QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドッペルの楽譜

ドッペルの楽譜を買って参りました!
鈴木教本には、1st,2nd共第一楽章だけしか載ってません。
そんなんじゃ満足出来んのじゃ!

ザギンのヤマハに置いてあったのは4種類(5種類だったかな?)。
ベーレンライター社の原典版(マンゼ校訂版)、ヘンレ社の原典版(校訂者忘れた、っつうか僕の知らない人)、オイストラフ校訂版、ガラミアン校訂版。
色々見比べてみました。
それぞれ、指使いもボーイングも微妙に違います。

う~ん、正直よくわからん。

ゆいちゃんがオイストラフ版を持ってるので、僕もそれにするかな。
いや待てよ、それじゃ芸がないぞ。
せっかくだから別のにしよう。

さて、僕が出した結論は・・・これだ!
ドッペル ベーレンライター版
マンゼ版です。

ポイントはオマケが付いていた事、ではなく、このなかでは最も最新の研究成果が反映されているからです。
マンゼは僕の大好きなバイオリニストで、彼の演奏はとってもエキサイティング。

この版の特徴は、なんといってもオマケが付いている事。
ピアノ譜+1st,2ndの校訂付きパート譜の他に、1st,2ndの校訂なしパート譜が入っているのです!
さすがですね。

追記 要注意!
古楽奏法に興味のない、一般的なアマチュアバイオリニストが演奏に使用する楽譜として原典版を購入するのは、あまりよい選択であるとは思えません。
細かい話は省略しますが、古楽奏法と現代奏法では、かなりの差異が存在します。
一応、僕はそこまで考えた上で購入しております。
アマチュアバイオリニストにはむしろ、オイストラフ版かガラミアン版、もしくはそれに類する校訂版を選択する事をオススメします。
エディションの選択は、あくまで自己責任で!


さて、原典版なのに校訂者がいるって、どういう事?
つうか、そもそも『原典版』とは何か、みなさんご存知でしょうか?
これはですね・・・
おっと、今日はもう遅いので、またの機会に語りたいと思います。
(といって、語った試しはない)

代わりと言ってはなんですが、校訂者本人の演奏をおきき下さい。
マンゼとポッジャー、イギリス古楽界の最強コンビです!

Bach - Double Violin Concerto (part one)
Rachel Podger & Andrew Manze

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2010/06/18(金) 00:25:47|
  2. 作曲家・演奏家・楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<レッスン84 | ホーム | レッスン83>>

コメント

ドッペルの楽譜は

買うことはないと思うけど、万が一買うことがあるとすればガラミアン版をかうだろうな。
ところでスコアだと何版なんだろうね?
運指や運弓は書いてないのだから原典版が筋だよね。

マンゼは石井宏さんが絶賛してたっけ。
それに乗せられてマンゼの「悪魔のトリル」を買ったけど、私はもひとつ好きになれなかったなぁ。
  1. 2010/06/18(金) 15:57:41 |
  2. URL |
  3. ハチャ #dEtdFcLc
  4. [ 編集]

ハチャさん

スコアの場合も、やっぱり色々なんじゃないかなぁ。
出版された時代によっても、流行り廃りとかありますしねぇ。
まあここ最近なら、間違いなく基本は原典版になるんでしょうね。

石井宏って誰やねん!って思って調べてみたら、この人の本読んだ事ありました。
「誰がヴァイオリンを殺したか」って本で、確かにマンゼを絶賛してましたね。
ただ、この本にはウソばっかり書いてあったし、昔はよかった的な後ろ向きの感想しか書いてなかったので、個人的には胡散臭い人だなぁって思ってました。

マンゼのCDは沢山持ってますけど、僕がスゴイと思ったのは、ビーバーのロザリオのソナタと、ヘンデルのソナタとかかな。
機会があったらきいてみて下さいな。
  1. 2010/06/19(土) 13:44:57 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

いつの間にやら白鳥やドッペルや、そしてさりげなくカイザーも2巻に入ってますね!

ドッペルの3楽章は一度アンサンブルの初見大会でやったんですが、全くついていけませんでした((+_+))
その時使ったのは、ネット上にある無料楽譜だったんですが、ああいうのは○○版とかあるのかな?
ボウイングも、フィンがリングも、全く書いてなかったような気がします。
  1. 2010/06/19(土) 23:44:41 |
  2. URL |
  3. キキ #ZKEs3CJw
  4. [ 編集]

今日(と言うか昨日)、久しぶりにザギンで飲む前にヤマハならぬY野楽器にいったら、残念ながらマンゼ版は置いてありませんでした。

もうちょっとでドッペルの1楽章2Vnが視野に入ってくるので、何か買おうか検討中です。やっぱりガラミアンかなぁ、と思っていますがこの版、中身はともかくとして印刷が悪いので一寸ためらっています。Urtextにこだわっているわけではないのですが、印刷の綺麗なオイストラフ版になるかもしれません。指使いが自然なのが一番です(笑)
  1. 2010/06/20(日) 01:59:56 |
  2. URL |
  3. credenza #-
  4. [ 編集]

キキさん

キキさん、さては最近僕のブログをチェックしてませんでしたね?
いけませんねぇ。
週に一回くらいは覗いて下さいね。
たまに更新してますから。
さりげなくパガニーニのカプリースとかやってるかもしれませんよ。

フリーの楽譜は僕も持ってますが、あれは何版なんでしょうね。
多分、コピーして来た元と同じなんでしょうけど。
ただ、写譜ミスとかも結構あるらしいので、真剣な練習用には使えないですよ。

ちなみに、フリーとはいえ、これは例外です。
http://dme.mozarteum.at/DME/nma/start.php?l=
新モーツァルト全集のオリジナルですからね。
パート譜はないみたいですが、正真正銘のもっとも権威ある原典版が、ただで見放題ですよ。
  1. 2010/06/20(日) 22:26:14 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

credenzaさん

Y野楽器にはあまり行かないから、在庫がどんな感じなのか、よくわからないです。
上であれこれ書いてますが、本当は版なんてどうでもいいような気もします。
確かに、ガラミアン版は印刷の質が悪かったですね。
印刷も紙質もいい、オイストラフ版かマンゼ版がいいんじゃないでしょうか。
ただ、マンゼ版はやたら2ポジが多いような気がします。
これはマンゼのコメントも書いてあるのですが、音質の違いを意識しての事らしいです。
う~ん、オイストラフ版も買っちゃおうかなぁ・・・
  1. 2010/06/20(日) 22:32:25 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chehnm992.blog51.fc2.com/tb.php/234-ae2272da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。