QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レッスン59

今日は大した事やってないので、特に書く事なし。
以上終わり。


・・・


と言いたい所ですが、それだと今後の進歩が見込めないので、ないなりにまとめます。


(1)鈴木4巻7番 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043 第1楽章 第2ヴァイオリン(バッハ)5回目


(1)鈴木4巻7番 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043 第1楽章 第2ヴァイオリン(バッハ)5回目
ドッペル1-2-1 ドッペル1-2-2 ドッペル1-2-3
・今後は、頭の部分でピアニストへのキューを出す
ピアニストはいないけど、息を吸って入りの合図を出す練習。

・30小節とか
裏拍での下降跳躍音型では、弓を浮かせ過ぎない。浮かせ過ぎで、弓が着地に失敗するくらいなら、最初から浮かせない方がマシ。
移弦を素早く。

・61,62小節
2ポジハ短調音階で練習する。

・75,76小節
sequence シーケンス? ゼクエンス?
一連の流れを意識する。

・全般的に
8分音符は短めに。ビブラートはかけ過ぎない事。


今週は全く練習出来ていなかったので、レッスンの内容も薄々です。
こういう事があると、色々考えますねぇ。
スポンサーサイト

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2009/09/20(日) 23:59:59|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

レッスン58

今日の一句。

ドッペルは 二人で弾くと 楽しいな


(1)D-Major,D-Dur.,ニ長調音階
(2)鈴木4巻7番 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043 第1楽章 第2ヴァイオリン(バッハ)4回目


(1)D-Major,D-Dur.,ニ長調音階



(2)鈴木4巻7番 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043 第1楽章 第2ヴァイオリン(バッハ)4回目
ドッペル1-2-1 ドッペル1-2-2 ドッペル1-2-3
・61,62小節
3ポジ3指で取る音、A線bミとE線シの音程に注意する。

全般的に
・ポジ移動の練習を徹底的にやる事
ポジ移動で楽器を揺らさない。
開放弦と合わせて音程を確認する。

・8分音符で、ボウイングが段々小さくなって来る
常に同じ量で弾くように意識する事。

・半音が甘くなりがち

・1ポジ4の音が低くなりがち

・移弦の連続では、指が指板から離れない事
ウォーキングフィンガー

・部分練習と通し練習をする
部分練習では、ゆっくりのテンポで確実に、正確な音程を心掛ける。
通し練習では、何があっても止まらない。とにかく弾き続ける。


さてさて、今日は初めてドッペルを先生と合わせました。


チョー楽しい!


家に帰って、3回連続で録音をきき直しちゃいました。
う~ん、面白い!
思わずニヤニヤしちゃうくらい。

音程の怪しい所はありましたが、とりあえず何とか止まらずに弾き通す事が出来ました。
現状、四分音符でM.M.=60だとちょっとつらくて、M.M.=50だと余裕を持って弾き通せる感じです。
一応、本番での理想は100くらい、最低ラインは80を想定しています。
本番まではあと2ヶ月半ありますので、最低ラインクリアはほぼ間違いないでしょう。
問題は、どこまで正確な音程で弾けるか、かな。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2009/09/13(日) 22:42:39|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

レッスン57

(1)d-minor,d-moll.,ニ短調音階
(2)カイザー5番
(3)鈴木4巻7番 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043 第1楽章 第2ヴァイオリン(バッハ)3回目


(1)d-minor,d-moll.,ニ短調音階
・分散和音では、主音の3度上(?)の音を外さないように注意する
ニ短調分散和音(レファラ)ならファが高くなると、ニ長調と区別がつかなくなる。短調なら低めに、長調なら高めに外した方がマシ。

なぜ突然ニ短調かというと、これはドッペル1楽章の調だから。
どれだけ効果があるのかはわからないけど、なんとなくそんな目的意識があれば、スケール練習にも熱が入るのだ。


(2)カイザー5番
・5小節目のスタッカート、これミスプリ
ここだけスタッカートってありえないから。全音版を使っている方はご注意を。


(3)鈴木4巻7番 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043 第1楽章 第2ヴァイオリン(バッハ)3回目
ドッペル1-2-1 ドッペル1-2-2 ドッペル1-2-3
・5,6小節とか
16分音符を弓の中央付近で弾くため、Zボウイングを使う。

・28,29小節
ボウイングが一定になるよう、スラー付きの部分は小さく弾く。

・44小節とか
上昇の跳躍音形、跳躍前の音は拍頭なので、しっかり弾く。

・50小節
最後のミは4で取る。

・63小節とか
ボウイングを間違えないように。自分が何を弾いているのかを考えれば、ミスはなくなるはず。

・全般的に
8分音符を均等に弾く。


レッスン後の先生のお言葉が、意外とショックでした。

先生「うん、これなら本番でも弾けるかもしれないね」

・・・
どういう意味なんでしょうね?

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2009/09/06(日) 22:37:34|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

レッスン56

またまた平日レッスン。
今日もドッペルだけ。でも中身はこゆ~いの。
皆様はレッスン内容は読まなくてもいいので、最後のまとめだけ見てちょうだい。
鈴木メソッドに隠された、驚くべき事実が語られているのだぁ!!!


(1)鈴木4巻7番 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043 第1楽章 第2ヴァイオリン(バッハ)2回目


(1)鈴木4巻7番 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043 第1楽章 第2ヴァイオリン(バッハ)2回目
ドッペル1-2 練習 ドッペル1-2-1 ドッペル1-2-2 ドッペル1-2-3
・4,17小節
トリルは、速いテンポなら2回、遅いテンポなら3回でも可。
であるが、装飾音符は後回しでよい。無視してもいいくらいなので、初期段階ではあまり深く考えない事。

・26小節とか
1,2拍目 指→弓→発車 p24 移弦練習曲で特訓する事。
必ず、どれかの指は指板上に残っている事。ウォーキングフィンガー。
3拍目 弦をまたいだ大きな跳躍では、しっかり音を切る事。

・26~27小節
開放弦でポジ移動を完了させておく事。

・29小節
3拍目のド#が低くならないように注意する。
3ポジ4指なので、低く外しやすい。これを防止するための特訓として、3ポジで
ミレド#シラシド#レミ
を何度も弾いて慣れる事。

・40小節
3ポジへの移動で、上がり過ぎないように注意する。
左手が楽器のボディーに当たるか当たらないか、くらいの所。
各弦でのポジ移動を徹底的に練習する。

・44小節とか
1拍目の下降跳躍では弓を置いたまま、2拍目の上昇跳躍では元弓へ戻す。
前回レッスンでは、2拍目は弓を上げると言ったが、上げすぎてはダメ。アップボウで元弓に返す、というくらいに考える。
一般的に、長い音符の後の音は切らない、短い音符の後は切る、事が多いらしい。

・61,62小節
音程を正確に取る事。
2ポジA線からのC Major、c minorの1オクターブスケールで特訓する。

・全般的に
同一ポジション内での、移弦の時に音程を外さないように注意する。
1オクターブスケールで特訓する事。
(2ポジA線ドを1から始めるC Major、3ポジA線レを1から始めるD Major 等)

・全般的に
8分音符を揃える。
音の長さ、弓の使い方、すべてが同じにならなければいけない。


今回は全部やりました。
でね、今日は鈴木教本に関する、驚愕の事実を知ったよ!

ドッペル冒頭の16分音符と8分音符のパターン、アレに似たのをどこかできいた事ありませんか?
そう、鈴木教本1巻最初に出て来る、キラキラ星ですよ!
実は、鈴木慎一大先生、ドッペルの練習のために、あのキラキラ星変奏曲を作ったんだそうです!
ワォ、マジッすか?!
だとすると、鈴木メソッドの最終的な到達点は、ドッペルを完璧に弾きこなす事、なのかもしれませんね。
キラキラドペドペ
冷静に考えるとちょっと胡散臭い話ですが、うちの先生はUSスズキアソシエーションだかなんだの会員で、それ専門の教育も受けてるんですよ。だから、あり得ない話でもなさそうです。
信じるか信じないかはあなた次第。
バイオリニストの飲み会ネタにはいいんじゃない?
キラキラ星

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2009/09/01(火) 22:52:03|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。