QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

音楽における“現代”とは何か ~ その1

初心者バイオリニストさんのブログを見て回って思ったのは、意外とクラシックを知らない人が多いんだなぁ、という事。
バイオリンを始める理由って、クラシックが好きだから、って人が多いのかと思っていましたが、どうやらそうでもないみたいです。
で、そんな人の為にも、クラシックの名曲ガイドみたいな日記も書いてみようかな、と去年辺りから考えていたのですが、なにもせぬまま現在に至ります。
こちらは、今年中に2~3回くらいアップ出来たらいいな、って思ってます。


さて、名曲ガイドの前に、少しばかり思う所を・・・
最初に言っておきますが、これらはみな“音楽”です。

(最後まで再生してると、慣れない人は色々危険かもしれません。適当な所で止めて下さいね(笑))


まずはこれをどうぞ。

Ligeti - Artikulation

これをきいて、バッハの『マタイ受難曲』や、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第15番などと同じくらいの感動が得られるかと問われれば、躊躇せずに「否」と答えるでしょう。
この人はなぜこんな曲を作ったんでしょうか?


お次はこちらを。

György Ligeti - Poème Symphonique For 100 Metronomes

さすがにさっきのはキビシイですが、こちらはコンセプチャルアートのようにも見えるので、デュシャンやボイスが好きな人なら意外と抵抗なく受け入れられるかもしれません。
メトロノームは何かを象徴しているのでしょうか?


さて、いよいよ核心に迫ります。

Ligeti Atmospheres

この曲は映画『2001年宇宙の旅』で使われたため、ご存知の方も多いでしょう。
映画が作られた当時、この曲はまさにバリバリの現代音楽でした。


これだけだとイマイチ色気に欠けるので、紗矢香ちゃんにも登場してもらいましょう。

リゲティ - バイオリン協奏曲 第1楽章 (庄司紗矢香)

これなら今までとは違って、随分ききやすくなりましたね。
えっ、そんな事ないって?


そして最後にこれをどうぞ。

Parker String Quartet plays Ligeti for NAXOS records

どうでしょうか?
バルトーク好きなら思わず胸が躍るような、凄い曲だと思いませんか?


・・・ここまで書いて、ふと気が付きました。
リゲティの前に、まずバルトークの解説が必要ですよね。
なんてこった!

疑問だけを残しつつ、次回は切り口を変えてお送りしましょう。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2010/02/11(木) 21:38:50|
  2. 作曲家・演奏家・楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
<<レッスン72 | ホーム | レッスン71>>

コメント

ちなみに、上の動画意味わからん、と思った方へ。
楽譜上の演奏中の部分に線が引いてあるんですよ。
イメージはこんな感じ。

http://www.youtube.com/watch?v=ipzR9bhei_o
  1. 2010/02/11(木) 22:03:16 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

リゲティはともかく・・・

>初心者バイオリニストさんのブログを見て回って思ったのは、意外とクラシックを知らない人が多いんだなぁ、という事。

↑この部分、まさに同じ感想を持っていました。こういう方って、ほとんどクラシックばかりの教本やっていると一寸きついのかもしれませんね。

昔はこういう現代音楽って毛嫌いしていましたが、最近はだんだん聴けるようになりました。自分ではまずCDは買いませんが。こういう「音楽」もありかな、と。

紗矢香ちゃん上手いですね。流石。振っているほうも大変でしょうけど。

それと、「100台のメトロノームのための交響曲」、フランス語の解説がなかなか良く出来ていますね。

それにしても、ほとんどのメトロノームが止まるときに振り子が真ん中に来ています。さすがドイツ製!と妙なところに感心しました。ヤ〇ハとかだとこうは行かなかっただろうと思います。
  1. 2010/02/12(金) 00:01:09 |
  2. URL |
  3. credenza #-
  4. [ 編集]

タイムリー!?

最近のブログにも書いたのですが、
ちょうどいろいろなクラシックの曲を知りたいと
思っていたところだったのです!

私はクラシックが好きではあるのですが、
「聞いたことはあるけど作曲者やタイトルがわからない」
というのがとても多いです(^_^;)

ピアノの曲だったらこれが好き、とか
これが憧れ・・・っていうのがたくさんあるのに、
バイオリンの曲といえばこれ・・・みたいなのがわからないので、
これからいろいろ聴いてみたいと思っています☆
  1. 2010/02/12(金) 20:53:56 |
  2. URL |
  3. *アリア* #MMIYU.WA
  4. [ 編集]

credenzaさん

クラシック好きの僕でも教本はキツイですが、それは多分“キツイ”違いでしょうね。
もちろん、クラシック以外でもバイオリンの曲は沢山あるわけですが、大抵の初心者バイオリニストさんはそういうのをきいているわけでもなさそうです。

現代音楽にも色々あって、ここに挙げたのはある意味きき易い方かもしれません。
以前は、火炎放射器で鉄板を焼き切る“音楽”とか、やかんの水をコップに注ぐ“音楽”とか、その他ありとあらゆる演奏会に出かけてましたよ。
最近はそんな元気もなくなりましたが。

そういえばcredenzaさんは、以前ベルギーだかにお住まいだったんですよね?
ちなみに、これなんて言ってるんですか?
僕はフランス語全くわかりません。

振り子が真ん中で止まってるのには気が付きませんでした。
素晴らしい着眼点ですね!
今度楽器屋さんで試してみますよ。
SEIKOあたりが、GRAND SEIKO並の精度で機械式メトロノームを作れば、見事にド真ん中で止まるんじゃないでしょうか。
高くて誰も買わないでしょうけど。
  1. 2010/02/12(金) 22:18:41 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

*アリア*さん

おお、アリアさんはクラシックの事を知りたい所なんですね。
まさに僕が想定したターゲットですよ!
映画やCMで流れている曲名って、どうやったらわかるんですかね。
僕の記事は、多分そういうのには役立たないと思いますけど・・・
ゴメンナサイ。

ピアノに比べると、バイオリンはずっと曲数が少ないですよね。
それでも他の楽器に比べればマシなんでしょうけど。
僕の記事では、ピアノ曲もオーケストラ曲も、色々取り上げるつもりです。
いつになるかは全く未定ですが、書いたら読んでみて下さいね!
  1. 2010/02/12(金) 22:25:56 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

100台のメトロノームのための交響詩

大体こんな感じのこといっています。

(冒頭の女性アナウンス)この曲は62年に作曲され、この映像はローマで録画され、TV初登場である。(直訳すると「わざわざローマくんだりまで行って録画した」って言ってます(笑))

(終演後の解説)この曲は演奏準備が面倒(10人ぐらい人手がかかるetc)なので63年に初演されてからはほとんど演奏されることはなかったが、初演から32年後、ある演出家(名前良くわからない)がこの曲にほれ込み、100台のメトロノームを機械的にスタートさせる装置を半年後に発明してからは比較的演奏されるようになった。

(最後に女性が喋るのは)63年の初演の際にオランダのテレビ局が演奏の様子を撮影したが、最後のメトロノームがとまった後、ホールは大騒ぎになり、結局その映像は放送されることは無かった、と言っています。

もともとドイツ語の放送に上からフランス語かぶせていますのでちょっと聴きにくいのですが、大体こんな感じです。

メトロノームをスタートさせる機械をつくった、と言うのが凄いです。

クラシック名曲ガイド、楽しみにしていますよ~。私も書こうかな・・・(笑)

  1. 2010/02/13(土) 00:39:24 |
  2. URL |
  3. credenza #GAZsliFs
  4. [ 編集]

credenzaさんとこうちゃんは、薀蓄なところが似ているわねっ^^!
現代音楽か~
私は、クラッシックの中のクラッシックでいいわ^^;

こうちゃん、今年中に2~3本なんて悠長なこと言っていないで、早く続きを書いてちょうだい!
現代とは何か・・・こうちゃんの考察を早く読みたいわ。
  1. 2010/02/13(土) 08:29:05 |
  2. URL |
  3. ゆい #BWyYLYpg
  4. [ 編集]

credenzaさん

うわーい、ありがとうございます!
なるほどなるほど、そんな事言ってるんですね。
確かに、これは演奏(?)するのも大変ですから、再演されなかったのは無理もないでしょうねぇ。
このお姉さん、フランス語とドイツ語でしゃべってるんですか。
よく聞いてみると、確かにそんな感じですね。
この演出は、なにか意図があっての事なのでしょうかね。
しゃべってる内容からは、そんな風には感じませんけど。
初演時に大騒ぎになったって、そういう話は今ではなかなかない事ですよ。
特に日本では、少なくとも僕は見た事がありません。
ドイツでは、30分間ほとんど無音の曲に対して、おじさんおばさんたちが「ふざけんな、ボケェ!」と文句言ってる所を見た事がありますけど。

「名曲ガイド」ですけど、色々妄想しているうちに、選曲が微妙になって来るんですよね。
「隠れた名曲ガイド」って名前にしようかと思うくらいです。
それとも、「珍曲探偵小川さん」とかでもいいかな、なんて。
ぜひcredenzaさんも書いて下さい!
楽しみにしてますよ。
  1. 2010/02/13(土) 10:43:43 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

ゆいさん

あら、ゆいちゃんは抽象芸術を理解するくらいだから、結構センスあると思うんだけどなぁ。
この後もう少しわかりやすい例を出すつもりなので、そっちも見てみて!

名曲ガイドは、年2~3回じゃなくて12回くらいは書きたいんだけど、まあ現実的にはキビシイかな。
曲と作曲家と、それからYutubeの動画+オススメCDの紹介なんかを含めるつもりです。
首を長くして待っててね。
  1. 2010/02/13(土) 10:51:36 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

これは多分・・・

あの、訳をはしょってしまいましたが、厳密にはこのお姉さん、最初のところで「この再放送(redfusion)は」と言っているんですね。

なので、もとはドイツで放送されたものにフランス語をかぶせてフランスで放送したのだと思います。わざと音声を二重にしたように聞こえますが、さらにその背景にドイツ語のアナウンスが聞こえますので。

初演にかかわらず大騒ぎになることってヨーロッパでは結構ありますね。よくあるのはしょーもない演出のオペラ。初日は大抵演出家も舞台に登場するのですが、思い切り野次られているのをみた(もちろん一緒になって野次った)ことがあります。

また、日本でも某ミッシェル・ダルベルトのコンサート、滅茶苦茶だったので大喝采の中、野次ったら思い切り睨み付けられたこともありました。

いずれももう、随分昔の若気の至りの頃です。流石にもうやりません(笑)

でも、ひどい演奏会だったらリゲティよろしく会場で順番に携帯鳴らすのっていいかもしれませんね(笑)
  1. 2010/02/14(日) 02:30:40 |
  2. URL |
  3. credenza #GAZsliFs
  4. [ 編集]

credenzaさん

またまたありがとうございます。
なんだか複雑な背景があるんですね。
ヨーロッパのテレビ番組だと、そういう事は普通にあるんでしょうかね。

大騒ぎってほどじゃなくても、数人がブーイングするくらいなら、日本でもそこそこ見ますね。
某オペラシテ○ーでしか見ない、でもオペラシテ○ーではよく見るお客さんがいるんですよ。
この人、演奏後は必ずといっていいほどブラボーを連発するんです。
他のホールでは見た事なかったので、僕はこの人はホールが用意したサクラじゃないかと本気で思ってました。
ある時(もちろんオペラシテ○ーですが)、この人一人がブーイングしてるのを見て、サクラじゃないんだな、とわかりました。
単に、会社か自宅が近いってだけなんでしょう。

ちなみに、僕はブラボーもブーイングもした事ないです。
拍手の大きさで表現するという、典型的な日本人の観客ですよ。
  1. 2010/02/14(日) 10:10:48 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

あまりにも高度なので

あまりにも内容が高度なので、コメント、出にくかったんですが・・・・・・

ブラボーというと、この人、黒猫の鎌足さんじゃない? などと思ったりして。
でも違うでしょうね。

鎌足さんは仲間内では必ずブラボーを言ってくれます。
しばらく前のことですが、仲間内でないコンサートでブラボーを言って、ユーチューブにその声が入っていたとのメールがきました。
わざわざ聴きに行きました。

そのひぐらしのbamamanさんはこの鎌足さんのブラボーの弟子で、最近はテナーの鎌足さんのブラボーと、バリトンのbamamanさんのブラボーを、デュエットで聞けるようになりましたよ。

ああ、レベル低い話だ・・・・・・恥ずかしい。
  1. 2010/02/15(月) 08:54:08 |
  2. URL |
  3. catmouse #iJs6fXKs
  4. [ 編集]

catmouseさん

全然高度じゃないですよ。
だってyoutubeの動画を載せて、「何でだろ?」って言ってるだけですからね。

鎌足さんは知りませんけど、もしかすると本人かもしれませんね。
発表会とかでブラボーなんて言われたら、嬉しいやら恥ずかしいやら、どんな気持ちになるんでしょうね。
ブラボーのデュエットもめずらしいですよ。
テナーとバリトンが揃ってたら、それだけでも面白そうです。
  1. 2010/02/15(月) 21:29:26 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

あわわわe-282
話が高度すぎてついていけない。。。

でも、現代音楽についての話はよく聞くんですけど
弓を反対にして弾く音楽とか
不協和音をわざと使ったりとか
新しい曲といえばそうだけど・・・
弾いてるほうも聴いてる方も・・・だそうで。
作曲した本人しか満足してないこと多し!みたいですよね。
観衆の雑音も音楽とかいうのも
賛同する人も居れば
それは違うという人も居ますよね。

あ、私はクラシック好きで始めたんじゃないけど
今は好きです♪
旦那さんが好きでよく聴いてるので(ていうかそういう仕事)
「いつかコレ弾いてよ」が弾けるようになるといいんですけど(苦笑)

あとはレッスン中に先生から聞く音楽史や
この曲がどうやって、どんな感情で書かれたかを話し合うのも好きです♪
  1. 2010/02/15(月) 23:32:05 |
  2. URL |
  3. めぐっち♪ #-
  4. [ 編集]

めぐっち

高度じゃないって。

現代音楽とか現代美術とか、多分スゴイ偏見に晒されていると思うんだよね。
一言だけ書いておくと、作った本人だけしか満足してないって、現代音楽に限らないんだよ。
極論すれば、モーツァルトだってそうなんだ。
この辺りの事に関しては、この後で書いてみようかと思ってるので、よかったら読んでね。

旦那さんがクラシック好きなら、CDとかも沢山持ってるのかな?
そしたら色々きけるからいいね。
お礼に太郎ちゃんの曲でも弾いてあげたら?

>>あとはレッスン中に先生から聞く音楽史や
>>この曲がどうやって、どんな感情で書かれたかを話し合うのも好きです♪
めぐっちエライ!!
それって絶対いい事だよ。
僕はそんな話し合いした事ないなぁ。
どんな事話してるのか、ちょっと聞いてみたいよ。
  1. 2010/02/16(火) 23:11:08 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chehnm992.blog51.fc2.com/tb.php/213-9eccac90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。