QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

先生ライブ

今日は、僕がバイオリンのレッスンをしていただいている先生がライブを行ったので、それをきいて来ました。都内某所にて、クラシックではない某音楽ジャンルの演奏会。

以前の日記で、レストランで食事をしながらきくとか、有名人と競演とか書いたけど、どちらも間違いでした。レストランじゃないし、有名人もいない。メンバーはみんな20台かせいぜい30台くらいの若い人ばかり。9人のバンドで、女性が5人なんだけど、3人は赤・白・青のドレスで華麗に決めてるのに、残り2人は男性と同じ白のスーツ姿。ちなみに、先生は青のドレスでした。

ステージに向かって右側壁沿い、スピーカーの近くに座ったんだけど、これがよくなかった。バイオリンからは物理的な距離は近いんだけど、スピーカーから出てくるベースと、目の前のパーカッションの音しか聞こえない。バイオリンの音は左側スピーカーから出ていたのかな。かすかに生音が聞こえて来る程度でした。
全体的に、個々の演奏者はかなりレベルが高かったと思います。あまり聞こえなかったけど、中でも先生はよく健闘してたと思いますよ。バイオリンはかなり重要な役割を担っていたし、何より笑顔で楽しそうに弾いていたのがよいです。青のドレスでバッチリ決まっていて、ビジュアル面でも大活躍でした。普段はあんまり意識していなかったけど、あらためて美人だった事に気が付きましたよ。

次回のライブは10月だそうです。
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/31(日) 23:59:59|
  2. それ以外のジャンル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

音響空間その2

今日もコンサート。サントリーホールの小ホールにて、ジェラール・グリゼー他の室内楽曲コンサートをきいて来た。


◇曲目
ミカエル・レヴィナス(1949- ):呼び声 ~11楽器のための~(1974)**
ユーグ・デュフール(1943- ):水を司る星 ~8楽器のための~(1993)**
ジェラール・グリゼー(1946-98):ヴォルテクス・テムポルム(時の渦) ~ピアノと5楽器のための(1994-96)

作品名あとの  *世界初演  **日本初演

◇出演
指揮=ピエール=アンドレ・ヴァラド
演奏=アンサンブル・ノマド


ヴォルテクス・テムポルムの実演をきくのは今回で二度目。前回きいたのはアンサンブルノマドの定期演奏会であった。再演される機会の少ない現代音楽において、僕が二度きいているという事は、それだけ世の評価の高い証拠だろう。
今日の最も注目すべきポイントは、前半二曲の演奏後、休憩前に行われた、指揮者ヴァラドによる解説であった。作曲者の略歴から、曲の大まかな流れやモチーフなどを、実際に演奏しながら30分もの時間をかけてわかりやすく説明してくれた。
曲全体のテーマとして、音が波のような動きをする。管楽器(フルート・クラリネット)による波、弦楽器(バイオリン・ビオラ・チェロ)による管と弦による波。これらが渦のようになって曲を構成する。
この曲は大変な名曲だと思う。CDで何度もきいているため、以前からよく知っていたが、解説を聞いた事もあり、あらためてよさを実感出来た。音楽をきく喜びというか、面白さが伝わって来るのだ。逆にレヴィナスとデュフールの曲は、理論ばかりが先に立ち、頭でっかちで、音楽本来のきく喜びを感じられなかった。最も、(恐らく)今日初めてきいた曲であるから、単に僕の理解が足りなかっただけかもしれないが。レヴィナスとデュフールが、作曲家としてグリゼーより格下と評価されているのは、その辺りに原因があるのではないだろうか。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/30(土) 23:59:59|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エド山口&東京ベンチャーズ

今日もライブに行って来た。エド山口&東京ベンチャーズだ(銀座タクト)。ちなみに、エド山口って、モト冬樹の兄ね。
今まで黙っていたが、実は僕とエド山口は切っても切れない、深い関係にあるのだ。どういう関係かと言うと、エド山口がやっているFM世田谷のラジオ番組の共演者の友達の友達の親戚の会社の同僚が僕なのだ!(ほんとだよ!) まあ一言でいうと赤の他人。

音楽のジャンル的には、コミックバンドとかなんとか、そんなのらしい。当然ながら人生初、そして恐らく人生最後の経験だろう(?)。ジャンルが特殊なら、ききにいったメンバーはもっと特殊で、妙齢の乙女10名+僕の計11名という、両手に花どころか、両手両足の全部の指に花状態(10名の乙女の中には、一人だけ21歳の現役乙女もいたけど)。
他の客層も元少年少女ばかりで、僕より若そうなのは2~3人くらい。う~ん。

乙女から聞いたのだが、エド山口とモト冬樹は兄弟だが、グッチ祐三は他人なんだって。どうりで顔が似てないわけだ。

で、肝心のライブの内容はベンチャーズの曲(?)中心で、あとは色々昔の曲。周りは「なつかしい」とか言ってたけど、僕はほとんど知らなかった。音楽面で特に感心する部分はなかったけど、エド山口のトークはよかった。よくあれだけネタがあるな、思うほど面白い!“通”に言わせると、シャベリの内容は毎回違うらしい。客と会話しながらのトークなのだが、客の言った内容に対して、「○○と言えば・・・」って感じで、爆笑ネタが延々と続くのだ。時間的には音楽とトークが半々くらい。僕としては、音楽はもういいから、もっとトークを聞かせてくれ、って感じ。

最後はエド山口と記念撮影をして終了。トーク中に客をいじる時は口が悪いのに、終った後はやけに腰が低くて好印象でした。
たまにはこういうのも悪くないね。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/28(木) 23:59:59|
  2. それ以外のジャンル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

音響空間その1

今日はサントリーホールにてコンサート。「サントリー音楽財団 サマーフェスティバル 2008」の公演から、ジェラール・グリゼーの超大作、「音響空間」の全曲演奏会をきいて来ました。
サントリー音楽財団は素晴らしい活動をしていると思います。質の高い公演を、継続的に(これが重要!)行っています。みなさん、ビールはサントリーを飲みましょう。

今年はグリゼーの没後10周年だそうで、それに因んだ演奏会が2回あります。僕は両方行きます。


◇曲目
ジェラール・グリゼー(1946-98):音響空間(1974-85)
   プロローグ ― ヴィオラのための(1976)**
   ペリオド ― 7人の奏者のための(1974)**
   パルシエル ― 18人の奏者のための(1975)**
   モデュラシオン ― 33人の奏者のための(1978)**
   トランジトワール ― 大管弦楽のための(1981)**
   エピローグ ― 4つのホルン独奏者と大管弦楽のための(1985)

作品名あとの  *世界初演  **日本初演

◇出演
指揮=ピエール=アンドレ・ヴァラド
ヴィオラ=ミシェル・ルイリー
ホルン=丸山勉、村中美菜、和田博史、ジョナサン・ハミル
管弦楽=東京フィルハーモニー交響楽団


1曲目「プロローグ」は長大なビオラソロ。ほとんど30分近く弾き続けるのだから、これは大変です。さすがと思ったのは、弓を返す時の、音の切れ目が全くわからなかった事。そういうきき方する曲ではないんだろうけどねぇ。
その他思った点は、「トランジトワール」で、低音管楽器の持続音の上で、打楽器とコントラバスソロがズガガっと入ってくる部分が単純にカッコよかった。
あんまり書くと、アホを晒すようなので、このくらいで終わり。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/25(月) 23:59:59|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジャズとかの事も書いてみる

最近ブログ熱が下降気味。バイオリン熱は絶好調なんだけどなぁ。ネタが尽きたから、ってのもあるかな。レッスンの記事もワンパターンで、誰の得にもなってないし。
1月の日記を読み返してみたけど、気合と情報量に自分でも驚いた。あの頃はバイオリンよりブログに重点を置いていたのか、と思う程。
これからちょっと試行錯誤してみようと思ってます。その第一弾。


9月13日に、ストイックオフ(銀座)に参加します。基礎錬やりまくり、カイザー弾きまくり、曲完璧に仕上げる、がモットー。噂によると、私語厳禁、弾けないと腕立て100回とかグランド10周とかさせられるらしい・・・。参加者の中ではほぼ確実に僕が一番弾けないので、恐ろしい事になる可能性も十分にある。さすがに「持ってません」は通用しないだろうから、池袋ヤマハにてカイザー全3巻同時購入。でも、ウォルファートで手一杯なのに、カイザーやってる余裕はないんだよなぁ。最悪、本棚の肥やしにするのも悪くはないか。


今日のメインは「Raymond MacDonald International Big Band」江古田のライブハウス バディにて。クラシックじゃなくてジャズです。しかもフリー。メンバーは、

レイモンド・マクドナルド(sax)
松本健一(sax)
田村夏樹(tp)
ギデオン・ジュークス(tuba)
蜂谷真紀(voice)
八木美知依(koto)
ジム・オルーク(gt)
アリスター・スペンス(pf,com)
藤井郷子(pf,syn)
ロイド・スワントン(b)
トビー・ホール(dr)
吉田達也(dr) 

これは超豪華メンバーと言ってもいいんじゃないかな。
藤井郷子は僕の大好きなピアニストで、フリージャズ界では、世界のトップ5には確実に入るのでは、という程の実力者です。キティガイじゃないかと思うような、ぶち切れた演奏がたまりません。CDは沢山持ってるけど、ライブは初めてのジム・オルークが今日一番の注目かな。その他も好きな人ばかり(ジム・オルーク以外の外人さんはみんな知らないけど)。

で、演奏はよかったですよ。狂ってるかと思うようなのもあれば、意外にまとも(?)なのもあり。

感想あっさり過ぎですかね。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/24(日) 23:59:59|
  2. それ以外のジャンル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

かわいいあんさんぶる

せっかくレコーダーを持って行ったのに、一曲しか録音しませんでした。
さっそく、その虎の子の一曲をアップします。
思わず笑みがこぼれる、ハートウォーミングな演奏です。
参加者の皆さん、永久保存して下さい。

ここから
my music → 名古屋オフのメヌエット.mp3

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/21(木) 23:15:34|
  2. アンサンブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

名古屋オフに行って来たよ

行って来た、とか言って、実は今も名古屋なんだけど。

名古屋までオフ会に行って来ました。平日に、しかも深夜バスで。俺何やってるんだろ。
18日深夜に新宿を出て、19日早朝に名古屋着。眠くて体調最悪です。バイオリンなんか弾いてる場合じゃないよ。駅前のマックで仮眠を取り、体調回復!バイオリン弾きたい!!
メンバーと合流後、独特の雰囲気のカラオケ屋に入りました。
おしゃべり半分、演奏半分くらいの、ゆるいオフ会でした。
僕は皆様にご迷惑をおかけしてしまったかもしれません。ちょっと大きめの音で弾くようにしていたんだけど、空気読まずにデカくて汚い音を出しすぎました。ゴメンナサイ。
お菓子とお土産までいただいてしまって、ほんと恐縮です。ありがとうございました。

それにしても皆さん若いですね。大人からバイオリンを始めようという向上心のある人は、心が若いんでしょうね(僕は除く)。
マリさん、くららさん、ママさん、のみやさん、くまさん、楽しいオフ会をありがとうございました。
機会があれば、またよろしくお願いします。
名古屋駅前のマックより。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/19(火) 21:20:36|
  2. アンサンブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

レッスン20

・ウォルファート2,3番
1,2番はゆっくりでもよいが、3番は速く弾く。2拍子・16分音符が聞いてわかるように。1,2番より難しいのに、もっと速くと言われても困るのだが・・・。

・トルコ行進曲 8分音符のボーイング、アップ・アップとアップ・ダウンの違いに注意する。

・篠崎教本1巻 本日にて終了。レッスンでやらなかった所も、時間がある時に見ておく事。

・鈴木1巻 ガボット 特別にお願いして見てもらった。八分のスタッカートは、本来一音ごとに弓を離して弾く。ただし、これは技術的に困難なため、現時点ではスタッカートは無視して弾くように、との事。テヌート付き四分は、弓をいっぱいに使う。装飾付きの四分は、装飾なしと同じ長さで弾く。その他はよく弾けている、らしい。

・ハ長調スケール これも特別に見てもらった。現状でも大きな問題点はないが、E線で指の開きが足りないため、音程が不安定になる。上昇では開放弦を、下降では4を使って練習するように、との事。また、スケールでスラーの練習もやる。一弓で1・2・4・8音弾く。


今日は僕が最後の生徒だったので、時間を気にせずに見てもらえました。
「ハ長調のスケールって4のスライドがあるから、あんまりこれの速弾きしたくないんですよね」
と言いながら、物凄いスピードでお手本を見せてもらったんだけど、速すぎて全く見えない! これが比喩ではなく、本当に見えないくらい速いから驚いた。ゆっくり弾いてもらって、ちょっと納得。普通曲の中では4のスライドは使わず、ポジションチェンジで対応するんだそうな。

今日で篠崎教本1巻は終了したんだけど、あまり感慨とかないなぁ。
今後は僕の希望で、鈴木2巻を使ってもらう事になりました。
というわけで、これからは鈴木2巻・ウォルファート・小野アンナの3冊を併用して行く事になります。がんばります。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/17(日) 22:50:44|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

一人カラオケ22

平日は室料が半額だった。お徳だ。
時間配分は、アバウトに基礎錬1h、ウォルファート1番1h、メヌエット3番1h、ガボット1h。
それぞれについて、思う所などを。

・基礎錬
そろそろ基礎錬のメニューを真剣に考えなければ。どの技術をどう鍛えるために、どんな練習をするのか。各テクニックを要素に分解し、効率のよい方法を考える・・・のか?
そもそも、バイオリンの練習方法なんて、すでに確固とした物が存在するはず。初心者が自己流で考えるよりも、効率よい教育方法・教育論を探した方が早いし、確実だ。
(し、篠崎教本・・・?)
何を、どのくらいの割合で、どこまでやるか。時間は限られているし、自分の目標と相談しながら妥協点を探って行くしかないだろう。

・ウォルファート1番
E線1の音が高く、4の音が低くなる。ハ長調スケールで練習する事。

・バッハ メヌエット3番
楽譜通りのボーイングを試してみたが、どうにもうまく行かない。前半はまだマシだが、後半は全然ダメ。前半は指示の意図を音で表現する技術がないため、明らかに不自然になる。後半に至っては、意図すら理解不可能。無理矢理指示通り弾くべきか、自己流で行くべきか。

・ゴセック ガボット
前半部分のみひたすら繰り返す。八分=100位から始め、四分=120くらいまで弾けるようになった。終了間際に気が付いたのだが、この曲は今の自分の実力以上の難曲かもしれない。ただ、おかげで難曲の練習方法を思い出した。懐かしい感覚だ。この感覚をさらに思い出すためにも、もう少し練習してみよう。いや、この曲はボーイングに複雑な所がないため、左手だけで弾ける曲だ。考えようによっては、ある意味簡単かもしれない。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/11(月) 23:03:41|
  2. 自主練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

レッスン19

本日のまとめ。

・ウォルファート1番
Allegro moderato の速度指示にこだわる必要はない。確実に弾けるテンポでよい。最初は、弓は真ん中1/3部分のデタッシェ、音は音符通りの長さで弾く。それに慣れたら、ボーイングを色々変えて練習する(ボーイングのバリエーションは色々書いてある)。
初見の楽譜を弾く時は、まず事前に全体を絵を見るように眺め、なんとなく流れを頭に入れてから弾き始める。弾く時は、出来れば一段、無理なら一小節先までは見ておく事。今弾いている音しか見ていないと、行き当たりばったりの指使い&ボーイングになってしまう。
(ちなみに、この曲は事前に練習していたのだが・・・)
今回からレッスン初登場である。少しずつ、例えば一週間に一つくらいの進め方をするように、との事であるが、週に一回しか練習しない俺にとっては、それは少しずつとは言わない。驚異的ハイペースだ。不可能なので、一ヶ月で一つに変更しよう。

・篠崎 143番 ロ短調音階
A#の音は、A線1ではなく。D線4で取る。

・オリジナル教材 ベートーヴェン トルコ風
♪スラー♪♪スタッカート♪スタッカート のパターンは、3箇所で音を切るように弾く。
♪♪|♪|♪| ターラッタッタッ って感じ。
(分かり辛いですね。ゴメンナサイ)
ボーイングが異様に複雑で、意図が理解出来ない。しかし、グリーンスリーブスの例もある事だし、何らかの理由があるのだろう。考えてみる。


俺「ウォルファートって結構メジャーなんですね。何人か使ってる人いましたよ。」
先生「使ってる人にどこで会ったんですか?」
俺(ヤベッ、余計な事言っちゃった)「え、えーっと、実は昨日バイオリンの集まりがあって、そこで・・・。」
先生「へぇ、いいじゃないですか。そういうのにはどんどん参加した方がいいですよ。」
危ない所でした。ブログとかmixiとか、ヤバそうな単語は一切使わなかったので、バレずに済みました。どういうバイオリンの集まり?、とか突っ込まれなくてよかった。


8月31日に先生のライブがあるんだそうだ。レストランで、ご飯を食べながらきく演奏みたい。他に予定があったんだけど、それはキャンセルしてききに行こうかな。7~8人くらいのアンサンブルで、バイオリンは一人だけらしいから、他の人と音を聞き間違える事はないだろう。興味津々じゃぁ。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/10(日) 23:59:59|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おとばよ会 参加しました

mixiのコミュニティー「大人からバイオリン」のオフ会、おとばよ会に参加して来ました。バイオリンの集まりに参加するのは今回が初めてだったので、どうなる事かとちょっとだけ不安でしたが、全くの杞憂に終りました。

場所は駒込の区民センター(?)の一室で、参加者は20~25人くらい。レベルは本当の初心者から、バイオリン暦5年以下、ってくらいの人が中心。
事前に印刷した楽譜から、適当な曲を次々にやって行く感じ。一曲に付き演奏するのは2~3回くらいで、正直言うとちょっと食い足りない。みんなが慣れる前に次に行いっちゃうので、結局一つも合わずに終っちゃう。でもこれは仕方ないね。参加者のレベルが全然違うから、ある程度のところでやめておかないと、初心者にとっては面白くないだろうから。というか、そもそも“うまく”とか“合わせる”とかはこの会の趣旨ではない。みんなで“楽しく”“一緒に”弾くのが目的なのだ。だから趣旨は見事に果たしていた。
こういうユルくてホノボノした音楽の演奏は初めてだったので、とっても新鮮でした。恐怖と緊張で女子供がみな泣き叫ぶ阿鼻叫喚のアンサンブルしかやった事なかったからね。こういうのもいいもんだ。面白かったので、これからもちょくちょく参加させていただきたいと思います。
主催者の方、参加者の方々、ありがとうございました。

さてさて、終った後は2次会です。喫茶店組とカラオケ組に分かれました。僕は当然カラオケ。人数は5人。男2人と女3人だったんですけど、この女性陣、入るなりいきなりビールをご注文!マジッすか。そしたら僕も飲むしかないじゃないですか。演奏もそんなノリで、おしゃべりしながら楽しく過ごせました。
最後は3次会で、これは完全な飲み会です。これまた楽しく過ごせました。
pigさん、YOU&Iさん、かずさん、まさしさん、ありがとうございました。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/09(土) 23:59:59|
  2. アンサンブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

レッスン18

レッスン前に自宅で練習したんだけど、死ぬかと思いました。
僕の部屋は、夏暑くて冬寒いという、日本の四季を思う存分堪能出来るような作りになっているのです。じっとしているだけでも汗が出るのに、バイオリンを弾いた日には、もう大変な事になります。ダイエットには最高ですが。

今日は初めて、僕以外の男の生徒さんを見ました。彼はバイオリン暦一年4ヶ月くらいなんだそうです。僕より一年弱先輩ですね。楽器経験がないので、譜読みに苦労しているのだそうな。
それとは関係ないんだけど、雑談の時の会話です。

先生「cheさん、ブログって知ってます?」
僕「(ドキッ!)も、もちろん知ってますよ。」
なんと言っていいのかわからないので、とりあえず先生の意図がわかるまでは何も言わない事にします。
先生「実はレッスンの事をブログに書いてる生徒さんがいるんですよ。」
僕「(ドキドキッ!)へ、へぇ、そうなんですか。」
先生「でね、その生徒さんのブログに、バイオリンを弾くと右足がつるって書いてあったんですよ。そんな事知らなかったので、この前のレッスンで直してあげましたよ。」
ふぅ、どうやら僕の事ではないようですね。一安心です。
先生「レッスンをブログに書くなんて、熱心だと思いません?」
僕「そうですね。でも最近はブログって流行ってるらしいから、やってる人も多いんじゃないですかね。」
相手の意図がわかればこちらのモノ。この後ブログについてあれこれ話をしました。

別にバレるとマズイ事は書いていないし(多分)、今後も書くつもりはないのですが、先生に見られるのは絶対に避けたいです。なぜと言われると困るのですが、なんとなく自由に書けなくなっちゃいますよね。ここを見ている人は、ほとんど僕と面識のない人ばかりなので、何のしがらみもなく好きなように書く事が出来ます。ところが、友人や知り合いが増えてくると、どうしても気を使って話題が限定されてしまうのです。ムズカシイですね。
まあ、友達が増える分にはほとんど問題になる事もないんでしょうけど。


レッスンのまとめ

・同じフレーズでも、曲中の盛り上がり方とかによって、ボーイングを変える事がある
・次のフレーズの出だしを考えてボーイングする


こんだけかよ!!


最近増殖して来たバイオリン教本とか。
バイオリン教本
右から、ドッペルのポケットスコア、ウォールファールト 60のエチュード 作品45、小野アンナ ヴァイオリン音階教本、鈴木1巻、同2巻、篠崎1巻。

おとばよ会用の譜面もほぼ全部印刷したぜ。
おとばよ会譜面
体力の続く限り弾き続けてやる!

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/03(日) 23:18:27|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

紙一重

冗談じゃなく、これはすごいと思った。

かなり練習したんじゃないかな。
ある意味正統派?!

その手があったか。


こんな怖い映画を見た事あります。


今更ながらYouTube面白いね。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/02(土) 22:36:01|
  2. 録音・映像・CD・DVD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。