QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レッスン65

※注意
これは先週分のレッスン日記です。


12月6日(日)

発表会後、初めてのレッスンです。
今回から再出発とすべく、新たな気持ちで基本から地道にやって行こうと思っています。


(1)カイザー6番
(2)鈴木4巻6番 無窮動―小組曲第6番(ボーム)1回目


(1)カイザー6番
・四分音符でもビブラートをかける
・音量変化を付ける
2拍単位での変化と、数小節にわたる大きな変化の違いを意識する。
これらを弾き分けるのは、実はかなり難しい。


(2)鈴木4巻6番 無窮動―小組曲第6番(ボーム)1回目
ボームの無窮動1 ボームの無窮動2
7~11小節とか
・移弦を伴うパターンは、重音と同じようにして弾く
例えば7小節目の2~4拍目で、1の指を離さない。

57小節
・最後の重音は、指を立てて、G線を押さえている指がD線に触らないようにする
G線を外側(D線の反対側)に寄せるようにして押さえる。

全体的に
・極限まで速いテンポで弾く
無窮動という曲は、あまりゆっくり弾くべきではない。
限界まで速いテンポで弾くようにチャレンジしてみる事。


前後の曲と比べて、この無窮動はヤケに簡単だなぁと思ってましたが、CDのテンポの半分以下だったみたい。
これじゃイカンのだそうな。
無窮動ってのは、限界ギリギリまで速いテンポで弾くのがマナー(?)らしいです。
テンポを速くしろ、って言われたのは初めてかも。
次回レッスンでは、先生がビックリするくらいのテンポで弾いてやろうかねぇ。
フフフ・・・

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2009/12/12(土) 22:58:28|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<弦楽器クリニックとその他雑記 | ホーム | マルクスの亡霊>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chehnm992.blog51.fc2.com/tb.php/195-cd120839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。