QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レッスン93

(1)小野アンナ p.11 Change of the 1st, 3rd and 5th Position
(2)鈴木6巻2番 ソナタ第3番 ヘ長調(ヘンデル)第2楽章Allegro 2回目


(1)小野アンナ p.11 Change of the 1st, 3rd and 5th Position



(2)鈴木6巻2番 ソナタ第3番 ヘ長調(ヘンデル)第2楽章Allegro 2回目
鈴木6-2 ヘンデルのソナタ第3番2楽章
・1小節目とか
フレーズ頭の8分音符はアップで大きく、お尻の8分音符はダウンで小さく弾く

・9~10小節とか
9小節目は拍頭、10小節目は拍頭+拍裏も、メロディーラインを強調する

・全体的に
音を切り過ぎない


レッスン2回分まとめてのアップです。

先々週のレッスン92は、俺史上(?)最も大変でした。
前日ほとんど徹夜で遊んでおり、帰宅したのが日曜の14時過ぎ。
それからレッスンの予習をするか、それともちょっと寝るか・・・
寝ました。
もちろんレッスンはボロボロです。
自業自得ですね。

でもって今週のレッスン。
あんまり練習してなかったので、録音を聞いて愕然としました。
ああ、ヤバイ。
発表会まであと1ヵ月半くらいです。


最近色々あったので、それらを日記のネタにしようと思ってたんだけど、ほとんど忘れちゃいました。
なので最近の話題を1点だけ・・・


土曜はゴッホ展を見に行きました。
没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった
今回初めて音声ガイドってのを借りてみました。
500円の価値があるかは微妙ですが、美術館とかにあまり行かない人にはいいかもしれません。
で、その中で気になった事が・・・
音声ガイドによると、ゴッホの絵は生前たった1枚しか売れなかったのだそうです。
だから貧しい生活しか出来ず、弟から資金援助をしてもらっていた、と。

この先を僕の妄想で補ってみましょうか。
こんなに素晴らしいゴッホの絵を、当時の連中は全く理解出来ていなかったのです。
野蛮な奴らですね。
それに比べて現代の私達は、ゴッホの絵の素晴らしさが理解出来ています。
私達って、なんてソフィスティケイテッドでビューレホーなんざましょ!

音声ガイドの内容は、ウィキペディアにも記述されています
でも、これって本当なのでしょうか?
ゴッホの絵を見た事のある人ならわかると思いますが、これでもかってくらいに絵の具が厚塗りされています。
絵の具代だけでも相当の金がかかっていますよ。
そのお金はどこから出て来たのでしょうか。
弟一人だけで、本当に全ての資金をまかなえたのか。
大体ね、弟テオは『親兄弟と確執関係にあったフィンセントの唯一の理解者で、彼に生活費を援助するなどして支えた人物であった。』って書いてありますけど、彼一人で兄の生活費を全てまかなえたとは思えません。
そもそも、テオ以外にもゴッホのパトロンはいたんですよ。
そのパトロンは、絵も買わずにゴッホの何を評価していたんですか?

当時の無理解な人々を批判するのは結構だけど、そんなあなたは現代の美術家を何人知ってるんでしょうか。
コペルニクスが地動説を唱えた時、当時ほとんどの人々は理解しなかったそうです。
(より正確に言うなら『それを知った人のうちのほとんどは』とするべきかな?)
現代の我々は、昔の人より頭が良くなっているのでしょうか。
こんな例は他にいくらでも挙げられます。

もう、こんなロマンスだけの偉人伝なんかやめちゃった方がいいと思うんだけどなぁ。
歪んだ歴史解釈もオリエンタリズムも、どれもこれもみんな有害だよ。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2010/10/10(日) 23:59:59|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<レッスン94 | ホーム | レッスン92>>

コメント

俺チョー偉そうだな。
何様のつもりだっつーの。

一つ言っておくと、僕は現代の美術なんて理解出来ていませんよ。
新しい潮流に対しては、批判的ですらあります。
とっても保守的なんです。
でも我慢して見てます。
  1. 2010/10/11(月) 23:30:35 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

翌日の14時まで、まさか飲んでたわけじゃないでしょv-405

中世は、王様や権力者の為の写真の変わり
近代は、貴族や富豪の装飾の為 
現代は、企業や一般市民の為の芸術。。。

と、するなら現代が、もっとわかりやすくても良いのにね。
評論家は、それで食べていかなきゃいけないから・・・
大衆に認められた物しか褒められないのだけど
絵画を通して時代背景を学ぶ為に評論家が存在するのかな。。。
っと思ったりしてます。

そんな私も、美術館などに紹介してある現代美術は、イマイチわかってましぇんv-388e-330
ずっと未来になると、CGとか・・・そういった物が芸術作品として
未来の人に紹介されるのではないかと。。。思う。。。v-398
  1. 2010/10/16(土) 00:41:27 |
  2. URL |
  3. くらら #-
  4. [ 編集]

くららさん

飲みは飲みだけど、14時までずっと飲んでたわけじゃないよ。
まあ何ていうか、修学旅行の中学生みたいな感覚だよね。

>中世は、王様や権力者の為の写真の変わり
>近代は、貴族や富豪の装飾の為 
>現代は、企業や一般市民の為の芸術。。。
>と、するなら現代が、もっとわかりやすくても良いのにね。
凄い!!
くららさんいい事言うね!
でもね、今僕らが見てる昔の絵を、昔の人たちも同じように見てたわけじゃないんだよね。
ゴッホもそうだけど、例えばクールベとかも当時としてはとっても新しい事をしてたんだよ。
今の絵は確かに難しいけど、同じ時代を生きてるからこそわかる事、ってのもあるような気がするんだよね。
作られた当時の時代背景を知るのって、とっても大事な事だけど、現代の時代背景なら最初からよく知ってるんだもんね。

現代美術って言っても、実はいろんなのがあって、中にはとってもわかりやすいのもあるんだよ。
CGとかコンピュータを使ったハイテク美術も、実は既にたくさんあるんだ。
でもね、そういうのは大抵つまらなかったりするんだよね。
アクション映画の、ワイヤーを使った特撮と似てるかな?
技術だけが先に出てて、中身が伴ってないのかも。
近い将来、ハイテク技術がこなれて来たら、中身の濃い作品が生まれるのかもしれないね。
  1. 2010/10/17(日) 22:14:17 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chehnm992.blog51.fc2.com/tb.php/250-612d75f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。