QLOOKアクセス解析

バイオリン聴き から バイオリン弾き へ!

バイオリン始めました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カルテットという名の青春

あけましておめでとうございます。
新年の挨拶もそこそこに、お知らせがあります。
BS朝日で以下の番組が再放送されます。

カルテットという名の青春
 ~太郎、マドカ、麻理子、大と歩いた1371日~

2012年1月3日(火)よる7:00~8:54放送

NHK以外のBS放送を見ることなんてほとんどありませんが、この番組はたまたま新聞のテレビ欄で紹介されていたので、試しに見てみました。
ありがちなタイトル、寒気がする程恥ずかしいサブタイトル、センスのかけらも感じられません。
肝心の番組内容も恥ずかしいシーンの連続です。
小学校の放送部かと思うようなプロデューサー(?)の語り、これが最悪です。
それに、今日は詳しくは書きませんが、水戸黄門的勧善懲悪のわかりやすさやハリウッド的サクセスストーリーもありません。
ハッキリ言って中途半端。
番組終了後に怒り出す人もいるかもしれません。

しかし、そんな番組をなぜ僕がお勧めするのか。
理由は番組再放送終了後、来週あたりにでもアップします。
とにかく見て下さい。
上で挙げた欠点なんて、どれも大した問題ではありません。
バイオリニスト、ビオリスト、チェリスト、そして音楽を愛する全ての人に、強力にお勧めします。
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2012/01/01(日) 21:38:08|
  2. 録音・映像・CD・DVD
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

驚愕です

なんとなくヴェンゲーロフの動画を見てたら、驚愕の発見をしてしまいました!
まずはこれをご覧下さい。



注目すべきは、弓を持ってる場所です。
小柄な女性でも、こんな先寄りを持つ人は見た事ないですよ。
現代楽器では普通の持ち方をしてるので(当たり前か)、古楽器独特の持ち方なんでしょうか。

古楽奏法でヴェンゲーロフの師匠といわれる、ポッジャーの奏法を見てみましょう。
動画がこれしか見当たりませんでしたが・・・



う~ん、普通ですね。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2011/12/23(金) 11:57:06|
  2. 録音・映像・CD・DVD
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

こっそりと・・・

生きてますよ。

先日の事。
会社の飲み会で、酔った勢いでこのブログの事をしゃべっちゃったんですね。
今まで黙ってたのに・・・

皆さん、名曲探偵アマデウス見てますか?
8月8日(月)から新作が放送されるらしいですよ。
一部ネット上では、第89回「マタイ受難曲」が最終回だった、みたいな記述がたくさん見られたので、これでホッと一安心です。

何気にレッスンもやってるんです。
回数は少なくなりましたけど。
先生も僕も忙しくて、月2回あるかないか、って感じですね。
ピヨピヨ初心者のレッスンなんですが、なぜかマスタークラスみたいな事やってますよ。
「この曲は、ここでエネルギーをためて、ここで一気に放出する感じですね」
とか、
「ここの入りは、伴奏をよくきかないと、音楽に乗れませんよ。」
とか、
「この部分は膝を使うといいかもしれませんね。」
ひ、膝ですか・・・なかなか難しいですね。
今の先生には、何よりも音楽する事を重視した指導をしていただいています。
音程についてはほとんど注意された事がありません。
前の先生とは全く逆ですね。
今の先生は現役のプロオーケストラで活躍していらっしゃる音楽家だからでしょうか?
名曲探偵でも、学者の先生が弾く譜例と音楽家が弾く譜例とは、全く違いますからね。
でも、何度言われても全然弾けてないので、ほんと申し訳なく思ってるんですよ。
ほんとですよ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/08/06(土) 15:52:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

東京フィルハーモニー交響楽団 第800回サントリー定期シリーズ

たまたまチケットを入手出来たので、久々にプロオケの演奏会に行ってまいりました。


東京フィルハーモニー交響楽団 第800回サントリー定期シリーズ

2011年4月15日[金曜日] 19:00開演(18:30開場)

指揮 : 尾高 忠明
チェロ : 堤 剛
管弦楽 : 東京フィルハーモニー交響楽団

三善 晃 / 管弦楽のための協奏曲
武満 徹 / オリオンとプレアデス (東京フィル初演作品)
シベリウス / 交響曲第2番 ニ長調 作品43


これもたまたまですが、記念すべき第800回の定演でした。

さて、2曲目でソロを弾いたチェロの堤剛は、30分近い現代音楽を暗譜で弾いてました。
驚きですね。
僕は1ページの曲も暗譜出来ないのに。

そしてメイン。
パンフレットを読んでいると、曲目解説は名曲探偵アマデウスでおなじみの、玉川大学教授の野本由紀夫先生じゃありませんか!
そういえばこの曲は、以前名曲探偵でも取り上げられていましたね。
曲をききながら、この部分にはどんな意味があるんだっけなぁ、と思い出そうとしたんですけど、結局何も覚えてませんでしたよ。
ただし、冒頭部分の弦の刻みは、なぜ一音一音弓を返さないか、なんとなくわかりました。
本当は一弓で弾き切りたいんですが、弓が足りないから仕方なく途中で返すんです。
普段音だけできいているとあまり意識はしませんでしたが、実演で見るとイメージが伝わりますね。

終焉後は、出口付近で楽団員の方々が募金活動をされておりました。
終わったばかりなのにお疲れ様です。
ただできかせていただいた事だし、素晴らしい演奏に感謝の意も込めつつ、コンマスの方のところに1000円ほど募金させていただきました。
そういえばこの方も、以前名曲探偵で実演解説をされていましたね。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2011/04/17(日) 22:10:24|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鈴木秀美 2Days

さて、そろそろ広告に占領されそうなので、日記を更新しておきましょう。
日記じゃなくて、月記になってますが・・・

昨日と今日はコンサートに行って来ました。

鈴木秀美 J.Sバッハ 
無伴奏チェロ組曲全曲演奏会
2Days


この松明堂音楽ホールって場所は、なかなか味があってよいです。
辺鄙な所にあるけれど、古楽中心に独自の意欲的な企画を色々実施しています。
有田正広や寺神戸亮など、日本を代表する古楽会の名手を呼んで、コンサートを企画しているんですね。
小さいホールなので、比喩ではなく、本当に演奏者の息まで聞こえて来ます。
素晴らしいです。

鈴木秀美は僕の大好きな演奏者で、これまたなんとも味のある顔をしています。
演奏もいいんだけど、演奏してる表情もよい。
さらに、この人は文才もあり、なおかつステージトークも面白い!
アットホームな雰囲気の、ほんわかしたコンサートでした。
終焉後には、恒例のサイン会でしたので、僕も一筆いただいて来ましたよ。

鈴木秀美のサイン
写真のCD、本日の演目とは違いますが、まあご愛嬌って事で。

それではまた来月!?

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2011/04/10(日) 22:48:18|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

che

Author:che
バイオリン始めました。
新しく足を踏み入れた世界は、知っているようで知らない事ばかり!
これからバイオリン弾きになろうとしている人の一助になれば幸いです。
また、すでに経験豊富な方からの暖かいご助言などいただければ、これまた幸いです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。