2008/02/26(火) 00:41:29 |
  2. URL |
  3. オニギリ ジョー #239ZmNdU
  4. [ 編集]

 友達災難続きですか@@
私はバイクで怪我したことなかったですけど、ラリーの写真撮ってたら真後ろで車がひっくり返って危うく巻き添えになりかけました。

 あ、肩当ネ弾きやすさとかもあるけど肩当によって音が変わるので色々使うみたいですね。
私のも肩当無しやとめっちゃ音が豊かになるんですがやっぱりつけた方が弾きやすいので肩当変えてみたいです。
  1. 2008/02/26(火) 19:50:47 |
  2. URL |
  3. のみや #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

>オニギリさん
オニギリさんもバイクに乗るんですね!
アメリカンはちょっとだけ乗せてもらった事ありますけど、僕には合わないかなぁと思いました。
僕はGSX-R1000とDR-Z400Sという二台のバイクを持っています。
両方ともオニギリさんと同じスズキです、奇遇ですね。
そういえば以前北海道で、バイオリン・フルート・ギターを持って旅するスーパーカブのライダーに合った事あります。
これだけでもかなりの荷物になりますよね。
大したものです。
  1. 2008/02/27(水) 20:55:23 |
  2. URL |
  3. chehnm992 #-
  4. [ 編集]

>のみやさん
WRC見に行ったんですか?
僕は一昨年、WRC直前に実際のコースを走りましたよ。
かなり細い林道で、とてもじゃないけどあんな所で全開にする勇気はないですね。
ヨーロッパだと、観客がめちゃくちゃ近くまで寄ってますよね。
あれも危ないですよ。

肩当なしだと音が良い悪い以前に弾けなくなるので、しばらくは厳しいかな。
でも色々試せたら面白いでしょうね。
音はどう変わるんだろう?
気になります。
  1. 2008/02/27(水) 21:05:28 |
  2. URL |
  3. chehnm992 #-
  4. [ 編集]

正確にいいますとぉ・・乗っていた・・ですw
もぅ、売ってしまったのです。
維持費が、それなりにかかりますのでね。
余裕が出てきて奥方のYesでもでれば、もぅ一度乗りたいですねぇ♪
スーパーカブで!!??
かなりCoolな方ですねぇ!
イカしてますww
  1. 2008/02/27(水) 23:41:30 |
  2. URL |
  3. オニギリ ジョー #239ZmNdU
  4. [ 編集]

いやいや 昔の事なので 全日本ラリー選手権です。 そのころ日本でWRCが開催されるなんて夢でしたから。。。

 
  1. 2008/02/28(木) 17:44:20 |
  2. URL |
  3. のみや #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

>オニギリさん
ではリターンライダーとして、奥様とタンデムツーリング&ツーリング先でバイオリン演奏を聞かせてあげてはいかがですか?
きっと楽しいと思いますよ。

>のみやさん
全日本ラリー選手権とは、随分マニアックですね。
前の職場には、インプレッサでラリーに出ていた人がいました。
全日本かどうかは知りませんけど。
  1. 2008/02/28(木) 23:13:46 |
  2. URL |
  3. chehnm992 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chehnm992.blog51.fc2.com/tb.php/28-bc23431a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。