QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仲秋管絃祭 雅楽と舞

今日は日枝神社の「仲秋管絃祭」に行って来ました。
雅楽や舞の生舞台には何度も接した事があるけれど、今回ほど本格的(?)なのは初めてかも。

日枝神社は溜池山王にあるんですけど(サントリーホールやTBSのすぐそば)、今回初めて行きました。都会のど真ん中にあるだけあって、凄いハイテク設備のスーパー神社でした。

日枝神社 上から
ここはどこ?

日枝神社 下から
神社だ!

かなり早めに行ったのに(開始1時間前)、すでにかなりの行列が出来てます。これは期待が高まります!

客席はほぼ満席、4~500人くらいは入ってたかな? さらに期待は高まります!
日枝神社 中

で、肝心の内容ですが・・・
まあアレです。僕は関係者から格安でチケットを入手したため、まあそこそこ楽しめました。
スポンサーサイト

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/10/03(土) 23:33:46|
  2. それ以外のジャンル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

先生ライブ

今日は、僕がバイオリンのレッスンをしていただいている先生がライブを行ったので、それをきいて来ました。都内某所にて、クラシックではない某音楽ジャンルの演奏会。

以前の日記で、レストランで食事をしながらきくとか、有名人と競演とか書いたけど、どちらも間違いでした。レストランじゃないし、有名人もいない。メンバーはみんな20台かせいぜい30台くらいの若い人ばかり。9人のバンドで、女性が5人なんだけど、3人は赤・白・青のドレスで華麗に決めてるのに、残り2人は男性と同じ白のスーツ姿。ちなみに、先生は青のドレスでした。

ステージに向かって右側壁沿い、スピーカーの近くに座ったんだけど、これがよくなかった。バイオリンからは物理的な距離は近いんだけど、スピーカーから出てくるベースと、目の前のパーカッションの音しか聞こえない。バイオリンの音は左側スピーカーから出ていたのかな。かすかに生音が聞こえて来る程度でした。
全体的に、個々の演奏者はかなりレベルが高かったと思います。あまり聞こえなかったけど、中でも先生はよく健闘してたと思いますよ。バイオリンはかなり重要な役割を担っていたし、何より笑顔で楽しそうに弾いていたのがよいです。青のドレスでバッチリ決まっていて、ビジュアル面でも大活躍でした。普段はあんまり意識していなかったけど、あらためて美人だった事に気が付きましたよ。

次回のライブは10月だそうです。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/31(日) 23:59:59|
  2. それ以外のジャンル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

エド山口&東京ベンチャーズ

今日もライブに行って来た。エド山口&東京ベンチャーズだ(銀座タクト)。ちなみに、エド山口って、モト冬樹の兄ね。
今まで黙っていたが、実は僕とエド山口は切っても切れない、深い関係にあるのだ。どういう関係かと言うと、エド山口がやっているFM世田谷のラジオ番組の共演者の友達の友達の親戚の会社の同僚が僕なのだ!(ほんとだよ!) まあ一言でいうと赤の他人。

音楽のジャンル的には、コミックバンドとかなんとか、そんなのらしい。当然ながら人生初、そして恐らく人生最後の経験だろう(?)。ジャンルが特殊なら、ききにいったメンバーはもっと特殊で、妙齢の乙女10名+僕の計11名という、両手に花どころか、両手両足の全部の指に花状態(10名の乙女の中には、一人だけ21歳の現役乙女もいたけど)。
他の客層も元少年少女ばかりで、僕より若そうなのは2~3人くらい。う~ん。

乙女から聞いたのだが、エド山口とモト冬樹は兄弟だが、グッチ祐三は他人なんだって。どうりで顔が似てないわけだ。

で、肝心のライブの内容はベンチャーズの曲(?)中心で、あとは色々昔の曲。周りは「なつかしい」とか言ってたけど、僕はほとんど知らなかった。音楽面で特に感心する部分はなかったけど、エド山口のトークはよかった。よくあれだけネタがあるな、思うほど面白い!“通”に言わせると、シャベリの内容は毎回違うらしい。客と会話しながらのトークなのだが、客の言った内容に対して、「○○と言えば・・・」って感じで、爆笑ネタが延々と続くのだ。時間的には音楽とトークが半々くらい。僕としては、音楽はもういいから、もっとトークを聞かせてくれ、って感じ。

最後はエド山口と記念撮影をして終了。トーク中に客をいじる時は口が悪いのに、終った後はやけに腰が低くて好印象でした。
たまにはこういうのも悪くないね。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/28(木) 23:59:59|
  2. それ以外のジャンル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ジャズとかの事も書いてみる

最近ブログ熱が下降気味。バイオリン熱は絶好調なんだけどなぁ。ネタが尽きたから、ってのもあるかな。レッスンの記事もワンパターンで、誰の得にもなってないし。
1月の日記を読み返してみたけど、気合と情報量に自分でも驚いた。あの頃はバイオリンよりブログに重点を置いていたのか、と思う程。
これからちょっと試行錯誤してみようと思ってます。その第一弾。


9月13日に、ストイックオフ(銀座)に参加します。基礎錬やりまくり、カイザー弾きまくり、曲完璧に仕上げる、がモットー。噂によると、私語厳禁、弾けないと腕立て100回とかグランド10周とかさせられるらしい・・・。参加者の中ではほぼ確実に僕が一番弾けないので、恐ろしい事になる可能性も十分にある。さすがに「持ってません」は通用しないだろうから、池袋ヤマハにてカイザー全3巻同時購入。でも、ウォルファートで手一杯なのに、カイザーやってる余裕はないんだよなぁ。最悪、本棚の肥やしにするのも悪くはないか。


今日のメインは「Raymond MacDonald International Big Band」江古田のライブハウス バディにて。クラシックじゃなくてジャズです。しかもフリー。メンバーは、

レイモンド・マクドナルド(sax)
松本健一(sax)
田村夏樹(tp)
ギデオン・ジュークス(tuba)
蜂谷真紀(voice)
八木美知依(koto)
ジム・オルーク(gt)
アリスター・スペンス(pf,com)
藤井郷子(pf,syn)
ロイド・スワントン(b)
トビー・ホール(dr)
吉田達也(dr) 

これは超豪華メンバーと言ってもいいんじゃないかな。
藤井郷子は僕の大好きなピアニストで、フリージャズ界では、世界のトップ5には確実に入るのでは、という程の実力者です。キティガイじゃないかと思うような、ぶち切れた演奏がたまりません。CDは沢山持ってるけど、ライブは初めてのジム・オルークが今日一番の注目かな。その他も好きな人ばかり(ジム・オルーク以外の外人さんはみんな知らないけど)。

で、演奏はよかったですよ。狂ってるかと思うようなのもあれば、意外にまとも(?)なのもあり。

感想あっさり過ぎですかね。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/24(日) 23:59:59|
  2. それ以外のジャンル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。