QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レッスン61

(1)カノン(パッヘルベル)
(2)TWO OCTAVE SCALE AND COMMON PATTERNS:KEY OF C MAJOR(プリント)より
(3)鈴木4巻7番 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043 第1楽章 第2ヴァイオリン(バッハ)7回目


(1)カノン(パッヘルベル)
1ポジのみで弾ける、ちょっと簡単バージョン。
発表会では、これを3パートに分けて生徒全員で合奏するみたい。
あまり練習する気になれません・・・。


(2)TWO OCTAVE SCALE AND COMMON PATTERNS:KEY OF C MAJOR(プリント)より
・2ポジでの音程に注意
4指の音程が低くなりやすい。


(3)鈴木4巻7番 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043 第1楽章 第2ヴァイオリン(バッハ)7回目
ドッペル1-2-1  ドッペル1-2-2  ドッペル1-2-3
7,29,41,48,84,87小節目
・3拍目の下降で音程が狂う
3ポジでの下降である。
ゆっくり弾いて音程を確認する事。

1小節目とか
・音を切る8分音符で、響きを止めない
最初と最後は弱く、中間は強めの弓圧で弾く。
ゆりかご奏法。
これだと「ギギッ」っていう雑音がなくなり、かつ響きが残る。

全般的に
・音程のチェックは、自分が思っているよりさらに遅めで
自分では“ゆっくり”弾いているつもりでも、まだまだ“速い”んだそうな。


諸般の事情により、最近エリカ先生の生徒さんがほぼ2倍になりました。
で、なんか知らんがいつの間にか、発表会で僕と一緒にドッペルを弾いてくれるのが、他の生徒さんになっちゃったみたい。
つうかまだ未定なんだけど。
当然ながら相手は素人で、合わせる機会は本番直前の一回だけですよ。
こういうのって、ありなんでしょうか?
正直言って困惑しております。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2009/10/18(日) 22:48:26|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<東京オフ 開催概要 | ホーム | レッスン60>>

コメント

カノンをやるなら、「ちゃんと」バージョンでやってほしいね~
私も、基本的に多少チャレンジングでも、元の曲でやりたいタイプだわ!

音程確認の時は、チューナーが光るくらいゆーーーっくりでやったりする(そう指導を受けました)。
ちょっともどかしいけれど、それで音を頭に叩き込んでやると確かに良いみたい^^
へへっ、でもたまにしかやらないけど^^;

ドッペルはエリカ先生とじゃなかったの?
1回しか合わせない他の生徒さんと弾くのは「なし」だよねー
先生にちゃんと話したら^^?
  1. 2009/10/18(日) 23:28:26 |
  2. URL |
  3. ゆい #BWyYLYpg
  4. [ 編集]

カノンを全員で合奏ってちょっと羨ましかったりします。
私の発表会ではそういう合奏ってありませんから。

>最初と最後は弱く、中間は強めの弓圧で弾く。
>ゆりかご奏法。

へぇ~、これってゆりかご奏法っていうんですね!
初めて知りました。

ドッペルを素人同士で、しかも合わせる機会は1回だけってそれはひどいですね。
プロと弾くなら1回で良いかもしれませんが、素人同士なら何度も練習しておかないと、
合うのに時間がかかるのではないかなと思います。
  1. 2009/10/18(日) 23:53:21 |
  2. URL |
  3. 海舟 #TNMEEIK6
  4. [ 編集]

ゆいさん

>>私も、基本的に多少チャレンジングでも、元の曲でやりたいタイプだわ!
僕もカノンは、というかカノンくらいは「ちゃんと」バージョンでやりたいんだけど、いろんなレベルの人がいるからねぇ。
これはまあ仕方ないかな。
何度も合わせる機会があるならいいんだけどね。

>>音程確認の時は、チューナーが光るくらいゆーーーっくりでやったりする
確認のためだから、それが当然なんだよね。
なかなか出来ないけど。
次から意識してやってみるよ。
サンキュー!

>>ドッペルはエリカ先生とじゃなかったの?
そうなんだよね。
これを勝手に変えられちゃったんだ。
ただ、相手が生徒さんだと、それなりにメリットもないわけじゃないんだよ。
だから何回か合わせられるならむしろ歓迎出来る事かもしれない。
でもさ、何回か合わせた後に、「やっぱりゴメンなさい」って言えないよね?
ちなみに、生徒どうしのメリットって、相手に完全任せられないから、多少こちらの責任と緊張感が増す、って事だと思うんだ。
それに、僕のペース(テンポじゃなくて)で弾けるっていうのもあるかな。
それにしても、全く知らない人と、ってのは・・・
お見合いなしで結婚するようなモンかな?!
  1. 2009/10/18(日) 23:57:20 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

海舟さん

>>カノンを全員で合奏ってちょっと羨ましかったりします。
やっぱり合奏は面白いですからね。
発表会があるなら、こういう企画も入れてほしいですよね。
選曲が大変でしょうけど、多少は無理してでも、合奏の楽しさが味わえるなら、メリットは大きいですよ。
先生曰く、この合奏のモットーは『間違えても死にはしない』だそうな。

>>ドッペルを素人同士で、しかも合わせる機会は1回だけってそれはひどいですね。
これだけならそれ程でもないと思っているんですが、実は・・・
おっと、その話はここでは自粛しておきます。
ただ僕としては、数回合わせられるのなら意外と面白そうだな、って思ってもいるんです。
そこが難しい所なんだけど。
  1. 2009/10/19(月) 00:06:58 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

カノン

カノンは難易度は高くないけれど、聞きばえのするおいしい曲だと思います。
昨年のアマチュアスペシャルライブでやりました。
今年のアマチュアスペシャルライブではそのカノンに誘われて、合唱団が出てきて、カノンがいつの間にか千の風になるという趣向で演奏します。

カノンを全体合奏にすると弾く方は面白くないかもしれませんね。やっぱり、3本のヴァイオリン、チェロ、ピアノ(できればチェンバロ)が楽しいですね。

10月31日はカノンもやりましょうね。
  1. 2009/10/20(火) 08:13:41 |
  2. URL |
  3. catmouse #iJs6fXKs
  4. [ 編集]

catmouseさん

カノンはカノンでも、今回発表会で合奏するのは微妙に簡単かもバージョン(?)なんですよ。
1ポジだけで弾けるんだけど、リズムがちょっと変わっているので、むしろ僕にとっては難しいくらいです。
チェロやチェンバロが入れば、合奏はもっと面白くなるでしょうね。
ぜひやりましょう!
つうか、通奏低音なら僕がチェロを弾いてもいいですよ。
どうせバイオリニストは沢山いるだろうし。

>>カノンがいつの間にか千の風になる
うわぁ、これは気になりますね。
きいてみたいなぁ。
  1. 2009/10/21(水) 00:51:52 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

本番直前で一回だけ合わせるドッペルって凄すぎますね~
生徒さんが増えた「諸般の事情」って何だろう
  1. 2009/10/21(水) 07:51:48 |
  2. URL |
  3. そら #OpjOh/wQ
  4. [ 編集]

すごい!

cheさんはcelloも弾けるの!すごい!

カノン・プラス・千の風は

http://www.setagayamusic-pd.com/schedule/2009_11_01.html

ここでやります。
10月31日、手書きの楽譜を持っていってもいいんだけれど、歌が入っていないと、間が抜けるのよね。第一バイオリンだけで弾いたら、最初bamamanさんが「いいと思わない」って言ったのよ。でも第二がはいって、歌がはいったら、ぜんぜん違って聞こえるのよ。
少人数のアンサンブルってやってて楽しいよね。
  1. 2009/10/22(木) 09:58:54 |
  2. URL |
  3. catmouse #iJs6fXKs
  4. [ 編集]

そらさん

そらさん、こちらでは超久し振りですね!!
そういえば、そらさんも発表会あるんですよね?
調子はどうですか?

>>本番直前で一回だけ合わせるドッペルって凄すぎますね~
個人的には、ドッペルを合わせるのはそんなに難しくないと思ってます。
でも一回は嫌ですけどね。
その他の事情もあるので、やっぱり断ろうかと思います。

>>「諸般の事情」
これは大した事ないんですよ。
同じ教室のバイオリン教師が辞めたんです。
で、その人の生徒さんをうちの先生が引き取った、ってだけ。
ね、大した事ないでしょ?
  1. 2009/10/24(土) 00:09:14 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

catmouseさん

>>cheさんはcelloも弾けるの!
あら、誤解しましたか?
弾けるか弾けないか、って言ったら、間違いなく弾けませんよ。
でも、カノンの通奏低音で4小節を繰り返すだけなら、まあなんとかなるかなと。
バイオリニストなら誰でも出来ますよ。

>>せたがや・アマチュアスペシャルライブ
これ面白そうですね。
時間があればききに行きたいですけど、今年は絶対無理ですねぇ・・・
残念!

>>少人数のアンサンブルってやってて楽しいよね。
ほんと、そうですよね!
大オーケストラもいいけど、数人のアンサンブルはまた別のよさがありますよね。
4~50人の大宴会と、4~5人の飲み会、どっちが楽しいかって、絶対少人数の飲み会に決まってます!
全然違う?
まあ、いいや。

といっても、大オーケストラで弾いた事ないんですけど・・・。
  1. 2009/10/24(土) 00:20:10 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chehnm992.blog51.fc2.com/tb.php/183-bb4a4b79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。