QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

通信簿

最近流行っているみたいなので、やってみましたブログ通信簿

ブログ通信簿

バイオリンやめて指揮者になった方がいいの?
そういえば古くはヴェーグやボスコフスキー、メニューイン、最近ではヴェンゲーロフとか、バイオリンから指揮者に転向する人も多いですからね。
(音楽の話題を書いてると、みんな指揮者志望になるのかな)
あれ、俺このブログで自転車ネタ書いた事あったっけ?
車・バイク・自転車はmixiに、って決めてたはずなのになぁ。
完全に記憶にないです。
つか、どうやって採点してるのかな。
意味わからん。
スポンサーサイト

テーマ:ブログ通信簿 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/07/30(水) 22:51:31|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

レッスン17

今日は最悪だった。弓が震えてまともな音が出ない。テキストもオーガスチンもグリーンスリーブスも全く弾けない。昨日のカラオケが嘘のようだ。

・右肘が上がり過ぎている。もっと脇をしめるくらいでもよい。
・ボーイングが速過ぎる。全弓練習にメトロノームを併用する事。
・弓に人差し指で力を加えてはいけない。腕の重みを使う。人差し指を使うのは、先弓で大音量を出す時だけ。

これまでの基礎錬では、左手に重点を置いていたが、今後はボウイングをしっかりやるように言われた。

たかがカラオケごときでたまたま上手く弾けたような気がしたからといって、調子に乗ってはならない。例えどんなに先生から蔑まされたとしても、悲観してはならない。一日でそんなに進歩も退化もするはずがないのだ。下らぬ事に一喜一憂する事無く、日々淡々と練習する事。

レッスンとは関係ないが、発表会について話を聞いた。音楽教室のクラシック部門(?)で発表会があるらしい。我が生涯の目標に発表会参加という項目を加えたのだが、その参加費が万単位になるのだそうだ。それだけの金額を出す価値があるのか、とりあえず今年の発表会を見学させてもらおうと思う。詳細は決まり次第教えてもらう予定。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/27(日) 21:59:01|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

一人カラオケ18

実は勢いだけで、2つまとめてオフ会の参加表明をしてしまった。8月9日のおとばよ会(mixi「大人からバイオリン」コミュニティーのオフ会 場所:駒込)と、8月19日の名古屋オフ(ブログ仲間の集まり 場所:名古屋!!!)だ。早くもちょっと後悔している。初めてのオフ会を、何もこんなに集中させる事はなかった。まあ、これを乗り切れば実力アップ間違いなしだ、と思う事にしよう。

4時間で出る予定だったのだが、練習に集中し過ぎて(?)時間をオーバーしているのに気が付かなかった。30分延長して4.5h、最長記録更新。嬉しくないし、自慢にもならん。
内訳は基礎錬1.5h、おとばよ会の予習1.5h、名古屋オフの予習1.5h、くらいかな。それぞれやった曲目は下記。

おとばよ会:カノン簡単版・カノン普通版(パッヘルベル)、G線上のアリア、主よ人の望みの喜びよ
名古屋オフ:メヌエット1、2、3、ガヴォット(ゴセック)
()のない曲は全てバッハ。

まずはおとばよ会から。曲目は好きなのを選べるらしいのだが、とりあえず沢山(10曲くらい?)印刷しておいた。せっかくなので、ちょっと背伸びした曲を弾いた方が面白いだろう。
最初に「カノン簡単版」を弾いてみた・・・簡単すぎてつまらん。
それではと、次は「カノン」普通版・・・これは難しすぎか?ちょっと弾いてすぐあきらめる。
次「G線」。この曲はマンドリン時代に何度も弾いているのだ・・・ビオラパートだけど。これもVn1は難しいなぁ。
で、次「主よ」。おお、これイイ!! 予想外に簡単だ。初見インテンポでも気持ちよく弾ける。全2枚の曲だが、1枚目は難なくクリア。2枚目に入ると転調して難易度は上がるが、それでも順調に進む。俺の初見能力もかなり回復しているじゃん、とテンション上がる上がる。が、48小節目であえなく玉砕!E線のドが出て来たのだ!俺の楽器で、かつて今まで出された事のない高音だ(嘘)。あきらめて名古屋オフへ(早過ぎ?)。

名古屋オフは鈴木の1巻をやるという噂があるので、とりあえず全曲さらっておかねばならない。
「メヌエット1」、「2」をさらっと弾いた後、「3」へ。これがいわゆる有名な「バッハのメヌエット」だ。難しいがやって出来ない曲ではない。小学生の頃、縦笛でやって以来だ。前・後半で分けるとそれなりに弾けるが、通すとどこかで必ずつっかえる。まあ初日ならこんな物か。
次なぜか「楽しき農夫」は飛ばして、「ガヴォット」。2~3回通して弾いて終了。

やっぱりおとばよ会のもやらねばと、もう一度「主よ」の練習。48小節目を飛ばすと、残りはいい感じで弾ける。よし、本番はこれで行こう。
主よ1
主よ2
主よ2 お前か!!


帰りにちょっと妄想してみた。「主よ」の48小節目だけVn2をしれっと弾けば、多分誰も気付かないよなぁ、俺って超頭良くね?
そ、そんな事しませんけど。


さて、ここまでキャラが変わっていると思った方もいらっしゃるかもしれないが、ここからいつも通りに戻る。
確かに曲の練習は大事で、基礎錬や練習曲では明確に出来ない課題を発見する事が可能である。だが、長期的視点で見た時、学習の初期段階である今の時期に、練習時間の半分以上曲をやる事が、果たして本当に良い結果を生むのか、甚だ疑問である。スケール・音程・移弦の練習等、やらなければならない課題は山積みだ。目先の利益にとらわれず、先を見越した練習メニューを確立すべきではないか。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/26(土) 23:26:31|
  2. 自主練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

弓使いの研究

なんとなくネットを見て周っていたら、youtubeでマイスキーのバッハにたどり着きました。
見てビックリ!

スゴイ弓使いです。
これはかなり昔の演奏だと思いますが、思うにマイスキーの歌心がこのような弓使いをさせているのでしょうね。

あまりに強烈だったので、色々探してみました。

こちらはロストロポーヴィチ。
http://jp.youtube.com/watch?v=LU_QR_FTt3E
意外に現代的?
(なぜか埋め込み出来ない)

なぜかその中間のカザルス。

これが現代楽器のスタンダードな運弓方かな。

最後はオマケにこれ。

笑っちゃいけません。
僕のロングロングアゴーより100倍うまいです。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/24(木) 23:06:53|
  2. 録音・映像・CD・DVD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

一人カラオケ17

基礎錬を1.5hくらい、篠崎p.55(ト長調スケールのバリエーション)を0.5hくらい、鈴木1巻p.18~29を順に弾いて1.5hくらい。
今日はなんだか楽しかったよ。今までも楽しいと思う事はあったけど、楽器を演奏する楽しさというよりは、学生時代を思い出した懐かしさに近かったかもしれない。今日は純粋に楽器を弾く楽しさを満喫出来たかな。3.5hがあっと言う間だった。もっと延長すればよかったかな。でも腹八分がちょうどいいって言うから、こんなもんかも。


以前の録音を整理するのが面倒だったので、今日撮り直してみました。

直接リンク
これでダメなら、こちらからたどってみて下さい。
my music - ロングロングアゴー
ヤフーブリーフケース

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/21(月) 22:51:46|
  2. 自主練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

レッスン16

本日のまとめ
・篠崎教本 P.55 ト長調スケールのバリエーション
スタッカート 弓を大きく使う
遅い全弓と速い全弓 8分x4ヶで、3音にスラーが付いている場合、スラー付き3音とスラーなし1音は同じ大きさになるよう、圧力で調節する

・オリジナル教材 かわいいオーガスチン、グリーンスリーブス
指のBlock(塊)とWalking(歩き)に注意
Blockは全ての指が一気に動く。例:スケールでの下降
Walkingは一本だけ動き、他は動かさない。

小野アンナかフリマリーの音階本を買え、と言われた。2度目だ。まともな音楽の基礎を身に付けるためには必須であるという。でもアレを買っても、多分しばらくは使わないだろうなぁ。アレは苦行以外の何物でもないよ。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/20(日) 23:59:59|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レッスン15

一ヶ月ぶりのレッスン。基本的にレッスンは45分/月3回なのだが、訳あって5・6月は60分/月2回としてもらっていたのだ。7月からは3回に戻してもらって再開だ。
昨日飲み過ぎて、さらに朝まで一人じゃないカラオケで過ごしたため、ほとんど寝ていない。体調最悪とまでは行かないが、いまいち弾く気になれない。という事で、なるべく弾かなくて済むよう、出来る限り雑談に持ち込んでみた。


本日のまとめ

(1)ダウンボウで音が震える。これをチェックしてもらった。原因はいくつかあるようだ。
・右肘が上がりすぎている。
肘は常に弓より下になければならない。
・右手に力が入っている。
基本的には、腕の力を抜いて、重力のみで圧力を掛ける。
・基本的な技術がないにもかかわらず、ボウイングの動きが速過ぎる。
まずはゆっくりで出来るようになってから、徐々に速度を上げて行く。

緊張すると肘が上がり、力も入り、さらには弓の速度も上がってしまうのだそうだ。
弓を上下反対にして持つと、重力のみで圧力を掛ける感覚がわかり易い。しかし肘の脱力は、先生に色々やってもらったにもかかわらず、結局出来なかった。今後意識してみようと思う。
しっかりとしたボーイングが出来ると、楽器の裏板から音が出るのだそうだ。僕が楽器を構え、先生が弓を動かして“裏板から音を出”してもらったのだが、いまいち違いがわからなかった。

(2)ハ長調スケール E線4の指を動かす時は、他の指は固定したまま4だけずらす。
手が小さい人なら、1の指だけは離しても構わないらしいが、俺の手は十分大きいので、離さないように努力してみよう。

(3)全弓の練習でもメトロノームを使うようにしてみる
弓の動作を一定にする事が出来、さらには弓使いを計算出来るようになる。

(4)全弓・左手・音質の練習は、それぞれ個別にやるしかない。
課題を決めて、それぞれに集中する。


今使っている篠崎教本1巻は、もうすぐ終了しそうである。今後の方針について先生と話し合った。俺の希望はいくつかあって、
1.篠崎をさっさと終らせ、その後白本か鈴木の1or2巻に進む
2.篠崎を即座に中止し、白本か鈴木の1or2巻に進む
自分で選んでおいてなんだが、篠崎教本はどうにもやる気になれない。自主錬でもほとんど使っていない。先生もあまりお薦めしていなかったらしいし。この辺については、実は先生はすでに考えていてくれたようである。曰く、通常のレイトスターターに対しては白本を薦めているのであるが、俺は忍耐力がある(?)ので、これがいいんじゃないか、と別の本を見せてくれた。これだ。
・Wohlfahrt Sixty studies,op45
ちょっと通っぽくていいかも(なぜか出版社のホームページに紹介が載っていないのが気になるが)。難易度は高そうであるが、なんとかなる範囲かもしれない。カイザーよりレベルは低いらしく、なかなかそそられる。“1巻が、鈴木教本の3巻くらいまで弾ける人”というのがちょっと気になるが・・・。国内版は1200円と安いので、試しに買ってみようと思う。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/13(日) 22:31:18|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

一人カラオケ14

一ヶ月ぶりの一人カラオケ。カラオケは近所迷惑を気にする必要がないのでよい。
自宅練習だとご近所様が気になる → ご近所様が気になるとミュートを付ける → ミュートを付けるとテンションが下がる → テンションが下がると練習時間が短くなる
カラオケなら、この負のスパイラルがない。

今日は2時間の予定で入室したが、延長しまくって、結局4時間も居ついてしまった。一人カラオケ新記録!しかもほとんど休憩なしだったため、実際弾いていた時間は3時間30分以上だったのではないか。学生時代ならこれでも短いくらいであるが、休憩時間は十分取っていた。長くても集中出来ていれば問題ないのだが、残念ながら最後の1時間くらいは、ダラダラ音を垂れ流していただけだった。こんな事なら、5時間居て、4時間練習、1時間休憩、とした方が良かったかもしれない。

最初の1.5時間は基礎錬、その後30分は鈴木教本1巻の曲を次々と弾いて行く。残り2時間は全てロングロングアゴーに使った。ただしラスト1時間は中身が伴っていなかったため、実質的には1時間である。
E線に移る時、音が裏返って(?)全く出なくなる事が何度もあった。単に裏返るだけならこれまで何度も経験していたが、今日はあまりに酷かった。金属的なキンキン音しか出ないのだ。なぜだろう。
今日は30分以上録音したため、これからチェックし、気が向いたらアップしてみようと思う。
気が向かなかったらアップしない。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/05(土) 22:50:12|
  2. 自主練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

宣言 修正版

以前バイオリン学習の目標を立てたのであるが、当時はバイオリン経験が全くなかったため、結果的に少々無謀な計画になってしまった。半年の経験を元に、学習目標の微修正を行う。
まずは現在の目標を復習してみよう。


(1)2年以内(2010年1月末日まで)にアマチュアオーケストラに入団し、演奏会(2010年末まで)に参加する

(2)5年程度(2012~2014年頃?)で、参加しているアマオケ内において、それなりの戦力となる

(3)50歳まで(2023年7月)に、バッハの無伴奏バイオリンソナタとパルティータ全6曲を、曲の途中で止まる事無く弾き通せるようになる

(4)死ぬまでに、バッハの無伴奏を弾きこなす


大枠を変えるつもりはないが、ここでは2つの事柄を混同しているため、まずはそこを明確にする。その2つとは、参加型目標と、楽曲型目標である。
参加型目標とは、○○に参加する、というもの。楽曲型目標とは、○○という曲を弾く、というもの。それぞれ読んで字の如くであるが、これを個別に設定する。
また各目標の期限も、今考えると、とてもではないが達成できそうにないため、これを現実的な時期に変更する。
そして、(2)の“戦力”、(4)の“弾きこなす”という言葉が抽象的であるため、これは削除した。


参加型目標
(1)1~2年程度で、発表会に出る

(2)3年以内に、アマチュアオーケストラに入団する

(3)5~10年程度で、定期的に室内楽を行う


楽曲型目標
(1)5~8年以内に、学習用テキスト全巻を終える

(2)10年程度で、バッハの無伴奏チェロ組曲BWV1007-12、無伴奏フルートのためのパルティータBWV1013を弾き通す

(3)20~30年以内に、バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータBWV1001-6を弾き通す


期間の基準は、2008年1月1日とする。
以下、個々の目標を詳細に見て行く。

参加型目標
(1)1~2年程度で、発表会に出る
現在通っている音楽教室では、定期的に生徒の発表会が行われている(らしい)。あまり下手な時に出ても効果は少ないであろうから、来年以降に参加する。

(2)3年以内に、アマチュアオーケストラに入団する
当初の目標から、1年先送りする。

(3)5~10年程度で、定期的に室内楽を行う
一応弦楽四重奏を想定しているが、三重奏でも五重奏でもまあよしとする。これに毎月一回とか、定期的に参加する。

楽曲型目標
(1)5~8年以内に、学習用テキストを通して終える
学習用テキストとは、鈴木全10巻、篠崎全4巻、白本全6巻、カイザー全3巻を想定している。

(2)10年程度で、バッハの無伴奏チェロ組曲BWV1007-12、無伴奏フルートのためのパルティータBWV1013を弾き通す
BWV1007-12は移調して、BWV1013はそのまま弾く。

(3)20~30年以内に、バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータBWV1001-6を弾き通す
期限を大幅修正した。これでもまだ厳しいかもしれないが、これ以上伸ばすと目標にしている意味がなくなる。これが限界か。


楽曲型目標に関しては、好きな曲はいくらでもあるのだが、それらを挙げていってもきりがないため、バッハの無伴奏曲のみを目標とする事にした。

現時点で最も大切と思われる、“明日の目標”が依然として設定出来ていない。毎年正月に、「今年の目標」を設定しよう。とりあえず、今年の残りは鈴木1巻終了、かな。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/01(火) 21:38:22|
  2. 妄想(イメージトレーニング)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。