QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初めての一人カラオケ

2007年12月23日(日)

午前中は、一人で近所のカラオケボックスへ行って来た。入会金込みで \750/1h。次回からは \540/1h、\700/2h。思った程安くなかった。ワンドリンク強制(\380)が大きい。まあ、思いっきり大きな音で弾けるし、環境としては悪くなかったので、これは仕方がないか。
今日の課題を事前に考えておいた。
・調弦
・開放弦の音
の2点だ。当面左手は考えない事にする。鏡で見て構え方は良さそうだったので、とりあえず今回は見送り。

まずは調弦である。チューナーで調べた所、G・D・E線は大体合っていたのでそのまま、A線のみ調整した。重音で弾いてみると微妙に狂っているのだが、確実に合わせる自信がないので今回はガマンした。これではイカンのだが・・・。そもそも何のための課題か。

そして開放弦。この課題には右手と弓の使い方全般が含まれている。開放弦の音を確実に出せるようにするつもりだったのだが、やってみて気付いた事であるが、“確実に”と言うのは当然ながら無理である。今の自分には、いい音を出すコツすらわからない。今まで楽器屋で試奏した時、それなりの音が出せていたと思ったのは、間違いであった。それがわかっただけでも大きな進歩か。
文章にするのは難しいが、弦をしっかり振動させる事がなかなか出来ない。弓の引き始めには、あまり弦が振動してくれないのだ。恐らく、力の入れ具合と弓を引くスピードのバランスの問題なのだろう。弦が大きく振動した時は、楽器全体から音が出て来る。逆にきちんと弦を振動させないと、弦やf字孔の辺りからしか音が出ず、その結果かすれた音が目立つようになる。これはこれで“効果”として使えば面白いとは思うが、今はきれいな音のみを追及するべきであろう。G・D線だとこの違いがよくわかるが、A・E線はわかりづらい。こういった事は多少のコツをつかんだ後、練習を重ねて慣れるしかないのだろうが、今はどうすればいい音を出せるのか(=弦を大きく振動させられるのか)全くわからない。
試しに弱音器(消音器?)を使ってみた。かなり音量は小さくなるが、家で弾くにはまだまだ大きすぎる。やはりゴムではなく、金属製にしておくべきだったかもしれない。

少しだけスケールの練習もやったが、正確な音程を出せない。自分の感覚で押さえても、思った音が出ないのだ。もっとも、10年以上使っていなかった感覚であるから、錆び付いてしまったのも当然であろう。ただし、押さえる場所によっては腕が非常に苦しくなるのは良くない。左手親指の位置が高過ぎるのが原因なのではないか。もっとネックの下側、と言うか裏側から支えるようにするのが正解なのかもしれない。後で確認してみよう。

今日は1時間だったが、あっと言う間に終ってしまった。これなら2時間位は飽きずに続けられそうだ。ただし、先生に教わる前からやり過ぎてしまうと変な癖が付く可能性があるため、程々にしておくべきかもしれない。久し振りだったが、楽器を弾くのは面白い。そしてバイオリンの奥深さも(少しだけ)わかった。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/01/01(火) 00:00:10|
  2. 自主練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<うなり | ホーム | 初塗り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chehnm992.blog51.fc2.com/tb.php/11-edfb9424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。