QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レッスン36

(1)ウォルファート17番
(2)3ポジ練習
(3)鈴木3巻5番 ガヴォット(ベッカー)


(1)ウォルファート17番
ウォルファート17番   ウォルファート17番-2

・小節間での大きな移弦では、音を一瞬止める。弓を浮かせない。

・関係ない弦を弾かないように気をつける。

・長いエチュードは、一日に全部をやろうとしない。一日3行、とかを集中してやった方が効果は高い。
一日でドバッとまとめて練習しちゃう僕には、この指摘はちょっとキビシイですね。

この後またもや全弓特訓に!
・全弓練習は、M.M.=60~72 くらいのテンポを4つで片道、弓の速度は一定を保つ。80 以上だと速過ぎ。きれいな音を出すためには、遅い弓での全弓練習をやるとよい。速い弓での練習は、全く違うジャンルになる。
音の出し方の感覚:裏板の上にある音を、糸を使ってf字孔からゆっくり引っ張り出すイメージで。


(2)3ポジ練習
・ハイポジではボウイングに注意する。弓の角度以外にも、指板側にずれやすい。

・ポジションチェンジは力を抜いてゆっくり移動する事。速い移動は、曲中止むに止まれぬ場合のみ。


(3)鈴木3巻5番 ガヴォット(ベッカー)
ガヴォット ベッカー1   ガヴォット ベッカー2

・mfは強めで。

・アップボウスタッカートでは弓を小さく使う。


その他
・プロがアップボウで調弦する理由は、小さな音を出すためと、ステージマナー。
前から気になっていた事を聞いてみました。そんなに大した理由ではなかったようです。

・トナリゼーション(Tonalization)は、隣りの弦に移動するから“隣りゼーション”という・・・わけではない。
こういう事を、飲み会の席で僕が言うと、単なるオヤジギャグになりますが、5歳からバイオリンをやっていた先生は本気でそう思っていたのだそうです。

・問い 11月の発表会で、僕がドッペルの1stか2ndを弾くとして、先生にもう一方を弾いてもらってもよいですか?
 答え よい
でも微妙ですね。
鈴木教本では、ドッペル2ndは4巻最後に登場するのですが、実質的な難易度は6~7巻レベルなんだそうです。しかも1stも2ndも、難易度に大差はないらしい。 Violin Masterclass によると、ドッペルは Level4 にランクされています。鈴木教本でいうと7・8巻と同レベルです。
ドッペルの問題点は他にもあります。僕の下手さが目立ってしまう事と、先生においしい所を持って行かれてしまう事、それから独奏の緊張感が半減してしまう事、です。
かといって、バッハの他のバイオリン協奏曲はもっと難しいんだそうで、悩ましい限りですね。
せっかくの機会ですから、自分の好きな曲を弾きたいです。でも、本当に好きな曲は難しい・・・

まだまだ先の話なので、もう少しゆっくり考えます。
いつの間にか、鈴木3巻もあと2曲で終っちゃうよ。
いよいよ待望の4巻だぁ。
ワクワクドキドキです。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2009/02/01(日) 22:55:54|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28
<<2度目の弦交換 | ホーム | 形から入れ!>>

コメント

>>音の出し方の感覚:裏板の上にある音を、糸を使ってf字孔からゆっくり引っ張り出すイメージで
→cheさんの先生も無理をいいますね~^^;
私も、弦を裏から弾く感覚・・・などと言われます^^;

それにしても「ウォルファート17番」は楽譜を拝見すると、いかにもエチュードって感じで難しそうですし、単純な繰り返しは辛そうです。
ピアノでやっていたチェルニーを思い出します。
大嫌いでしたけれど、それが大切だったんですよね~^^;

11月に発表会なんですね!
今度こそ聴きに行けるといいなぁ~。
曲選びが楽しみですね^^!
  1. 2009/02/02(月) 21:59:53 |
  2. URL |
  3. ゆい #BWyYLYpg
  4. [ 編集]

ゆいさん

>>弦を裏から弾く感覚
僕にはちょっと想像出来ない感覚ですね。
抽象的な感覚って、わかっている人にとってはなるほどと思われるのかもしれないけど、わかっていない人にはより複雑にさせてしまいそうです。
将来、糸で引っ張る感覚や、裏から弾く感覚が腑に落ちる日が来るのかなぁ。

エチュードに飽きるって、多分それが理想的なんじゃないでしょうか。
僕は飽きるほど練習してないからか、まだまだ新鮮なんですよね。
本当はもっと何度も繰り返すべきなんだろうけど、すぐ先に進んじゃいます。
曲はすぐ飽きるんだけどなぁ。
つうか、もうガヴォットっていう曲名自体に飽きました。
鈴木教本は半分以上ガヴォットなんじゃないかと思うくらいだからね!
  1. 2009/02/02(月) 22:42:49 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

変な音を出さない・・・
こうちゃんの先生の言ってる変な音って何のことなの?
私、右手の練習をやってる時に「くうぇ~」って音しょっちゅう出るんだよね、
どうやったら出なくなるんでしょう・・・

発表会の曲選び楽しい悩みだね♪
あっそう言えば、BSで放送してる番組に少しだけど
寺神戸亮さんが出てたよ。




  1. 2009/02/02(月) 22:45:56 |
  2. URL |
  3. チロル #-
  4. [ 編集]

チロルさん

>>こうちゃんの先生の言ってる変な音って何のことなの?
あ痛ぁ、『変な音』だけじゃわからないよね。
ごもっともです。
ここでいう変な音ってのは、本来弾くべき弦以外の弦を弾いちゃってる事なんだよね。
「お前の音は全部変だ!」って言われたら否定出来ないけどさ。
ありがとう。
ちょっと書き直します。

>>BSで放送してる番組に少しだけど寺神戸亮さんが出てたよ。
ナンダッテェ!!
見たかったなぁ。
演奏じゃなくて、インタビューか何かだったのかな。
バタヤンのそっくりさん、って理由ではないよね?
  1. 2009/02/02(月) 23:52:00 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

参考になります
私はいつも隣の弦に触れまくりなので…
ゆっくり、丁寧に、短い小節の練習ですよね
ついついたくさん弾きたくなります
11月の発表会、先生とのデュオ楽しみですね!
  1. 2009/02/03(火) 07:50:05 |
  2. URL |
  3. そら #OpjOh/wQ
  4. [ 編集]

>音の出し方の感覚:裏板の上にある音を、糸を使ってf字孔からゆっくり引っ張り出すイメージで。
難しい^^;
でもキレイな音を、っていうか、なんとかもうちょっとバイオリンらしい音を出したいので今日やってみるヨ!!

11月の発表会
確かに先生と一緒に弾くのって微妙っちゃ微妙だね。
特にドッペルは。
  1. 2009/02/03(火) 09:02:00 |
  2. URL |
  3. マリ #IwiPhfUQ
  4. [ 編集]

すごい進みっぷりだね!
先生もフリーダムな感じで楽しそうだなー
もうドッペル許可がおりるなんてなかなか
そんな先生いなそう♪
  1. 2009/02/03(火) 12:20:51 |
  2. URL |
  3. kazu #-
  4. [ 編集]

そらさん

ゆっくり、丁寧に、は基本なんでしょうね。
普通、練習する時は一度に全部をやってしまいますよね。
はやる気持ちを抑えるのは、それはそれで大変です。

発表会の曲はまだ決定じゃないんですよ。
今は、なるべくドッペル以外の曲をやろうと探している所です。
まだまだ先の事ですから、梅雨明け頃までに決めたいなぁ、と思ってます。
  1. 2009/02/03(火) 21:51:13 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

マリさん

やってみた?
僕ももうちょっとバイオリンらしい音が出したいよ。
いい音出すには、練習だけじゃなくて、想像力も必要なのかな?
バイオリンは大変だね。

ドッペル微妙でしょ?
いい曲なんだけど、せっかくの晴れ舞台だからねぇ。
マリさんと弾くんなら即決なんだけどね。
  1. 2009/02/03(火) 21:56:06 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

kazuさん

フリーダムって言うのかね。
うちの先生は、むしろダメっていう事の方がめずらしいよ。
今までには、「スピッカートと指弓教えてくれ」、って言ったら「ダメ」って言われたくらいかな。
まあ、それも理由があるので納得したけどね。
  1. 2009/02/03(火) 21:59:56 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

変な音の意味了解です!
私の思ってる変な音とは違ってたね。

寺神戸さんは、名曲探偵アマデウスって番組に出てました。
その回は、バッハの無伴奏チェロ組曲が題材だったのです。
で、5弦チェロの紹介と少し曲を弾かれてましたよ。
え~わたくしバタヤンはわかりません、マジで。
  1. 2009/02/03(火) 23:00:06 |
  2. URL |
  3. チロル #-
  4. [ 編集]

チロルさん

チロルちゃんの言ってた『変な音』って、キーキーとかギシギシとかなのかな?
僕のは『余計な音』って言った方が正確だったかもね。

>>名曲探偵アマデウス
あまりにNHK的なネーミングで笑っちゃった。
でも番組は見てみたいな。
僕も今度見てみようかな。

バタヤンこと田端義夫の写真は、以前の日記に載せてあるよ。
顔は似てないけど。
http://chehnm992.blog51.fc2.com/blog-entry-111.html
実は僕もあまり知らないの。
名前と噂くらいなら聞いた事ある、って程度だよ。
  1. 2009/02/03(火) 23:24:28 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

私の変な音は、「キョンエー」とか「クウェ」ってなるの。
弦と弓の角度の問題なのか・・・
特に今の弦がひどいです。

番組の正式名称はなんと!クラシックミステリー名曲探偵アマデウスです。
前半は、コミカルなドラマ仕立てで曲からいろいろ推理していくんです。
要所要所に、音大の教授や演奏家が出てきて説明もあり。
ナカナカ、素人には楽しい番組ですよ。
最後は、演奏が聴けます。
詳しい曜日は、NHK番組表をご覧下さいまし(笑)
バタヤン、時々話題に出てますね(^_^;)
確認しときま~す
  1. 2009/02/03(火) 23:37:20 |
  2. URL |
  3. チロル #-
  4. [ 編集]

 いよいよドッペルかぁ
結局私は全然進んでないわ^^;

先生と合奏やとたしかに微妙かもしれないけど、リズムキープしてくれるから弾き易くていいかも?
落ちても戻りやすそうやし^^

それにしてももうすぐ三巻終わるんやね
月日の流れるのは早いもので(。・ロ・。)
マリさんまだ1巻終わってないけど(笑)

チロルちゃんの「キョンエー」とか「クウェ」って音が裏返ってるって事?
オブリガートに変えてからそれに悩まされてますわ。 
  1. 2009/02/04(水) 17:38:35 |
  2. URL |
  3. のみや #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

チロルさん

>>私の変な音は、「キョンエー」とか「クウェ」ってなるの。
そりゃまた個性的な音だね(笑)
僕も今のタラリーロに換えてから、なぜかA線が裏返る(?)事が多くなったよ。
弦の種類によって、どこが裏返りやすいとか、色々あるみたいだね。
なんとなく、こうすると裏返りやすい、っていう傾向はあるような気がするけど、やっぱりよくわからないよ。
少なくとも、先生に弾いてもらった時は、全然裏返らなかった。

名曲探偵アマデウス、次回放送は2月7日だね。
見てみるよ。
ありがとう!
NHKはたまに面白い番組やってるから、油断出来ないね。
  1. 2009/02/04(水) 20:33:39 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

のみやさん

>>いよいよドッペルかぁ
いよいよって、まだまだだっつーの!
発表会11月だよ?
僕のキャリア1年で、本番までほぼ1年だから、これはもう立派な妄想だよ。
ドッペルどころか、ザイツや2ポジ3ポジにヒーヒー言ってるかもしれないし。

>>先生と合奏やとたしかに微妙かもしれないけど、リズムキープしてくれるから弾き易くていいかも?
>>落ちても戻りやすそうやし^^
その辺も、やっぱり僕にとってはマイナス材料でしかないんだよね。
『実りのないいい演奏』より、『実りのあるボロボロの演奏』の方がいいからさ。
進みが速いのは、中身が薄い証拠だよ。
でもそれでいいの、壁に当たるまで突っ走っちゃうよ。

オブリガートも裏返りやすいんだね。
僕のテジナーニャもなんだよね。
テジナーニャはオブリガートの廉価版だからかな?
弦は難しいね。
  1. 2009/02/04(水) 20:46:20 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

ドッペルですか~
私は、レッスンを受けた期間が短かったので、ドッペルは教えを受けてなかったんですよね。だから、ドッペルという曲の存在を随分長い間知りませんでした(>_<)
だから、思い入れのない分ドッペルの良さはそれほど感じないんすよねぇ バッハのメカニカルに構築していく曲想そのものが、演歌的素養しかない私にとって苦手なんすけど。。。ドッペル、できれば避けて通りたい曲です(笑)
  1. 2009/02/04(水) 22:44:17 |
  2. URL |
  3. フリッツ #qhByB3uI
  4. [ 編集]

フリッツさん

僕はなぜか、バッハのバイオリン協奏曲の中では、ドッペルが一番好きなんですよ。
バイオリンを始める前からなので、難易度とかは全然考えていなかったのに。
チェンバロ伴奏付きのソナタとかもいいんですけど、思い入れは少ないかなぁ。

確かにバッハは演歌的要素に乏しいかもしれませんね。
演歌というと、どうしてもロマン派以降になってしまうかな。

話がそれますが、本物の演歌にバイオリンはよく合うと思います。
もっとバイオリンと歌が絡む演歌を作ればいいのになぁ、って思いませんか?
ギターより簡単に“泣かる”節が作れるのに。
  1. 2009/02/04(水) 23:27:00 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

バイオリンと演歌は良く合いますよ!
以前行った演歌のコンサートにもバイオリンの生演奏ありましたよ~!  


>関係ない弦を弾かないようにする

これって 当たり前の事なのに 難しいですよね。
移弦が激しくなってきて(私レベル) もう違う弦がならない事は無い e-263
角度に注意したら良いだけ! 良いだけなのに
出来ない~v-406
でも 深刻に悩まずその内慣れでなおるかなって。
ま、 甘いかな ^ ^ ;  やっぱり。
  1. 2009/02/05(木) 01:36:06 |
  2. URL |
  3. くらら #-
  4. [ 編集]

「ピロリーロ」もひっくり返りやすいんだね。
私もなぜか、DとA線が「キョンエー」です(笑)
なぞの弦です。
  1. 2009/02/05(木) 12:08:36 |
  2. URL |
  3. チロル #-
  4. [ 編集]

>バイオリンと演歌は良く合いますよ!

バイオリン、演歌で検索していたら、こんなブログに行き当たりました。
http://blogs.yahoo.co.jp/teds3d
そもそも、演歌の草創期のころは、バイオリンを弾きながら演歌を歌う「演歌師」がいたようですね~
いや~知らないことって沢山ありますね。
カルテットの本番で古賀メロディーの「悲しい酒」「湯の町エレジー」「三百六十五夜」を弾いたことがあります。
俺、こっちの方へ方向転換しようかな。。。(笑)
  1. 2009/02/05(木) 21:35:34 |
  2. URL |
  3. フリッツ #qhByB3uI
  4. [ 編集]

くららさん

くららさんは、クラシックから演歌まで幅広くきくんだね。
バイオリンが演歌に合うって、やっぱりみんなが思ってる事なんだね。
コブシで泣ける歌をバイオリンに歌わせられたら、カッコイイだろうな。

違う弦を弾いちゃうのは、僕もそのうち慣れてくれば直るかな、って思ってるんだけど、どうなんだろう。
当然、自然に慣れるまで待つより、キッチリ練習して矯正する方が、早くよくなるんだろうなぁ。
基本が大事だって事だね。
  1. 2009/02/05(木) 23:05:41 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

チロルさん

>>「ピロリーロ」もひっくり返りやすいんだね。
それすらもよくわからないんだよ。
先生に弾いてもらった時は、全然ひっくり返らなかったからさ。
弦じゃなくて、僕に問題があるのはほぼ確実。
でも、僕でもひっくり返らない弦があったら教えて!
  1. 2009/02/05(木) 23:08:05 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

フリッツさん

これまた凄いブログですね。
帝大生ゆめじさんと言う方のようですが、芸人さんか何かでしょうか。
まさか本物の現役帝大生ではないと思いますが。
(そもそも帝大がもうないわけですけど・・・)

なんか物凄く興味ありますよ。
ぜひ一度きいてみたいなと思いますが、活動予定の部分が古い!
こういうのって、寄席や祭りに行けばやってるのかなぁ。

フリッツさんは、クラシックと演歌の両方を極めて下さい!
僕も演歌弾けるように、(もう少し基本が出来るようになったら)練習してみます。
バッハと古賀政男の連続演奏会とかやりたいですね!
  1. 2009/02/05(木) 23:23:45 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

テジナーニャ?

>テジナーニャ
ナニ、それ~(笑) 
謎のロシア弦ってカンジですよぉv-8

ああ、ドッペルはあんまり考えてないんですねぇー
そうねー 発表会だからやっぱり独奏がいいかも、ですよね^^

弦のひっくり返りやすさかあ・・
前に、ウチのブログに来て下さってたヴァイオリンの先生が
ちゃんとした角度で、しっかり腕の重みをのせてスタート出来ていないから
ひっくり返る、って言ってたような気が?
でも曲の中で、常にそういう状態で弾けるとは限らないからー(-o-;

インフェルド赤のE線は、かなりひっくり返りやすいように思いますよぉv-359

私は、ヒヤビーロのE線の音、
ドッペル弾いててイヤになってきて替えたんですけどね。
(ブログにも書いたけど・・「短い間だったけど」)
音って、個人の好みによるところが大きいですよねぇ~
  1. 2009/02/06(金) 11:22:15 |
  2. URL |
  3. フルフル #2lSiax.U
  4. [ 編集]

フルフルさん

えぇ、テジナーニャ知らないんですか?
子供の兄弟で、やたらぎこちない手品師ですよ。
ネタを披露した後、「テジナーニャ!」って掛け声を上げるんです。
まあ、僕もこのくらいしか知りませんけど。
なんにしても、バイオリンとは一切関係ありません。

>>ドッペルはあんまり考えてないんですねぇー
いやいや、そんな事はないんですよ。
ドッペル弾きたくて仕方がないんですけど、相手が先生ですからねぇ。
絶対に頼っちゃいますから、やや反則気味なんですよね。
究極の選択、悩ましい限りです。
フルフルさんに教えていただいたドッペル秘話(?)、とっても参考になりましたよ。

弦って、あまりこだわらずにドミナントを半年毎に交換するのが、一番幸せなのかもしれませんね。
色々試すと、ドツボにはまりそうな予感がします。
インフェルト赤のE線はひっくり返りやすいんですか?
インフェルトはそのうち試してみたかったので、憶えておきます。
ヒヤビーロのE線、そんなにイヤな音ですか?
僕はあまり気にならないけど。
それよりも、G線3ポジの音がイヤです。
なんか、口を手でふさぎながら話してるような音なんですよ。
D・A・E線は悪くないと思います。
ほんと、弦の感想は個人によって全然違うんですね。
オドロキです。
  1. 2009/02/06(金) 22:25:13 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

え?もうドッペル?

ついこのあいだ4巻突入ですよね。
それでドッペルまでいったんですか?
すごい!
catmouseは昨年の5月ごろ、おにぎりさんからドッペルの話をきいて音取りをはじめ、いまだにドッペルをやっていて、しかもつっかえます。
11月の弦楽器フェアまでに完璧に弾けるようになるか!?ということでがんばります。
  1. 2009/03/07(土) 07:08:24 |
  2. URL |
  3. catmouse #C5ArX1uw
  4. [ 編集]

catmouseさん

いえいえ、ドッペルなんてまだまだ先の話ですよ。
今4巻最初の曲をやっている所ですから、ドッペルやるのはいつになるかわかりません。
ちょっと妄想しすぎたからか、誤解されちゃってるみたいですけど、11月までに弾ければいいなぁ、って思ってます。
でも、先生は懐疑的みたいですけどね。
弦楽器フェアで弾くくらいなら、多分何とかなると思いますよ。
問題は発表会レベルに持って行けるかどうか。
キビシイ道のりです。
  1. 2009/03/08(日) 22:54:33 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chehnm992.blog51.fc2.com/tb.php/131-c47772ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。