QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寺神戸 亮 2DAYS

寺神戸 亮 2DAYS
ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ
J.S.BACH 無伴奏チェロ組曲

● 演奏予定曲 ●

< 12月6日(土)>
第1番 ト長調 BWV1007
第3番 ハ長調 BWV1009
第5番 ハ短調 BWV1011

< 12月7日(日)>
第2番 二短調 BWV1008
第4番 変ホ長調 BWV1010
第6番 二長調 BWV1012

※ 演奏曲目は予告なく変更となる場合があります
(↑こんな事書いてるけど、この曲目では変えようがないでしょ)


行ってまいりました、寺神戸 亮によるバッハの無伴奏チェロ組曲全曲演奏会!
当然2日連続です。
寺神戸 亮
バタヤン
寺神戸 亮は僕の大好きなバイオリニストで、ピリオド楽器のスペシャリスト。ピリオド楽器とは何かと言いますと・・・うーん、面倒なのでこちらで調べて下さい(投げやり)。
で、なぜバイオリニストがチェロ組曲?って思った方、鋭いです! 実はヴィオロンチェロ・ダ・スパッラという、今は使われなくなった楽器を復元して行われた、非常に特殊なコンサートなんです。

ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラの詳しい解説はこちらで。
寺神戸 亮本人による演奏と解説映像はこちら

演奏をきいて思った事を挙げてみます。


・各曲、音を出す直前に、出だしの押さえを指板に当てて確認していました。普通のバイオリンやビオラよりも大きな楽器なので、恐らく音を間違えないように入念に確認していたのでしょう。

・繰り返しの2回目に限らず、全体的に装飾音が多く、より即興的な感じで弾いていました。ライブだからなのか、よくわかりませんが、こんなに装飾の多い演奏は初めてききました。なかなかスリリングでよかったです。

・普通のチェロより小さいからか、ちょっと軽い音でした。でも、これはこれで魅力的な音だと思います。

・5弦を指定されている6番に限らず、全ての曲で5弦の楽器を使っていました。そのおかげか、楽器がやたら共鳴していました。

・ほとんど全ての楽章で、楽器がまだ響いているうちから、もう次の楽章の準備(調弦・譜めくり)をしていました。バロック期にはこれが普通だったのか、僕は不勉強なので知りませんが、今回の演奏会で唯一気に入らなかった部分です。ホールの残響は仕方ないとしても、せめて開放弦の共鳴は止めてからにしてほしかったかな。

・アンコールは2日とも無伴奏フルートのためのパルティータでした(1日目サラバンド、2日目ブーレ)。チェロ用に5度下げて弾いてましたが、5弦の楽器なんだから、原曲の調でも弾けるんじゃないかなぁ、なんて思ったり思わなかったり。

・ホールは小さくて、なかなかいい雰囲気の所でした。しかしまあ、寒いの何の! 客は我慢すればいいだけですが、演奏者は大変でしょう。寒くて指が動かなくなったりしたら、洒落になりません。何とかして下さい。


ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラを実演できいたのは、当然ながら初めてです。見た目のインパクトが大きくて、最初のうちは違和感がありました。
古楽器は現代の楽器に比べ、大きな音が出せないと言われています。それは事実なのですが、より小さな音が出せるため、音量の差は大きく、したがって現代楽器よりも表現力は多彩なのです。
それにしても、かすれやざらつき、音のひっくり返りが、なぜこれ程魅力的にきこえるのでしょうか。楽器の魅力なのか、奏者の技術なのか、それともその両方?


演奏会の後は、お約束のサイン会です。1日目はCDを持って行くのを忘れていました。会場でも売っていたのですが、僕は寺神戸 亮の主要なCDは大体持っているんです。今更買う物なんてありません。というわけで、2日目に持参したCDにサインしてもらいました。
寺神戸 亮 サイン
凝っているのか、手抜きなのか、それともその両方?

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/07(日) 23:18:51|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<弦楽器クリニックと弓特別調整会 | ホーム | 発表会相場>>

コメント

お!ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラだ。
ヴィオロンチェロの音、いいよね。

2日とも行ったんですね。
こうちゃんと一緒にコンサートに行く日も近いのか!
その時はよろしくね!!
  1. 2008/12/08(月) 00:29:46 |
  2. URL |
  3. くま #D1Iq.76s
  4. [ 編集]

こんな楽器があると初めて知りました。
cheさんがリンクしてくださったHPからデモの演奏を聴きました。とても素敵な音色ですね。こんな風に構えるなんて、デモを見るまで想像できませんでした!

>>こうちゃんと一緒にコンサートに行く日も近いのか! その時はよろしくね!!
 ↓
時々は、素人ゆいも混ぜてくださいね。隣で静かに聴いてますから~
  1. 2008/12/08(月) 21:42:52 |
  2. URL |
  3. ゆい #BWyYLYpg
  4. [ 編集]

くまさん

もちろん、2日とも行って来たよ。
演奏もホールもよかったよ。

くまたんと一緒に行ける日は近い。
阿鼻叫喚のゲロゲロ現代音楽に、君は耐えられるか?!
九州帰りたい、って泣いちゃダメだよ。
  1. 2008/12/08(月) 22:59:53 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

ゆいさん

この楽器が復元されたのはここ数年の事らしいので、知らなくても当然ですよ。
僕も実物見たのは初めてでした。
楽器の構え方が強烈で、思わず笑っちゃいそうになるんだけど、大真面目にやってるんですよね。

>>時々は、素人ゆいも混ぜてくださいね。隣で静かに聴いてますから~
僕もくまたんも素人ですから。
ぜひ3人で行きましょう!
  1. 2008/12/08(月) 23:06:41 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

おもしろーい楽器だね。

古楽器ってチューニングが大変なのか、フィドルのライブでもしょっちゅうチューニングされてました。

音色がなんとも言えず心地いいなぁ~♪
  1. 2008/12/09(火) 23:20:52 |
  2. URL |
  3. チロル #-
  4. [ 編集]

チロルさん

ねね、面白いでしょ。
ガット弦はチューニングが安定しないらしいよ。
僕らの持ってる楽器にガット弦を張れば、それだけでも古楽器の雰囲気は楽しめるのかもしれないね。
最近、ガット弦も悪くないかな、なんて思い出してるんだよ。
2~3年後には張ってみようかな。
  1. 2008/12/10(水) 21:07:03 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

おもしろいですね~。小さいのに低い音が出て。
あと、やっぱり構え方に驚きました。ストラップを使うんですね。ギターみたい。

あ、そうそう。今日楽器屋さんに行ってマンドリン見てきました。弦の並びを見て、2つの弦を一度に弾くっていうのがよくわかりました♪
  1. 2008/12/10(水) 23:37:09 |
  2. URL |
  3. るぅ #4SZw2tfw
  4. [ 編集]

るぅさん

面白いでしょ?
流しのギターみたいで、田端義夫かと思うくらいです。
http://jp.youtube.com/watch?v=POTqBfbIwzk
実は最初の曲で、あのストラップがとれちゃったんですよ。
おかげで1曲弾き直し、ちょっとだけ得しました。

マンドリン見ましたか。
せっかくだから、次は試奏させてもらって下さい。
バイオリンとは違って、なかなか素朴な魅力のある楽器だと思います。
  1. 2008/12/11(木) 20:57:55 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

同じく、同じく
初めて知りました~
田端義男さんのように弾くのかぁ
これでイメージ掴めるって、年齢バレバレ
かすれたり、裏がえったりが魅力的な楽器、是非生演奏を聴いてみたいですね!
  1. 2008/12/12(金) 06:35:12 |
  2. URL |
  3. そら #-
  4. [ 編集]

おぉなんだかすごく弾くの大変そうな楽器だね
おもしろい!たしかにギターっぽいねw
  1. 2008/12/12(金) 12:42:12 |
  2. URL |
  3. kazu #-
  4. [ 編集]

そらさん

バタヤン誕生の秘密は、ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラにあったのかもしれませんね。
それにしても、そんな昔から古楽奏法を取り入れていたバタヤン、なんて鋭い先見の明でしょうか!
  1. 2008/12/14(日) 00:11:14 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

kazuさん

ねね?、笑っちゃうでしょ?
でも大マジメでやってるんだけどさ。
もしかして、こっちがバタヤンに影響された、とかって事はないのかな?
  1. 2008/12/14(日) 00:14:25 |
  2. URL |
  3. che #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chehnm992.blog51.fc2.com/tb.php/111-628fe0da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。