QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一人カラオケ35

28日の日曜はレッスンお休みさせてもらいました。
なのに今日は、有給休暇を取って一人カラオケ。
なぜ有給?





なぜでしょう?





なぜでしょう orz





少なくとも、覇気があるからとか、テンション高いからとか、そんなんじゃない事は確かです。

練習した曲は、7番 二人のてき弾兵(シューマン)と8番 妖精の踊り(パガニーニ)。二人のてき弾兵は、ボーイングが複雑なので、ちょっとてこずりました。逆に、妖精の方は単純な曲なので、弾いてて面白い。
それなりに弾けるようになって来たので、久し振りに録音してみようかと、レコーダーの電源を入れてみました。
電池切れです orz
まあ、よく持った方でしょう。録音はまた次回に持越しです。
今日はタップリ練習出来たので、まあよかったという事にしておきます。



明日こそmotoGP行くぞ!!
スポンサーサイト

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/26(金) 21:43:47|
  2. 自主練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

レッスン23

雪辱成る。今日は僕の完全勝利だ!
まとめるよ。


(1)調弦の実践
(2)ウォルファート4番、5番
(3)鈴木6番 ブーレ(ヘンデル)
(4)鈴木5番 ワルツ(ブラームス)
(5)ビブラートの練習


(1)調弦実践
先週のレッスンで、今後は重音で調弦するように言われておりました。これまでレッスン前には先生に調弦してもらっていたのですが、今回からは自分でやれ、と。おもむろにピアノのAを弾く先生。
「はい、この音取って」
えええぇえぇぇぇ?! そんなん出来ませんよ。おずおずとAを弾いてみます。
僕「・・・、だいたい合ってますよね?」
先生「うーん、偶然だけど合ってますね(面白く無さそうな表情)。まあいいや。じゃあ次、D線重音で合わせて」
僕「・・・(うっ、合わない)」
苦戦する僕を見かねた先生が、裏技を教えてくれました。

・ちょっとだけ上げたい時(DA線用)
ナットの上側、ペグボックスの中の弦を押す

・ちょっとだけ下げたい時(GDA線用)
指板の辺りの弦をつまみ上げる

バイオリン各部の名称

プロの人は、演奏中にちょっとだけ調弦を変えたい時、これを使うんだそうです(当然普段は使わない)。
G線をちょっとだけ上げられないのは、ナットからペグまでの距離が短いためで、E線で使わないのは、元々アジャスターで微調整出来る為、必要がないのです。
これはいい事を聞きました。事実、この方法でピッタリ合わせる事が出来ましたよ。
それにしても、調弦を先生に聞かれるのは緊張しますね。ある意味、曲を弾くよりプレッシャーになります。

(2)ウォルファート4番、5番
まずは4番について。
悪くないが、譜面だけを見ていると、弓が斜めになる。1拍に一回は譜面と手元を確認する事(あれれ? 1拍おき交互に、だったかな?)。1小節くらい先まで見られればモアベター。
5番について。
これも悪くはないが、E線4のシbがやや高い。原因は移弦の時に左肘が動いていないから。腰を前に出しすぎているため、肘と体の間に隙間がなくなる。すると肘の動きが小さくなる。体を真っ直ぐにして、肘との間に空間を作る事。右手(=弓)と、左手(指+肘)を同時に動かす練習をする事。
次回までに6番をやっておく事。臨時記号バンバン出てくるので、難しいらしいです。

(3)鈴木6番 ブーレ(ヘンデル)
・上昇しながら音量を大きくして行く部分は、力ではなく、弓の動きで変化をつける。
始めは弓の真ん中辺りで1cm、次は2cm・・・くらいの感覚で、最後は全弓で思いっきり。
・テヌートでは必ず音を切る。弓を浮かせられれば浮かす。無理なら弓を止める。ただしこの時、力を入れて止めない。気持ちは弓を浮かせるつもりで、力を抜いて止める。
・この曲は元気よく弾く。しっとり弾かない。
CDをきいていなかったので、どんな曲なのかわかっていなかったのです。しっとり落ち着いた感じに仕上げたのですが、それではダメなんだって。

(4)鈴木5番 ワルツ(ブラームス)
・装飾音符を弾け!
先週あまりに出来が悪すぎたため、あきれた先生に「装飾音符は無視するように」と言われました。今日はバッチリすぎたみたいで、「勝手に装飾取るな!」と逆に怒られました。いやいや、勝手にやったわけではないんですけどね。先生、自分の言った事を忘れてるみたいですけど、僕は心の中でガッツポーズしましたよ。

(5)ビブラートの練習
導入練習その4。左手はその3と同じ動きで、ティッシュなし。弦に触るだけで押さえない。右は、弓の根元10cmを使わない全弓(?)で、ゆっくり動かす。弓の片道で、ビブラートは4往復。変な音になるが、これは気にしない。
弓の根元を使わないのは、弓が斜めになるのを避けるため。ビブラートに弓の動きは重要みたい。


今日は久々に会心のレッスンでしたよ。先週の屈辱を晴らすため、10時間以上カラオケで特訓した甲斐があった。鈴木教本は6番→5番の順にやったんだけど、あまりに出来がよかったので(本当は時間がなかっただけなんだけど)、3・4番は省略。こんなんやらないで先に進みなさい、と、7番以降の注意点を教えてもらいました。ウホッ、これって先生の敗北宣言じゃない?僕の好きなようにやるって言ってたのに。
完全勝利じゃ、ボケェ!
(もちろん、3・4番も同じクオリティーで弾ける自信ありますよ)


と、天狗になった後は自分を戒める。
悪い出来をバネにして頑張るのは、短期的に見ればもちろんよい事なのだろうが、長期的に見た時、果たして本当によい結果につながるのだろうか。長く続けるためには、もっと淡々と練習するべきではないか。
一時の気まぐれもたまにはよいが、このテンションを10年20年と続けられるはずはない。もちろんそれでは意味がない。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/21(日) 23:59:59|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

一人カラオケ34

少年老い易く 学成り難し
って言ったのは福沢諭吉か吉田松陰か、それともクラーク博士か、誰だか知らんけど、全くその通りだと思うね。

今日は5時間一人カラオケ。でも全然時間足りないよ。腹8分どころか、まだ6分か7分くらい。こんなんじゃ人生あっと言う間に終っちゃうよ。
内訳は基礎錬2h、ウォルファート1h、曲2hくらいかな。ほとんど休憩しないで弾き続けたから、準備と片付けの時間を抜いて、実質4時間30分はやってたと思う。
やっぱり平日の夜錬か。

今回から初登場の譜面台。
譜面台
これは便利だよ!
楽譜が自由な高さに置けるので、自然と姿勢がよくなる。
譜面台持ってないそこのあなた、悪い事言わないから買った方がいいよ。
900円くらいと1900円くらいの2種類あったんだけど、奮発して高い方買っちゃった。
アルミ製だから軽い!

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/20(土) 21:22:56|
  2. 自主練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

iPhone買いました

iPhone買いました。
16GBの白です。

今使ってるauの携帯は2年契約で、先月あたりで期間満了したのです。そのまま使い続けてもよかったんだけど、せっかくなので乗り換える事にしました。

でも・・・

僕は携帯嫌いなので、どれがいいのか全くわからない。何とか割りとかの事も、興味ないのでいまいち理解出来ない。
そんなふうに考えていた時、ちょうどいいタイミングでiPhone日本発売が決定しました。まさに渡りに船!、もうこれしかないです。ブームが落ち着いて来た頃合を見計らって、このたび購入してまいりました。

iPhoneはワンセグもお財布携帯も使えませんが、元から使ってなかったので、全く問題なし。
メールアドレス@i.softbank.jpがIMAPだとか、携帯メールじゃないとか、テキストのコピペが出来ないとか、やけに電波がつながらないとか、iTunesがやたら重いとか、不満点も沢山あるけど、普通の携帯持つよりはマシかなと。

録音も出来るみたいなので、LS10を忘れた時の非常用として使えるかもしれません。
まだ調べてないけど、音質とかにはあまり期待してませんが(AAC? MP3?)、LS10も高音質で撮ってないので問題なし。
今の携帯は9月か10月で解約しちゃうぞ。

意外にデカイ
iPhone

指紋が目立つ
apple

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/09/19(金) 01:25:23|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

一人カラオケ33

明日提出しなければならないレポートがあったので、今日はバイオリンの練習はしないつもりでした。F1の録画も見ないでやったおかげで、午後3時過ぎには、終りそうな目処が立ってきました。さて、心に余裕が出来ると、思い出すのは昨日のレッスン。ふがいない自分を思い出し、怒りと悔しさと恥ずかしさで、コーフン状態に。こうなるともうレポートなんて手につきません。

よし、カラオケ行こう!

計3時間。内訳は、基礎錬2h、曲1h。練習内容は充実してましたよ。
気のせいかもしれないけど、今日は楽器の調子がよかったかもしれない。昨日よりも、よく鳴ってたような気がします(昨日が悪かっただけ?)。マンドリン時代なら毎日音が変わるのわかったけど、バイオリンでは初めてです。いよいよ楽器と会話出来るようになって来たのか?! それとも単なる妄想か?
昨日は低かっただけに、今日はちょっとテンション高いよ。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/15(月) 23:59:59|
  2. 自主練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

レッスン22

何でこんなに弾けないんだろう。それはヘタだからです。
さっさと行きます、今日のまとめ


(1)鈴木3番 狩人の合唱(ウェーバー)
(2)鈴木4番 ロングロングアゴー(ベイリー)
(3)鈴木5番 ワルツ(ブラームス)
(4)ビブラートの練習
(5)調弦方法


では(1)狩人の合唱から。
・弓を大きく使う。
・速いテンポで誤魔化さない。きっちり弾けるくらいの遅いテンポで弾く事。
・アクセントは、圧力よりも弓を大きく使って表現する。

(2)ロングロングアゴー
・8分音符のスタッカートは、ターラータッタッ、ではなく、ターラッタッタッ、と弾く。
・移弦の時は、弓の移動を素早く。
・なるべく指を離さない。他の弦を押さえている指が鳴っている弦に当たる時は、押さえる場所を少しずらした方がいいのかもしれない(先生は指が小さいのでその必要がないらしいが、指の太い人は“多分”そうしているのではないか、との事)。

(3)ワルツ これはボーイングの練習曲なのだそうだ。
前回ユダスマカベウスでやったのと同じように、8分音符に分解し、全弓で弾くように練習する。

(4)ビブラートの練習
導入練習その3。チリ紙を指と弦の間に挟んで滑りをよくし、手首で大きくゆっくり動かす。この感覚を覚えておく。
今日見てもらった所、3より2の指の方がよく出来ているらしい。前回と逆転しているみたい。よくわからん。なぜ2か3で練習するのかというと、4は力が足りないため難しく、1はやり方が独特だから、なのだそうだ。
ビブラート練習3

(5)調弦方法
僕の普段の調弦方法は、ADGEの順にチューナーで合わせて、最後に重音で確認して終了、ってやり方なのですが、それはもう終わりにしなさいと。今後はチューナーを使うのはA線のみで、残りは重音で合わせる方法に変更するように言われました。
重音で合わせる時のコツを教えてもらいました。
・AD→DG→AEの順で合わせる。
・小さな音量で長めに、2つの弦を同じ圧力で弾く。
・弓を離して残響のうなりで合わせるのではなく、あくまで響きで合わせる。
・自信がないうちは、最後にチューナーで確認してみる。ただしチューナーは確認のみ!


全般的に言える事だけど、どうやら先生の前だと緊張してしまい、全体的に体の動きが小さくなっているみたい。毎回のように、弓を大きく使え、と指摘されているからなぁ。一人で弾いている時は弓の震えも少なくなって来ているのに、先生の前だと頻出する。原因はなんとなくわかっていて、曲の仕上げに自信がないとそうなるんだよね。だから、いい時はそこそこ弾けるのに、ダメな時は徹底的にダメになる。もちろん今日はダメな方。基本的に僕はチキン野郎なのだ。これを直す方法はただ一つ、練習して曲に自信を持つ事。王道ですね。

レッスンで弾けない言い訳はしないんだけど、僕の気持ちを察してくれているのか、あまりのダメっぷりに呆れと哀れみを持ってくれるのか、それとも単に僕が露骨に不満そうな態度を取っているからか、「今日の出来に納得行かないのなら、来週またやってもいいし、別の曲をやってもいいですよ」と。
先週もちらっと言われたんだけど、僕が弾きたい曲、見てもらいたい部分、今抱えている課題等、レッスンの内容を自分で考えて来るように、との事。これってどういう意図なのでしょうか?ありがたいような気もするけど、ちょっと不安にもなりますよ。個人レッスンの内容を自分で考えろって、そんな指導方針ってあるのかね?


そうそう、今日はレッスン前後にも色々ありました。

まずはレッスン前。自宅で調弦中に弦を切ってしまったとかで、弦を交換してもらいに来た生徒さんがいました。おかげで僕のレッスン開始が遅れたんですけど、これはむしろ大歓迎です。先生はかなり簡単そうにやっていましたが、自分でやったらどうなんだか・・・。

レッスン後にも色々。今日はキャンセルした生徒さんが何人かいたらしく、「この後暇なんですよ」と。暇つぶしのお付き合いをさせていただきました。結局1時間も雑談してました。そんなに暇ならレッスンの延長してくれればいいのに、とは言いませんでしたが。

何でこんな話しになったのかよくわからないけど、コンクールに参加する際の心構えとか、優勝したからといって、プロとしてやっていけるわけではない、とか、そんな話しを延々していただきました。第三者が聞いたら、『コンクールに参加する生徒に対して、先生がアドバイスをしている場面』だと誤解する事間違いなし。僕コンクール出ないんですけど・・・。

それから、先生が教えている子供たちの中に、一人メチャクチャ上手い子がいるんだそうです。で、その子の発表会があるらしくて、それに招待してもらう事になりました。これはまた楽しみなイベントが増えました。

魚の目パッドは100円ショップダイソーで売ってるらしいです。間違っても薬屋では買わないで、とも(笑)。

あとはなんだっけな。ヴェンゲーロフは引退したんじゃなくて、ケガのため一時的に活動停止しているだけだって。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/14(日) 23:59:59|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

ストイックオフ

ストイックなオフ会、略してストイックオフ。略してないやん!!

さてさて、ストイックオフ in 銀座に参加しました。何がストイックなのか。開始時間が朝の11時、終了時間が夜の20時、トータルなんと9時間!! これをストイックと言わずして、何をもってストイックと言うのでしょうか。
とは言え、実は僕が参加したのは朝11時5分頃から、夜は19時55分頃まで。実質的には8時間50分くらいしかいなかったので、他のメンバーに比べれば大した事はな・・・ないわけねぇだろ、ボケェ!

いつもより、ノリ突っ込み多めでお送りしております。

開催の趣旨は、カイザー3番をタップリ弾こうよ、みたいなノリだったはずなんですが、なんか最後はロングロングアゴーの話題で持ちきりになり、結局みんなで一回しか弾かなかったにもかかわらず、ロングロングアゴーの会、みたいなオフ会になってしまいました。
しかしまあ、さすがに9時間は長過ぎですね。最後はロングロングアゴーすら弾けなくなる程、集中力がなくなりましたから。

参加者の皆様、本当にお疲れ様でした。メンバーの名前を全員挙げようかと思ったのですが、一人お名前を忘れちゃったので省略。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/13(土) 23:59:59|
  2. アンサンブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

レッスン21

2週連続で空いたので、今日は3週間ぶりのレッスンです。今回からテキストが鈴木2巻になります。事前に予習もしておきました。12番メヌエット(ボッケリーニ)以外の全曲は、とりあえずさらっておきました。
感想・・・特に難しい曲はない。弾いて面白いのは8番妖精の踊り(パガニーニ)、9番ガヴォット(トマ)、10番ガヴォット(リュリ)くらいで、あとはいまいちかな。12番は前半しか弾いていないけど、これは面白いかもしれない。その他4番ロングロングアゴー変奏曲(ベイリー)は、移弦の練習になりそうで、これは弾きこんでおいた方がよいかも。1巻最後のガヴォット(ゴセック)に比べれば、左手の技術的には簡単な曲ばかり。正直ちょっと拍子抜け。とりあえず1~4番までを、先生に聞かせられるレベルにまで仕上げておきました。


レッスン内容は盛り沢山、いつもの3割り増しで御送り頂けました。
本日のまとめ


(1)ウォルファート4番
(2)鈴木1番ユダスマカベウス(ヘンデル)
(3)鈴木2番ミュゼット(バッハ)
(4)ヴィブラートの練習


まずは(1)ウォルファート4番
3番までと比較し、突然難易度が上がる。4分音符では弓を大きく、8分では小さく、メリハリを付けて弾く事。ちなみに、5番からまた少し簡単になるみたい。
ボーイングに気を向けると、音程が甘くなる。左手に気を向けると、ボーイングがダメになる。

あまりに出来が悪かったので、ここでボーイングの特訓開始。実は前回のレッスン後、弓に付けていた魚の目パッドを取り除いてしまったのです。もう、おしゃぶりは卒業する年頃だろうと。でもそれからというもの、どうにも右手小指の座りが悪いというか、弓の持ち方が安定しないんですよね。
弓の持ち方を注意されました。
弓を持つ指は、丸くではなく、もっと曲げて楕円形になるような感じで潰す。弓が手のひらに近付くようにする。
小指で弓を支える。小指は弓のネジ部分より内側に当てる。
毛の張り過ぎ。もう少し弱めに張る事。
等々・・・。

魚の目 現役
現役時代の魚の目パッド

魚の目なし
魚の目亡き後

魚の目 老後
老後の魚の目

次(2)鈴木1番ユダスマカベウス(ヘンデル)
これは全弓ボーイングの練習曲に早変わり。篠崎でやっている曲だったのですが、全く別のアプローチで弾きました。
全ての音符を8分音符に分解し、音符一つで弓の4分の1を、音符8つでダウン・アップが一往復するように弾く。付点2分音符は8分音符4つか8つに変える。テンポはゆっくり。各音はしっかり切る。弓のはじっこ1cmくらいまできっちり使い切る。
こういう全弓のボーイングなら、自主錬で毎回じっくりやってますから、特に問題なく弾けました。
ユダマカベウスのサンプル


(3)鈴木2番ミュゼット(バッハ)
特になし。上手く弾けている、との事。そう言われると、ちょっと物足りない。

(4)ヴィブラートの練習
エェェ、もうヴィブラートやるんですか?これにはさすがに抗議しました。

僕「現状で音程が全く取れていないのに、ヴィブラートの練習なんかしたら、ますます音程が悪くなります! 僕は小細工でごまかすような事はしたくありません!!」
先生「ヴィブラートの練習をすると、左手の力が抜けるというメリットもありますよ。」
僕「じゃあやりまーす(はーと)」

なんて素敵な判断力。合理的理由があるのなら、あらゆる手段を受け入れます。無節操とも言いますが。

まずは導入練習その1。左肘を壁に付け、手首だけを動かして壁をノックします。この感覚を覚えておく。
導入練習その2。バイオリンを持つ。肘を固定し、手は普段と同じ感じでネックを持つ。手首だけを動かしてE線のペグを軽くノックする。この感覚を覚えておく。

ヴィブラートの練習は、1の指(人差し指)でやるのが一番いいのかと思っていましたが、そうでもないようです。1・2・3の指で軽くヴィブラートをしてみた所、僕の場合3の指で練習するのがよいのだそうな。なぜかは知らん。たしかに、1より3の方がやりやすかったかもしれないけど。


実はひそかに3ポジの練習を開始していたのですが、まさかヴィブラートが先に来るとは予想外でした。
次回からは、僕がやりたい曲だけをレッスンでやりましょう、だって。曲が詰まらんと文句を言っておきながら(先生には言ってませんが)、いざやらなくていいとなると困っちゃいます。
実は篠崎の次のテキストを決める時に、先生は鈴木の2巻は飛ばして3巻をやろうと言っていたのですが、鈴木2巻終了を今年の目標としていたので、これを飛ばすわけには行かなかったのです。で、強引に2巻ヤラセロ!と駄々をこねて決定した、という経緯がありました。
どうやら先生は、2巻はちゃっちゃと終らせたいようですが、そうは問屋が卸しません。今年いっぱいかけて2巻を練習し、基本的な技術の向上を図った後、保留している1巻5曲(メヌエットx3、農夫、ガヴォット)も同時に終了させるつもりです。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/07(日) 23:59:59|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:33

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。