QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カルテットという名の青春

あけましておめでとうございます。
新年の挨拶もそこそこに、お知らせがあります。
BS朝日で以下の番組が再放送されます。

カルテットという名の青春
 ~太郎、マドカ、麻理子、大と歩いた1371日~

2012年1月3日(火)よる7:00~8:54放送

NHK以外のBS放送を見ることなんてほとんどありませんが、この番組はたまたま新聞のテレビ欄で紹介されていたので、試しに見てみました。
ありがちなタイトル、寒気がする程恥ずかしいサブタイトル、センスのかけらも感じられません。
肝心の番組内容も恥ずかしいシーンの連続です。
小学校の放送部かと思うようなプロデューサー(?)の語り、これが最悪です。
それに、今日は詳しくは書きませんが、水戸黄門的勧善懲悪のわかりやすさやハリウッド的サクセスストーリーもありません。
ハッキリ言って中途半端。
番組終了後に怒り出す人もいるかもしれません。

しかし、そんな番組をなぜ僕がお勧めするのか。
理由は番組再放送終了後、来週あたりにでもアップします。
とにかく見て下さい。
上で挙げた欠点なんて、どれも大した問題ではありません。
バイオリニスト、ビオリスト、チェリスト、そして音楽を愛する全ての人に、強力にお勧めします。
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2012/01/01(日) 21:38:08|
  2. 録音・映像・CD・DVD
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

驚愕です

なんとなくヴェンゲーロフの動画を見てたら、驚愕の発見をしてしまいました!
まずはこれをご覧下さい。



注目すべきは、弓を持ってる場所です。
小柄な女性でも、こんな先寄りを持つ人は見た事ないですよ。
現代楽器では普通の持ち方をしてるので(当たり前か)、古楽器独特の持ち方なんでしょうか。

古楽奏法でヴェンゲーロフの師匠といわれる、ポッジャーの奏法を見てみましょう。
動画がこれしか見当たりませんでしたが・・・



う~ん、普通ですね。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2011/12/23(金) 11:57:06|
  2. 録音・映像・CD・DVD
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

お久しブリーフ

どうもこんにちは、cheです。
おひさしブリーフ!
いやー、それにしてもビックらこきマンボでございますよ。
ブログを乗っ取られたかと思ったら、1ヶ月更新しないと広告が出るんですね。
ちなみに僕、まだ生きてますよ。
一応それなりにバイオリンも弾いてます。

さて、広告を消すために、強引に日記の更新です。
以前録画しておいた番組を見ました。

バイオリンの聖地クレモナへ

なかなか面白かったですよ。
番組の内容はホームページを見てもらうとして・・・
特に、バイオリン製作家菊田の情熱には感動しました。
でも、この番組で一番印象に残ったのは、クレモナ市庁舎での場面です。
クレモナ市が所有する超貴重なストラディバリウスは、毎日弾いてコンディションを一定に保っているのだそうです。
が、その貴重な楽器を弾くおじさん(おじいさん?)の下手な事!
下手したら10億円を超えかねないような凄い楽器を、アマチュア中級レベル(?)のおじさんがヘロヘロ弾いちゃうんですよ!!
いやはや、イタリア人は豪快ですね。
ま、僕もあまり人の事は言えませんけど。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2011/02/07(月) 14:46:51|
  2. 録音・映像・CD・DVD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

違いのわかるあなたに送る・・・

弦の違いとか楽器の違いとか、最近そんな事ばかり考えていたのですが、そこから演奏家の違いに行き着くのは自然な流れですよね。
で、色々検索していると・・・





あった!!!
ちょうどいいタイミングで、とびっきりのコンクールが開催されているではありませんか。

Queen Elisabeth International Music Competition of Belgium
エリザベート王妃国際音楽コンクール


参加者がほぼ一ヶ月に渡ってホテルに監禁(?)される事、現代曲の世界初演が課題になる事、などなど、権威もあるが、かなりハードなコンクールです。
過去の入賞者も、オイストラフ、コーガン、クレーメル、レーピン・・・。
日本人も沢山いますよ。
堀米ゆず子、諏訪内晶子、戸田弥生とか。
名前を列挙しただけで、このコンクールの凄さがわかりますね。

でもって、これがなんと、全セッションがストリーミング配信されています!
これをきいて、優勝者を予想してみるのも、面白いかもしれませんよ。
人数が多過ぎて、とても全員分きく気にはなれませんが・・・。
現在はファーストラウンドの開催中で、今夜24人のセミファイナリストが発表されます。
僕は、暇があって覚えていたら、16日に発表される12人のファイナリストの演奏をきいてみようかと思っています。
言うまでもない事ですが、下手な人なんて一人もいないので、気合を入れてきかないと演奏の優劣は判断出来ませんからね。
ちなみに、優勝者の発表は5月30日だそうです。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2009/05/09(土) 23:33:03|
  2. 録音・映像・CD・DVD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

形から入れ!

昼休みにいつも見ているサイトに、なかなか面白いコラムが載っていました。

日経Tech-On! 舌を出して走れ

読むのが面倒な方のために、要旨を簡単にまとめてしまうと、


学生時代に陸上部員だった著者は、戦前に日本代表にも選ばれた先輩の「200m走では舌を出して走れ!」という助言を非科学的でナンセンスである、と聞き入れなかった。
ところが、当時世界最高のアスリートだったカール・ルイスの走りをビデオで研究した所、なんと舌を出して走っている事に気が付く。
しかし時すでに遅し、すでに4年生になっていた著者がフォーム改造する時間はほとんどなくなっていた。
このように、偉大なる先人のマネを一切の疑いを持たずに行う事により、西洋的形式知化によって失われる物事の『本質』を学ぶ事が出来るのだ。


まあ、こんな感じでしょうか。
全く同じ事がバイオリン道にも言えるでしょう。偉大なる演奏家のスタイルを研究する事は、学習のある段階においては非常に重要だと思います。
(もちろん、それだけじゃダメですけど)

というわけで、僕もちょっとだけ研究してみました。先週のレッスンで、先生から「オイストラフを研究せよ」と言われていましたから、ちょうどよかったです。


まずは『バイオリニストの聖書』ダヴィッド・オイストラフ。

この驚異的な安定感!
ニュートン力学の第二法則 F=ma により、加速度 a が一定の時、質量 m の大きなおデブちゃんが動きにくい事は明らかですが、果たして理由はそれだけなのでしょうか。
これぞまさに、“西洋的形式知化する事によって失われる物事の『本質』”かもしれません。


次は僕の好きなバイオリニストで、もっとも教科書的な演奏スタイルと思われる、フランク・ペーター・ツィマーマン。

パッと見身長は高くなさそうですが、ドイツ人ですから170~180cmくらいはあるんじゃないかな。だとすると、僕とほぼ同じくらいの体格です。


でも実は、理想の演奏スタイルはこんな感じなんです。マキシム・ヴェンゲーロフ。

ノーカットの演奏もあったのですが、こちらの方がよかったので、一部カットされた方をリンクしておきます。
これだけの天才が、この若さで引退してしまうのはあまりに惜しい! 一日も早い復帰を祈ります。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/31(土) 23:59:59|
  2. 録音・映像・CD・DVD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
次のページ

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。