QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レッスン76

(1)ホ短調音階とアルペジョ Scale and Chords of two Octavesより(小野アンナ p.15~20)
(2)カイザー10番
(3)鈴木5巻3番 協奏曲ト短調作品12-1 第2楽章(ビバルディ)2回目


(1)ホ短調音階とアルペジョ Scale and Chords of two Octavesより(小野アンナ p.15~20)
・弓は遅く
初級の段階では、弓速は遅い方がよい場合が多い。

・ハイポジよりローポジ(?)で音程が悪くなる事がある
集中して弾く5~7ポジ(?)より、気が抜けた1~3ポジの音程の方が悪くなる事がある。
常に集中する事!


(2)カイザー10番
省略


(3)鈴木5巻3番 協奏曲ト短調作品12-1 第2楽章(ビバルディ)2回目
ビバルディ g mol 2楽章
・弓の使い方に注意する
テンポが遅いので、弓が足らなくならないよう、計画的に使う事。


今日でビバルディg moll.は2回目です。
でも、もう飽きました。
というかもう耐えられん。
全身からヤル気ないオーラを漂わせた甲斐あって(?)、この曲は今回で終了です。

先生「そんなに嫌なら、次行く?」
僕「うん、行く行く!」


レッスン後は某所にて、友人U君と飲み会。
奥様が海外旅行で不在なので、久し振りに会う事にしました。
お互い何かと忙しいので、ちょうどいい機会です。
U君は結婚後ちょうど1年目の、新婚さんです。
新宿の某百貨店勤務の奥さん(いわゆるデパガですね)ですから、ラブラブファイヤーな新婚生活を送っているのかと思いきや、意外と冷静なんですよ。
今まで、ノロケ話とか一切聞いてないです。
むしろ倦怠期か、ってくらい。
今回の主な目的は、そこらへんの事情調査(?)です。
というか、そんなに大した話は聞かなかったんだけど、まあやっぱり仲は良さそうな感じでした。
照れもあるのかな。
スポンサーサイト

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2010/03/28(日) 23:59:59|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

マーラー 交響曲第2番ハ短調 「復活」

今年はショパンの生誕200年だそうで、記念コンサートも沢山あるみたい。
だけど、個人的にはシューマンを忘れてもらっちゃ困るワイ!ってなノリでございます。
(この二人、同級生なんですね)

で、今日行って来た演奏会では、珍しいショパンのピアノ三重奏曲をやってました。
なんつうか、ショパンはピアノに専念して下さい、って感じでしょうか。
メインのメンデルスゾーンのピアノ三重奏曲は素晴らしい!
いい曲+いい演奏でした。

あまり知られていないようですが、今年はマーラーの生誕150年でもあるみたいです。
僕はマーラー大好き!
今日、たまたま前を通ったラーメン屋でも、記念コンサートをやっていました。
大曲です!
マーラー復活


テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2010/03/27(土) 23:11:22|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ボキャブラ天国

バイオリニストになってからというもの、土日はカラオケ三昧なので、美術館に行く機会もめっきり少なくなってしまいました。
以前は、美術館に限らず、かなり頻繁に美術展覧会やらパフォーマンスアートやらを見に行っていたんですけどねぇ。
今の僕の休日は、ほとんどバイオリン中心に回っています。
他人から見ると、かなりストイックかもしれません。
これはこれで結構楽しんでいるので、全然問題ないんですが、今後を考えた時にはどうなんでしょうか。
数年後には、この生活が苦痛になって来て、その反動として「バイオリンやーめた!」ってならないかなぁ、って不安にならなくもないです。
そんな事を考えながら、行って参りましたボキャテンへ。


現代美術の展望「VOCA展2010 -新しい平面の作家たち-」


看板に偽りあり?
平面と言っておきながら、鉄骨(?)やら蛍光灯やらを使った作品もありましたが、まあほとんどが油彩画や写真なんかの古典的な平面作品です。
楽しかったかと問われると、そこはなかなか微妙な所であります。
多数の作家の作品が展示されているので、一人当たりの作品数は2~3点に絞られます。
断言しますが、一枚の絵だけで、素人がその価値を判断する事なんて、現代の美術では不可能です。
かと言って、これだけの規模で若手の個展を開催するなんて、それもまた不可能です。
難しい所ですね。
でも、やっぱり楽しかったかな。
天気もよかったし。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/03/22(月) 21:51:43|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

レッスン75

(1)イ短調音階とアルペジョ Scale and Chords of two Octavesより(小野アンナ p.15~20)
(2)カイザー10番
(3)鈴木5巻3番 協奏曲ト短調作品12-1 第2楽章(ビバルディ)1回目


(1)イ短調音階とアルペジョ Scale and Chords of two Octavesより(小野アンナ p.15~20)
・スケールの帰りは、7ポジ(?)から3ポジへ一気に戻る
行きと帰りで指使いが違う。
ハイポジでは、1→4や4→1のポジ移動はよくある事(らしい)。


(2)カイザー10番
・重音の響きをよくきく事


(3)鈴木5巻3番 協奏曲ト短調作品12-1 第2楽章(ビバルディ)1回目
ビバルディ g mol 2楽章
・ポジ移動が複雑な曲は、まずは1ポジで音程を確認する
毎回練習の初めに、1ポジで音程を確認してからやる。
知らない曲だし、CDきく気にもならないので、1ポジで確認するのは必須だそうな。

今日は前半(6行目)までしかやりませんでした。
例によって、最初から最後までポジ移動の嵐です。
でも、そんなに変な指示はないらしいです。
一部古臭い移動がある他は、指示通り弾くのが一番楽なんだってさ。
それにしても、イ短調といいこのト短調といい、なんで第二楽章はこんなにつまらないんだろうな。
四季はどれもいい曲なんだけど。


そうそう、音程の確認にピアノを使え、と過去に言われていましたが、ピアノを買う気が無いのなら、iPhoneのアプリを使ったらどうかと。
エリカ先生の友達は、なんかそういうのを使っているらしいです。
音程の確認にチューナーを使うのは、何もないよりはマシかもしれないけど、視覚に頼ってしまうので、やっぱりよくないみたい。
なのでiPhoneアプリの登場です。
そういえば、バイオリンアプリとかもあったような・・・
iPhoneあんまり使いこなしてないので、よくわかんねッス。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2010/03/14(日) 23:05:53|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

レッスン74

(1)ト長調音階とアルペジョ Scale and Chords of two Octavesより(小野アンナ p.15~20)
(2)カイザー10番
(3)鈴木5巻3番 協奏曲ト短調作品12-1 第1楽章(ビバルディ)5回目


(1)ト長調音階とアルペジョ Scale and Chords of two Octavesより(小野アンナ p.15~20)
・5ポジ以上に移動するの時は、親指がネックの下に行くのと手全体が移動するのは、ほぼ同時くらい

・3→6ポジ(?)移動の練習として、E線(ラシドレミファソ)を繰り返す

・ポジ移動は、早めに移動開始で、ゆっくり動く、が基本


(2)カイザー10番
・4重音のつもりで全部同時に押さえる

・現在弾いていない音は、指の力を抜く

・重音の時は、肘や手首の角度を調節する
単音の時と同じでは弾けない。

・速いテンポなら指弓で、遅いテンポなら肘の動きで移弦する

・録音をチェックし、高めに取った音、低めに取った音、を譜面に記入する
↑↓の矢印で記入するとよい。


(3)鈴木5巻3番 協奏曲ト短調作品12-1 第1楽章(ビバルディ)5回目
ビバルディ g mol 1楽章_1 ビバルディ g mol 1楽章_2 ビバルディ g mol 1楽章_3
・ビブる

・音楽的に
強拍、弱拍を意識する。


今日は開始時間を間違えて、15分早く着いてしまいました。
仕方ないから近くのコンビニで時間をつぶそうかと思っていたのですが、たまたま教室の前で先生とバッタリ会えました。
誰もいないからと、15分早めにレッスン開始してもらえましたよ。
ラッキー!
ところが、先週の演奏会の事など話していると、あっという間にレッスン開始時間を過ぎているではありませんか!
ま、人生こんなもんでしょう。

あと、関係ないけど弦換えました。
近いうちインプレ書きますね。
オブリガート

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2010/03/07(日) 23:29:38|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。