QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レッスン0

2007年12月30日(日)

今日は個人レッスンの無料体験に行って来た。教わった内容を列挙する。

・楽器の持ち方
・弓の持ち方
・キラキラ星

その他弓の張り方等、細かい事も色々教えてもらったが、既に知っている事ばかりだったため詳しくは省略。弓の毛の表側は触らず、裏側を小指でなぞって張り具合を確認する、と言うのが新しく知った情報。
では上記3つをまとめる。

楽器の持ち方
(1)左手で楽器のネック根元を持ち、かかとを付けて直立する。
(2)左足を軽く(半歩~一歩くらい?)斜め前に出す。
(3)楽器を持った左手を、左足と同じ方向に出す。
(4)左手を回し、楽器を180度上下逆さに回転させる。
(5)そのまま肘を曲げ、楽器を肩に乗せる。
(6)顎を顎当てに乗せる。
以上。
いやはや先生は凄かった。これまでの自己流だと、楽器を顎で押さえ付けなければ手を離せなかったのだが、この方法だと顎を軽く添えるだけでも楽器が安定するのだ。やはり正しいフォームはしっかり学ばなければならない。ちなみにこのフォームの利点はそれだけではなく、左の指でしっかり弦を押さえられるようにもなるのだ!(当たり前か?)

弓の持ち方
(1)親指は毛の根元、フロッグの裏側金属部分に、第一関節を曲げて爪を立てるくらい。
(2)薬指はフロッグの丸印に、中指は薬指の隣に。
(3)小指は弓の真上から軽く当てるだけ。
(4)人差し指は・・・よく覚えていない。普通に添える感じか?
最初この持ち方は相当不自然に感じたが、先生に何度か矯正されてから多少まともに扱えるようになった。が、帰宅後確認した所、上手く行かない。手元の本(“ヴァイオリン各駅停車”)によると、親指は竿の根元、グリップに爪を立てるくらいと書かれており、事実先生もこの持ち方をしていると言っていた。しかし金属部分に当てる持ち方の方が演奏しやすいため、生徒にはこちらを教えているそうだ。なぜ先生は演奏しづらい持ち方を採用しているのか、この2種が具体的にどう違うのか、次回必ず聞かなければ。少なくとも“演奏しやすい”持ち方は、覚えるのが難しい。

キラキラ星
開放弦と移弦の練習を軽くやり、最後はキラキラ星に。最初からいきなり曲を弾くとは思わなかった。ここまでの自分が優秀だったからか、生徒を飽きさせないための工夫か。そう言えば俺はまだ体験レッスンの段階なのだ。このくらいの“サービス”はあるのかもしれない。
A・E線のみ使って弾き易いように移調してあった(ドドソソララソ→ララミミ#ファ#ファミ)。スズキメソッドの最初に出てくる曲なんだとか。今日の午前中に爪を切っておいたのだが、それでもまだ長かったようだ。基本的に指はなるべく立てるべきで、爪が長いとしっかり押さえられない。実際、指で押さえた時の音は開放弦と比較し、(共鳴を差し引いて考えたとしても)明らかに曇ったようなくすんだ音しか出なかった。これ程単純な曲であったにも関わらず、右手を意識すると左手が、左手を意識すると右手がおかしくなる。しかも人前で弾くという事で、少しばかり緊張してしまった。まあそれは悪い事ではないかもしれない。レッスンにある程度の緊張感は必要だ。

レッスンの印象をまとめると、先生は適度に厳しそうで、費用はそれ程高くない。自宅から少々遠いのが唯一の欠点であるが、それ以外はほぼ自分の理想に近く、これ以上はなかなか望めないのではないか。ここで決めてしまおう。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/01/01(火) 00:00:12|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<かすれ | ホーム | うなり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chehnm992.blog51.fc2.com/tb.php/12-6d4fe902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。