QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レッスン44

(1)D-Major,D-Dur.,ニ長調音階 (小野アンナ p7)
(2)3ポジ練習
(3)鈴木4巻2番 協奏曲第5番第1楽章(ザイツ)4回目


(1)D-Major,D-Dur.,ニ長調音階 (小野アンナ p7)
・上昇は0、下降は4の指使いを徹底する。
・下降時のG線3のド#は、4のレと同時に置く。
同時に置かないと、3がドになってしまうため、2で3を押してド#に移動させる事になり、その結果2のシの音程が悪くなる。


(2)3ポジ練習
ポジションチェンジの練習_3ポジ
鈴木教本2巻p19 ポジションチェンジの練習。
・ゆっくり、力を抜いてから、手の形はそのまま、親指も一緒に移動する。
・慣れたら手首も使う。


(3)鈴木4巻2番 協奏曲第5番第1楽章(ザイツ)4回目
・fでは弓を大きく使う。


一週間以上、全然練習してませんでした。
根本的に、練習方法とかを考え直さなければならないかもしれません。

ザイツ5番1楽章は4回目なんですが、一回のレッスンで5分くらいしかやってないので、むしろ全然弾いているという感覚がありません。次回からは、以下の三択となります。
・5-1を続ける。
・新しく5-3をやる。ただし後半の重音部分のみテンポをゆっくり。
・5-3を飛ばし、ヴィヴァルディのイ短調をやる。
次回レッスンまでは間があるので、練習時間が取れれば3曲ともやっておこうと思います。取れなければ5-1をもう一回、って事になるわけですが。
スポンサーサイト

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/26(日) 21:42:08|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

evah pirazzi

エバ・ピラッツィ、アルファベット表記では「evah pirazzi」と書きます。evah は「Extra Value Added Hypersonic」の略、pirazzi はピラストロ社の社長の名前だそうです。
うーん、なんとも胡散臭いですね。最愛の孫娘の名前、とかなんとか言えば、綺麗にはまったんでしょうけど。

では早速、交換したエバ・ピラッツィのインプレを。

この弦はスゴイです。交換作業中から、早くも凄さが伝わって来ました。大体の音程を合わせるために指で軽くはじいただけで、異様なくらいに音が響きます。否が応にも期待が高まります。
そして4弦とも張り換え、弓で調弦した時・・・


ナンジャこりゃ!?


唖然としました。スクロールを押さえた手に伝わる振動の大きさが、これまで経験した事が無いほど大きい!
実際に弾いた時の音も凄いです。楽器全体が音を発しているようです。スクロールの振動はその影響でしょう。音は噂通り、明るく華やかでパワーもあり、しかもクリアで深みがある。悪い所が見つかりません。
一流歌手のように、体全体を使って歌っているような感覚でしょうか。楽器のランクが、一つか二つくらい上がったかと錯覚してしまいます。

ただし、良い事ばかりではないかもしれません。
12日のレッスンで先生に弾いてもらったのですが、先生が言うには、逆に音が出過ぎているらしいです。「歌っている」のではなく、「絶叫している」のだそうな。楽器が壊れそうだ、とも言ってました。
また、音程が合った時と外した時の響きの差が大きいため、技術の巧拙が露骨になるらしいです。
僕の楽器には、ドミナントやインフェルド赤の方が合うのではないか、とアドバイスされました。

僕としては、今回先生の言った事は全く理解出来ません。技術の巧拙が露骨になるのは欠点とも言い切れないし、たかが市販の弦で楽器が壊れるとも思えません。
そもそも、うちの先生は安物楽器を不当に低く見る傾向があるから、この点に関してはどうにも信用なりません。
僕の最も尊敬するバイオリニストのギドン・クレーメルは、「すすり泣き」から「しゃがれ声」まで、あらゆる音を表現します。「絶叫」も結構じゃないですか。


これとは別に、先生から頂いたアドバイス。
せっかくだから、新しい弦を全部一気に張り替えてみたらどうか、と。寿命が来るまで使ってしまうと、新旧の比較になるため、正当な評価は出来ません。新品同士の比較をする機会なんて滅多にありませんしね(弦楽器フェアで似たような企画がありましたが、あれは僕の楽器ではありませんし、そもそも全部「違う」楽器です。あれも正当な評価とは言えないでしょう。)。

ビオリーノも含めた6種類の弦の比較インプレ、しかも全て録音付き! 
近日公開予定。乞うご期待!!

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/19(日) 22:00:00|
  2. 楽器・弓・小物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:34

弓と弦を買い、さらに弦交換もした話

先日、ネット通販で弓を買いました。コーダ社製カーボンボウ、ダイアモンドGXです。
某コメの国から直輸入したので、お値段は格安です。
インプレとかは書きません。だって違いがわからないから(爆)
弓

ついでに弦も沢山買いました。
弦一年分
で、早速エバ・ピラッツィに交換したので、そのインプレなど書きたいと思います。


まずは交換前の弦、ビオリーノのインプレ第二弾から。
基本的な印象は第一弾から変わってないんですが、ちょっとだけ誤解していた部分もありました。
前回のインプレで、

『発音が曖昧で、フィルターをかましたような音というか、手で口をふさがれた状態でしゃべっているような、なんとももどかしい感じがする』

と書きました。この感想は今も変わりませんが、使っているうちに気が付いたのは、弾く場所によってはある程度きちんとした音が出る、という点です。これは考えようによっては、基本に忠実な奏法が身に付けられる、と言えなくもありません。
ただ、本当にまったくの初心者(具体的にはバイオリン経験1年未満くらいの人)では、それに気が付けずに終ってしまう可能性もあるのではないでしょうか。
基本から外れた奏法を許容してもらえないため、表現の幅が極端に狭い、とも言えます。
バイオリン暦2~3年の初心者が、基本を再点検するためには良いかもしれません。


さてさてそれでは、今回新しく交換したエバ・ピラッツィのインプレですが・・・
長くなったので、また次回に書きますね。
乞うご期待!

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/18(土) 22:46:57|
  2. 楽器・弓・小物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

レッスン43

(1)d-minor,d-moll.,ニ短調音階 (小野アンナ p7)
(2)ウォルファート21番
(3)3ポジ練習
(4)鈴木4巻2番 協奏曲第5番第1楽章(ザイツ)3回目


(1)d-minor,d-moll.,ニ短調音階 (小野アンナ p7)
・毎回外す音は、その前後を重点的に弾いてみる。


(2)ウォルファート21番
ウォルファート21番
・アップから、もしくはダウンから始めるのだが、最初はアップからやる。
・スタッカートの音は8分音符1個で半弓、スラーの音は8分音符3個で半弓。


(3)3ポジ練習
・1と2の音は、前後の開放弦で音程を確認する。


(4)鈴木4巻2番 協奏曲第5番第1楽章(ザイツ)3回目
ザイツ5-1_1  ザイツ5-1_2
60~78小節とか
・弓の配分に注意する。

90~92小節
・ウォーキングフィンガーを使う。
次の音を押さえる → 音を出す → 前の音の指を離す → 次の音を押さえる → 音を出す ・・・


音程の指摘が、ますます厳しくなって来ました。今日なんて、あまりの厳しさにレッスン中半泣き状態でしたよ。

僕「もう許してぇぇ」
先生「ダメ! 合ってないでしょ! もっと高く!! ああ、上げ過ぎ!!!」
僕「ヒィィィー」

ウォルファートもザイツも全然弾けないです。かなりヤバイ。


話は変わりますが、弦変えました。エバピラッツィです。これはスゴイです。これについては、別の機会に詳しいインプレを書きたいと思います。
(と言って書いた試しはないのですが)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/12(日) 21:42:22|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:29

なんかやります

5月3日(日)に、銀座の歌広場に集まってバイオリンの練習をしましょう!

この日、かずぽんさんがこちらに来られるそうなので、丁度いいからそのタイミングで開催しちゃいましょう。
何をするかは決めてません。
殺伐とした合同自主トレになるか、ほんわかしたオフ会になるか。
鈴木・篠崎・白本を持っている方は、とりあえず持って来て頂けると使う事があるかもしれません。


場所はこちら↓
カラオケ歌広場 銀座外堀通り店

・時間は11時開始、飽きたら終了(最大20時)
・参加者は好きな時間に来て、好きな時間に帰って下さい
・終った後は飲み会(?)
・飲み会のみの参加も大歓迎!
・僕は法人会員なので、全員室料20%割引で利用出来ます
・フリータイムで入れば、何時間いても780円ポッキリで、ドリンクは飲み放題です!


希望とかあったら何でも書いて下さい。
途中グダグダになるかもしれませんが、それもまたよし。
さあ、みんな集まれ!

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/09(木) 21:58:29|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

レッスン42

(1)F-Major,F-Dur.,ヘ長調音階 (小野アンナ p7)
(2)3ポジ練習
(3)ウォルファート20番
(4)鈴木4巻2番 協奏曲第5番第1楽章(ザイツ)2回目
(番外)弓の違いについて


(1)F-Major,F-Dur.,ヘ長調音階 (小野アンナ p7)
・高い音を低く外さない事。特に最高音は高めに取る。
・分散和音は、基音(ヘ調ならファ、ハ調ならド、ト調ならソ)をチューナーで鳴らしながら弾いてみる。


(2)3ポジ練習
・ゆっくり、音程に注意しながら練習する事。
・弾き飛ばす練習は、やるだけ無駄。じっくり何度も練習しなければ意味がない。


(3)ウォルファート20番
ウォルファート20番
・弓の速さでクレッシェンドを付ける。書かれていない所は省略されているだけ。
・音程がしっかり取れたら、ビブラートもかける。


(4)鈴木4巻2番 協奏曲第5番第1楽章(ザイツ)2回目
ザイツ5-1_1  ザイツ5-1_2
43,45小節目
・頭の休符をしっかり取る。

49,50,51小節目
・1拍目のアクセントを付ける → 弓をしっかり止める → 移弦 → 次の8分からのフレーズを弾く

特に60~78小節
・拍を数えるために縦に揺れると、音に表れてしまう。それを防ぐためには、横に揺れるのも良い方法の一つ。ダウンで左に、アップで右に揺れるようにする。元弓からダウンの出だしは、体をあらかじめ右に傾けておく。当然先弓なら逆になる。

92小節目
・8分音符はしっかり切る。

94~95小節
・2重音は中弓で弾く。最後の3重音の前に弓を元へ戻す。


(番外)弓の違いについて
実はこれが一番長かったかも。
先日、カーボンボウを購入したのですが(ごめんなさい、オマケでもらったんじゃありません。この話は後日別の日記にあらためて書きます。)、それを先生に試してみてもらいました。
先生の感触は極めて良好で、購入価格を考慮すると、かなりお買い得だったようです。ただし、今度は弓の性能に楽器が着いて行けていないようで、楽器と弓のバランスはむしろ悪くなったらしい。
高級な木の弓のような、味のある温かい音ではないみたい。音はガサツなんだって。でも、100万円分の価値なんて最初から求めていないので、僕にとってはこれで十分過ぎる位です。

さて、新しい弓を使う際の注意点として、

・力を入れず、弓の量を多めにする。
圧力をかけなくても音が出るためなのですが、これは録音を聞いたら、僕にもわかりました。今まで通り普通に弾いていると、やたらギシギシしています。弓にコシがあるからなのかな? 脱力がより重要になって来ました。

・親指と中指の、2本の指だけで開放弦弾いてみる。
これは力を入れずに弾く練習。同じ条件で弾いても、古い方よりしっかりした音が出ている、らしい。僕にはわかりませんが。

まあ何にしても、重さじゃなくて音の違いがわかるように、何度も弾き比べをして来るように、と命ぜられました。
先生曰く、間違えようがないくらい全く違う音らしいんですけど、何しろ僕は『違いのわからない男』ですから。
こういう、音の違いを聞き分ける能力も、上達するための一つの課題みたいです。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/05(日) 23:37:14|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

大阪オフに行って来たよ

大阪オフに参加して参りました。
今回は大所帯で、参加者は総勢15~6人くらい(?)。
詳細は他の方のブログを読んで頂ければわかると思いますので、ここでは省略させていただきます(爆)

13時から18時までがアンサンブルの時間で、途中一回休憩が(30分くらいかな?1時間だったかも?)。
合奏中はホノボノと、休憩中はガツガツと弾きました。
ザイツ祭り(ザイツバトル?)もやりました。
当然休憩中ですが。



はい、完敗しました。



合奏終了後にマリさんが合流し、参加者みんなで飲み会へ。
こちらも最高に楽しめました。
今回初対面の方が大半でしたが、ブログで交流のある方々は、ほとんど予想していたイメージの範囲内でした。
唯一予想外だったのはそらさんかな。
(華奢な女性だと思っていたのに、実は堂々とした男性でしたから!)
主催のチロルちゃん、幹事ののんたん、そして参加者の皆様、お疲れ様でした!
次回は、夏の名古屋合宿でお会いしましょう!

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/04(土) 23:59:59|
  2. アンサンブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:43

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。