QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レッスン89

(1)小野アンナ p.10 The Change of Position
(2)カイザー14番
(3)鈴木5巻4番 カントリーダンス(ウェバー)2回目


(1)小野アンナ p.10 The Change of Position


(2)カイザー14番


(3)鈴木5巻4番 カントリーダンス(ウェバー)2回目
鈴木5-4 カントリーダンス



略、略、略って、ヤル気無さ過ぎだろ!


カイザー14番とカントリーダンス、どちらも意外と難しくて、なかなか『弾いてる感』が得られません。
無理矢理弾かされてる感覚、とでも言うのでしょうか。
カントリーダンスは、うまく弾ければとっても楽しい曲なんだと思うけど、まだまだ練習時間が足りませんね。
でも今回で終わり。
次回はヘンデルのソナタ、どれでもいいから好きな曲をやって来い、との事。
それはなぜか、と言うと、もちろん発表会でやる曲だからです。

鈴木教本にはヘンデルのソナタが3曲載っています。
6巻の2番目にヘ長調、5番目にニ長調、7巻の4番目にイ長調。
どれも似たような曲で、正直言ってどれをやるべきか、悩ましいです。
僕の好みは、僅差で イ長調≧ニ長調≧ヘ長調 って感じ。
難易度はパッと見た感じ、明らかにヘ長調が簡単そう、他の2曲はちょっと難しそうな感じ。
僕には『難易度では選ばない』という選曲のポリシーがあるのですが、そうは言えども、7巻の曲をやるのには抵抗があるため、今回はイ長調はパス。
ヘ長調はちょっと簡単過ぎかな、と早くも狸の皮を数えております。
一方のニ長調はちょっと難しそうで、理想はこの2曲の中間くらい?


これがヘ長調。
handel Violin sonata F-major HWV370 1 Adagio


こっちがニ長調。
Handel Violin Sonata No.4 The 1st and the 2nd movement


今の所、7対3でヘ長調が有利です。
さて、どうなる事やら。
スポンサーサイト

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/22(日) 23:59:59|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ありがとう オブリガート

2月末に弦をオブリガートに換えて半年近く経ち、そろそろくたびれて来たので、弦をインフェルド赤に交換しました。
で、オブリガートのインプレを書き忘れていたので、一応軽く書いておきますかね。


僕の印象としては、音色は派手でなく地味でなく、音量は大きくなく小さくなく、寿命は長くなく短くなく、って感じかな。
トータルとしては、悪くなく、かと言って取り立てて良くもなく、全てにおいて中庸な感じでした。
世間一般では、深みのある音色、などと言われていますが、エヴァやドミナントに比べて、オブリガートが特に“深い”音とは思えません。
音の質が違うのは間違いありませんが、好みの範囲でしょう。
ガット弦のような音、と形容される事もありますが、これもウソですね。
どう考えてもナイロン弦の音です。

と、なんか悪口ばかり書いているようですが、トータルで考えると、どちらかといえば僕は好きなタイプの弦です。
値段は高いけど、寿命はドミナントよりずっと長く使えるので、コストパフォーマンスは意外と悪くないし。
エヴァやドミナントは派手過ぎて嫌、という人にはオススメ出来ます。

そうそう、世間一般の評価として、ヴィオリーノは廉価版オブリガート、などと言われていますが、間違いなくこれは大嘘です。
ヴィオリーノは超地味な音ですが、オブリガートは全然地味じゃないですから。
オブリガート(定価約1.7万円)が高いので、安いヴィオリーノ(定価約1万円)を買うなんて、愚かな選択だと言わざるを得ません。


なんか偉そうな事書いてますが、僕は『違いのわからない男』ですから。
眉に唾付けながら読んで下さい。
くれぐれもこの評価を鵜呑みにしないように!

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/15(日) 18:09:43|
  2. 楽器・弓・小物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

何にしようかな

初心者サイクリストのブログへようこそ!

連休中、ここまでは毎日自転車トレーニングを欠かせていません。
午前中に2時間のトレーニングと、撮り貯めたビデオ(F1、motoGP、ハーバード白熱教室、スーパーピアノレッスン、名曲探偵アマデウス、その他沢山!)を見て、午後はカラオケでバイオリンの練習、という毎日を送っております。
しかしですね、午前中にほぼ全ての体力を使ってしまうため、午後のカラオケ練習がキツイです。
とうか、練習になってません。
これじゃイカン!
自転車が先だからダメなんだから、カラオケを先にやっちまえばいいんじゃね?
と、コペルニクス的発想により、今日はカラオケ練習を先にやってみました。
体力があるから、バイオリン練習も集中出来ます!
俺チョー頭よくね?
3時間の練習を終え、意気揚々とカラオケを出ると、凄い勢いで雨が・・・


発表会の曲を何にしようか、本気で考え中です。
バッハのコンチェルト1番1楽章にしようかと思っていたのですが、これはちょっと難しそうです。
鈴木教本7巻に載っているのですが、もうすぐ5巻終了の僕にとっては、『1.5冊飛ばし』の荒業です。
う~ん、この曲は来年かな?
代わりといってはなんですが、ヘンデルのソナタが意外といい曲なので、これでもいいかな、と思い始めています。
バイオリニストになってからすぐ、将来のためにと買っておいたマンゼと寺神戸亮のCD、最近きいていなかったのですが、改めてきき直してみましたよ。
とりあえず、鈴木教本の6・7巻を買って来たので、その中から決める予定です。

去年の日記を確認してみたら、8月23日頃に選曲を決定していたみたい(実際はもっと前だったんだけどね)。
という事は、実はまだ余裕ある?!

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/12(木) 21:45:55|
  2. 妄想(イメージトレーニング)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

レッスン88

(1)小野アンナ p.10 The Change of Position
(2)カイザー14番
(3)鈴木5巻4番 カントリーダンス(ウェバー)1回目


(1)小野アンナ p.10 The Change of Position
このシリーズは、指盤上の距離を覚えるための練習。
曲の中で実用するわけではない。

(2)カイザー14番


(3)鈴木5巻4番 カントリーダンス(ウェバー)1回目
・全体的に、先弓で弾く

・全体的に、ボウイングはオーバー気味にやった方がよい。
メリハリが出せる。

・アップボウスタッカートの前は、しっかり先弓まで戻す

・4段目のアップボウスタッカートは、弓を使い過ぎないようにする
半分~3/4くらいのつもりで。
元弓はひっかかりが悪い(?)ため、なるべくなら使いたくない。

・4段目 16分音符+付点8分音符の連続
1拍目のダウンは弓を大きく、2・3拍目のアップは少なく。


今年はお盆休みが取れたぜ!
昨日から9連休です。
で、最近サボリ気味だった自転車トレーニングを再開しました。
朝2時間ほど走ってから一日がスタートするのです。
なんてさわやかなんでしょう!・・・と思うかもしれませんが、意外とそうでもありません。
ヘトヘトになってグッタリしてしまうので、午後からのカラオケバイオリンに支障をきたしております。
明日からは、ちょっと距離を減らそうかな。


今日のレッスン前、Oさんのレッスンをちょっとだけきいておりましたが・・・

先生「発表会で弾く曲はもう決めましたか?」
Oさん「まだ決めてないんですよ」
僕「へぇ、Oさんはどこかで発表会なんてやるんですか? いいですね」
先生「何言ってるの? cheさんもやるんだからね」



へ?



僕「・・・は? そ、そんなの今初めて聞いたんだけど」
先生「そりゃそうでしょ。今初めて言ったんだから」



この人何言ってんの?
誰か、僕に説明して下さい。



先生「11月だから。そろそろ決めないとね」



あはは
意味不明だよ


あはは

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/08(日) 22:14:15|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

モオツァルト

「モーツァルトは、子供が弾くには易しすぎ、大人が弾くには難しすぎる」
よく聞く言葉ですね。
ここでこの言葉を取り上げたのは、ちょうど今読んでいる本に載っていたからです。

『之を楽しむ者に如かず』吉田 秀和 (著)

吉田秀和は、唯一読むに値する誠実な正統派音楽批評家だと思います。
(異端の批評家なら、面白い人は少なくありませんが)

で、この本にどんな事が書いていたのかというと、なんと昔は
「モーツァルトは、大人が弾くには易しすぎ、子供が弾くには難しすぎる」
と言われていたのだそうです。
先の言葉と全く逆ではありませんか!
今こんな事を言うと、顔を真っ赤にして怒り出す人も多そうです。
間違っても、バイオリンの先生の前でこんな事は言わないように。


どちらの言葉も、ある意味での真実を語っていると思います。
モーツァルトは神聖にして侵してはならない存在なのか、それとも子供の練習曲作家なのか。
どうでもいい話ですね。

ただ、鈴木教本の9・10巻はそれぞれ、丸ごとモーツァルトのバイオリン協奏曲第5・4番が取り上げられています。
これは『子供が弾くには易しすぎ』る例ですね。
そして同じ曲が、世界中の主要な音楽コンクールの課題曲としても取り上げられています。
『大人が弾くには難しすぎる』の例でしょう。
面白いですね。


子供が弾くには易しすぎる例、かな?
カイナ バイオリン発表会 2010 1/2



大人が弾くには難しすぎる例?
2009 | Ray Chen | Mozart Violin Concerto # 4 in D : 1st Mvt | Queen Elisabeth Violin Competition



これは何なの?
Mozart: Violin Concerto No. 4, Mvmt. 1 - Vengerov, VFCO



じゃあこれは?
Mozart Violin Concerto #5



わかんなくなって来ました
Ray Plays Mozart Violin Concerto No.3 in G Major K216 (Cadenza by Sam Franko)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/07(土) 23:20:48|
  2. 作曲家・演奏家・楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

レッスン87

(1)小野アンナ p.10 The Change of Position
(2)カイザー14番
(3)鈴木5巻7番「二つのバイオリンのための協奏曲」第1楽章 第1バイオリン(バッハ)3回目


(1)小野アンナ p.10 The Change of Position



(2)カイザー14番
ラのハーモニクス(A線)は、3ポジの位置で小指を伸ばして音を取る。


(3)鈴木5巻7番「二つのバイオリンのための協奏曲」第1楽章 第1バイオリン(バッハ)3回目
先週のレッスンで習った事について。

先週のレッスンの内容については、後日まとめたいと思っています。
そのうち、きっと、たぶん・・・


沢尻エリカ、離婚したらしいですね。
関係ないけど。

今日のレッスンの話題は、なんといっても先週の事についてです。
エリカ先生は興味津々だったようで、今日は色々質問攻めでした。
「緊張した?」とか、「○○はどうだった?」とか・・・
まあ気持ちはよくわかりますが、おかげでレッスン時間は大幅減でした。
う~ん、どうなんでしょうね。
僕の前の人はお休みだったみたいなので、だったら電話かメールでもくれれば、早めに行って報告したのになぁ。
まあ、たまにだからいいんだけどね。


昨日の事ですが、友達とギーロッポンに映画を見に行きました。
ヒルズとか出来てから、ギーロッポンで遊ぶのは初めてかも。
僕の中では、ギーロッポンは悪いチャンネーやチャンニー、ジンガイのいる街、ってイメージです。

朝10時開始の、その日の一本目狙いです。
映画館についたのが9時50分くらいでしたが、驚くべき事に既にチケット完売!
朝一が完売って、ぶっちゃけありえねぇ~!
公開初日でも話題の超大作でもないし、出演者の舞台挨拶とかもないのに。
あまりに予想外だったため、とりあえず喫茶店で作戦会議。
結局、渋谷で別の映画を見る事に。

『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』

まあ面白いといえば面白い映画でしたが、ちょっと難解過ぎましたね。
映画マニアの友人もよくわからなかったようで、とりあえずこういう意味だったんじゃないの?、と解釈しておきました。

映画の後、偶然通りかかった靴屋で、リニューアルセール(?)を発見。
全品2割引に惹かれ、思わずダナーのブーツを買っちまったぜ。
実は先週か先々週くらいに、アメ横でこれを買おうか買うまいか悩んでたんです(1割引)。
結局買わなかったんだけど、これが好判断でした。
5千円得したぜ、ベイベー。

最後は鍋物の店で、コラーゲンたっぷりのお肌ツルツル鍋を食べて〆ました。
おっさん二人で何やってんのかね。


今ふと思ったんだけど、これは既にレッスン日記じゃありませんね。
え? 何を今更?
気が付いてなかったのは僕だけですか。
こりゃまた失礼しました。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/01(日) 23:35:14|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。